データ改ざん

東洋ゴムの製品データ改ざんに続き、今神戸製鋼のアルミ・銅製品のデータ改ざんが問題になっています。また、日産自動車では完成車検査を無資格者が行い、書類を偽装していましたし、東芝は不正会計を行っていました。

おそらく、ほとんどの企業が大なり小なりこのような不正やデータ改ざんはやっています。ただ、なぜここ数年で暴露されることが多くなったのでしょうか?

私は、企業が過去最高益を上げながら社員の給与を上げないこと、そして非正規雇用者の増加が関係あると思うんです。給与が上がらない不満や雇い止めされるなどの不満で、不祥事を暴露する社員や元社員が増えているのではないでしょうか?特に元社員の場合は、復讐心を持って暴露すると思います。

会社側はこれまで以上にきちんと経営しないと身内や元身内から情報が漏れるリスクが高いわけです。そういう意味では賃金が上がらないことも非正規雇用の増加も、企業の正常化と製品の品質向上に寄与し、世の中のためになっているのですが、それじゃダメですよね。

日本企業が世界から信頼されなくならないか、心配です。

カブトムシ ご臨終

先週まで元気だったカブトムシがここ数日でめっきり動かなくなり、毎日すぐ見られるように小さな容器に移して見ていました。動かなくなっていたり、あおむけのままになっていると、もう死んじゃったのかなと思ったのですが、触ってみるとゆっくり足や触覚を動かすので、まだかろうじて生きてはいました。

ただ、10月にはいって25℃以下になる時間も増えたせいか、寿命が近いのか、本当に動きが少なくなってきていました。そして、ついに今朝は持ち上げても、少し触ってみても全く動かず、足も固くなっていてご臨終でした。捕まえてから2ヶ月以上生きていたので、大往生かなと思います。

メスが一緒に居た期間があるので、もしかしたら卵を産んでいるかもしれません。土は残して様子を見てみます。

QUALY スプラウトジャー コーヒーコンテナ

「QUALY スプラウトジャー コーヒーコンテナ」は、スプーン入り コーヒー入れなんです。
スプーン入りというのは、フタの内側にスプーンが固定されているんです。

そして、この容器はフタを下にして置くので、そのスプーンは上を向き、中身のコーヒーから出てきたような格好になります。このスプーンは緑色で、茎と葉の形をしているので、コーヒーが土でそこから出てきた植物のように見えるんです。置いてある時に楽しめて、便利に使える容器ですね。

カブトムシ 散歩

7月に家の前にいたオスのカブトムシを捕まえました。神戸の市街地は六甲山系の里山が近いので、イノシシもでるけど野鳥や昆虫も多いんです。

そのカブトムシ君は、まだ生きています。さすがに9月になってからはエサの食べる量も減ったし、動きも弱くなってきました。それでも、夜になるとゴソゴソしはじめます。

狭い飼育ケースの中ではかわいそうなので、時々出して部屋の中の植物につかまらせて、散歩させています。今日、1メートルくらいの高さからポテッと落ちていました。やっぱり力が弱ってきているんですね。

飼育下では自然界のように敵がいないし、体力も消耗しないので長生きしていますが、さすがにもうすぐ寿命だと思います。毎日観察して最後まで見届けてあげようと思います。