強行採決

国会で「テロ等準備罪」に対する追加法案が、昨日強行採決されました。
反対意見や審議続行の要望があるのに、採決をして法案可決の決定をするのが強行採決ですね。

法案の作成や審議は、国民の代表であり代理である国会議員が十分にやってくれないと、多数決で有利な一部の勢力(与党)の思うがままになってしまいます。
何か、強行採決をできないような仕組みか、法案が可決した後でも国民が「おかしい」と言えば無効・廃案にできる仕組みって無いのでしょうか?

そういう仕組みが無いと、いつまでたっても多数決で有利な方が好きなように出来る政治のままです。だから、国民が政治に対して諦めてしまうのだとも思います。
誰かスーパーな政治家が登場して、日本の政治システムを大きく変えてくれないものかなーと「強行採決」の文字を見るたびに思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です