toto 予想法

前回、サッカーくじtotoのデータを集計していることを書きました。そのデータは、米川伸生という人が書いた「toto BIG必勝バイブル」(主婦の友社 2007年)に基づく方法です。

totoは購入している人の購入状況が「支持率」という形でほぼリアルタイムにtotoオフィシャルサイトで集計され、公表されています。

例えば、現時点でチームAが勝つと思っている人が50%、チームBが勝つと思っている人が30%、引分けになると思っている人が20%いるということがわかるんです。
これが13試合あるわけです。

最終的な「支持率」は、購入締め切り後に確定するのですが、私はそれを使ってデータの集計をします。
例えば、チームAはホーム試合で支持率50%台の時に、20勝20分10敗という数字が出ます。
これを見てどう考えるかなのですが、私なら「引分けが多いが、負けは少ない」と考えます。

データは決定的ではないですし、あくまで過去の結果なので、参考程度にします。
このデータと、直近の試合成績や対戦チームとの相性、今シーズンのホームとアウェイの成績などを加えて考えていきます。これを13試合やるので、けっこう大変な作業です。

今の私のやり方は、データの集計に約30分、各回の13試合のデータ抽出に約1時間、予想に約1時間、オンラインでの購入(入力)に約30分かかりますが、これでも早くなった方です。
毎週土曜日の午前中に、上記のtotoと得点を当てるtoto-Goal3の予想(こちらも約1時間)をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です