E-1選手権 日本代表 VS 中国代表

サッカーの東アジア大会「E-1選手権」の日本代表VS中国代表の試合を生中継で見ました。

土曜日から中2日の試合なので、かなりメンバーを入れ替えていて、日本がボールを多く保持して、優勢な展開。中国代表は監督があのイタリアの名将リッピ監督なので、期待していたのですが、技術的には日本の方が上でした。

ただ、中国の選手は体が強く、この試合もなかなか点を取らせてもらえない展開。両チームとも選手を交替させながら、得点を狙います。

日本の先制点は終盤の84分、中国ゴール前の混戦から小林がこぼれ球を拾ってねじこみました。さらに、88分には中盤で拾ったボールを昌子がロングシュート。前に出ていた相手GKの頭上を抜いた2点目となりました。ロスタイムに相手にペナルティキックを与えて失点したので、結果的に2点目が入っていて良かったです。

これで日本は勝点6。最終戦の韓国戦に勝つか引分けでこの大会の優勝です。タイトルを取って自信もつけてワールドカップイヤーを迎えてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です