千代切紙

「千代切紙」は、レースのような美しい折り紙です。木工で言う透かし彫りのような加工がしてあるんです。製造工程をテレビで見たのですが、まるで印刷でもするようにレーザーで紙を切っていくんです。

私は見ていて、紙だから焼けちゃうんじゃないかと思いましたが、絶妙な技術で焼けないんですね。これで折り紙の作品を作ると、立体の中に光が入るので、なんとも言えない複雑な造形になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です