Airpeak Speed

「Airpeak Speed(エアピーク スピード)」は、隙間から風が通る帽子、キャップです。
マラソンやトライアスロンからジョギングなどを楽しむ人など用に開発された帽子です。
一般の人にも、夏場のレジャーや熱中症・日射病予防には持ってこいのキャップです。

つばの上と頭の部分の横に隙間があるので、後ろから以外の三方からの風が入ります。
内側もメッシュを使っているので、夏場でも蒸れません。

私は汗かきなので、帽子をかぶらなきゃいけない夏に、蒸れるし帽子も汗まみれになるのがイヤでしたが、これなら大丈夫そうです。

Airpeak Speed(エアピーク スピード)S-00-02-57/ロゴ横書き/高通気性キャップ(帽子)/ブラック/フリーサイズ/ランニング・トライアスロン・テニスなどのスポーツ向け/熱中症対策(蒸れない)


 

 

Alpaca BRUT

安くて美味しいチリワイン。
その中でもアルパカ(サンタ・ヘレナ社)のラインナップは1,000円以下で安定した品質のワインがスーパーでも手軽に買えるでちょくちょく買って飲んでます。

今回は初めてスパークリングの「Alpaca BRUT NV」(白)を飲んでみました。色はきれいな麦わら色で、ほんの少しグリーンも入っていると思います。泡の出方はかなり強く、長く続きます。香りは白い花、洋梨のようないい香り。
味は割りとボディがしっかりしていて、私はキレよりもまろやかさと甘みを感じました。セミセコかなと思ったくらいです。

輸入元のアサヒビールのサイトを見ても、あまり詳しいことは書かれていません。
ぶどう品種は「シャルドネ他」となっています。
「チリの極旨スパークリング」というタグが付いているだけのことはあって、バランスが良く整ったワイン。定価が1,000円(税抜き)というのはかなりお得だと思います。

少し前に飲んだ同じチリのSANTA BRUT(輸入元サントリー)はちょっとクセがあったので、私はアルパカの方が好きです。
今度はアルパカのロゼスパークリングを試してみようと思います。

神阪ダービー ヴィッセル神戸 VS ガンバ大阪

先週の土曜、2017 サッカーJ1 第15節、ヴィッセル神戸VSガンバ大阪の「阪神ダービー」ならぬ「神阪ダービー」(神戸がホームだから)に行ってきました。
多くの前売り券が売り切れになっていた人気カード、いつもよいも自由席エリアが両脇に押しやられていましたが、なんとか良い席を確保しました。

神戸サポ
ヴィッセル神戸サポ

観衆は2万4000人を超え、近くなのでガンバ大阪のサポも多かったのですが、ガンバサポは横断幕と旗などの掲出を禁止する処分を受けているので、ちょっと通常とは雰囲気が違いました。

ガンバサポ
ガンバサポ

セレッソ大阪戦同様、必勝を期して神戸サポもヴィッセル神戸のフロントも大旗をピッチに広げたり、特別なフラッグを配布したりして、選手を盛り上げました。

ガンバ大阪戦前
ガンバ大阪戦前

試合は白熱した内容でしたが、神戸が試合を支配しながら決めきれず、逆にガンバの鋭いカウンターで1点を失って、結局神戸は0-1の敗戦。

ガンバ大阪戦
ガンバ大阪戦

3月18日に磐田に1-0で勝って以来、J1リーグ戦では3ヶ月ホームで勝利がありません。
今節の順位は18チーム中の9位と真ん中まで落ちてきました。

来月には待望のポドルスキの来日も決まりましたが、出場できるのは7月下旬から。
獲得交渉中のハーフナー・マイクにも期待してしまいます。
誰もが迫力があって、点も入る攻撃が見たいですし、それで勝って順位を上げて優勝争いに絡みたいものです。

toto 予想法

前回、サッカーくじtotoのデータを集計していることを書きました。そのデータは、米川伸生という人が書いた「toto BIG必勝バイブル」(主婦の友社 2007年)に基づく方法です。

totoは購入している人の購入状況が「支持率」という形でほぼリアルタイムにtotoオフィシャルサイトで集計され、公表されています。

例えば、現時点でチームAが勝つと思っている人が50%、チームBが勝つと思っている人が30%、引分けになると思っている人が20%いるということがわかるんです。
これが13試合あるわけです。

最終的な「支持率」は、購入締め切り後に確定するのですが、私はそれを使ってデータの集計をします。
例えば、チームAはホーム試合で支持率50%台の時に、20勝20分10敗という数字が出ます。
これを見てどう考えるかなのですが、私なら「引分けが多いが、負けは少ない」と考えます。

データは決定的ではないですし、あくまで過去の結果なので、参考程度にします。
このデータと、直近の試合成績や対戦チームとの相性、今シーズンのホームとアウェイの成績などを加えて考えていきます。これを13試合やるので、けっこう大変な作業です。

今の私のやり方は、データの集計に約30分、各回の13試合のデータ抽出に約1時間、予想に約1時間、オンラインでの購入(入力)に約30分かかりますが、これでも早くなった方です。
毎週土曜日の午前中に、上記のtotoと得点を当てるtoto-Goal3の予想(こちらも約1時間)をしています。

強行採決

国会で「テロ等準備罪」に対する追加法案が、昨日強行採決されました。
反対意見や審議続行の要望があるのに、採決をして法案可決の決定をするのが強行採決ですね。

法案の作成や審議は、国民の代表であり代理である国会議員が十分にやってくれないと、多数決で有利な一部の勢力(与党)の思うがままになってしまいます。
何か、強行採決をできないような仕組みか、法案が可決した後でも国民が「おかしい」と言えば無効・廃案にできる仕組みって無いのでしょうか?

そういう仕組みが無いと、いつまでたっても多数決で有利な方が好きなように出来る政治のままです。だから、国民が政治に対して諦めてしまうのだとも思います。
誰かスーパーな政治家が登場して、日本の政治システムを大きく変えてくれないものかなーと「強行採決」の文字を見るたびに思います。