2018J1 ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス

早いもので、今年ももう3月。ワールドカップイヤーの今年はすでに2月にJリーグが開幕し、昨日は第2節が行われました。

ノエスタ
ノエスタ

神戸のホームスタジアム「ノエスタ」は、今季からハイイブリッド芝(天然芝に人工繊維を数%加えて強化したもの)に変わっています。スタンドからの見た目は変わりませんが、例年のようにボコボコはがれたりはしないはず。ヴィッセルのサッカーの質が上がることも期待されます。

ハイブリッド芝
国内初のハイブリッド芝になったノエスタ

今日は曇りですが暖かくなり、チケットはほぼ完売です。今年から神戸のサポータースタンドはゴール裏に突き出すように増設され、応援の熱がさらに伝わります。試合が始まると、神戸がボールを支配して優勢に試合を運びますが、新加入選手との連携がまだまだで、パスミスが目立ちます。清水もアウェイなので、インターセプトを狙っていて、素早いカウンターで対抗します。

増設スタンド
増設されたスタンドでコレオグラフィー

結局、この試合展開がずっと続き、シュート数6本の清水が4点を奪って勝ち、シュート19本を放った神戸は2点しか取れませんでした。昨季も清水に1-3で負け、今年も2-4で負けたことをよく反省してほしいです。特にカウンターに対するリスクマネジメントが大事だと思いました。

悔しい敗戦
ホーム開幕戦で悔しい敗戦

第2節終了して神戸は0勝1分1敗、通算200勝を前にして足踏みという状態。選手、そして監督をはじめとしたスタッフにもがんばって立て直していって、チーム目標のACL出場を目指してがんばってほしいです。

スタンドに挨拶
スタンドに挨拶する選手たち

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です