希望の党

明日、安倍総理が臨時国会の冒頭で衆議院解散をするので、野党も準備に必死です。なぜ、このタイミングで衆議院の解散かというと、小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党の態勢が整う前にということがあると思います。

自民党が脅威だと思っているのは、離党者が相次ぐ民進党ではなく、間違いなく希望の党です。東京都議選と同じことが、衆議院選挙で起こることを怖れていると思うんです。ただ、国民にとっては希望の党はまだよくわからない存在です。

選挙だから人気取りなのは仕方が無いとはいえ、東京都知事の重責にある小池さんを代表に担ぎ出して兼務させるというのは、批判や心配を浴びるでしょう。また、小池人気を当てにして他党から移ってくる議員というのもどうなんだ?と思います。

それでも小池知事の党であり、新党ならこれまでの政治を変えてくれるのではないかという国民のまさに希望を受けて予想以上に票を集めるかもしれません。とりあえずは、各党の方針・マニュフェストをしっかり比較して、投票に臨みたいと思います。(私、いままで一度も議員選挙は棄権したことありません。裁判官の任免はわからないので棄権していますが・・・。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です