衣笠祥雄

元プロ野球広島カープの衣笠祥雄さんが、4月23日夜に亡くなったそうです。
大腸がんで、71歳だそうです。

現役時代は、とにかく2215試合もの連続試合出場という当時の世界記録を作り、国民栄誉賞を受賞し、「鉄人」と呼ばれていました。デッドボールを受けた回数も多く、中には肩の骨折という大けがまであったのに出場していたそうです。

でも、本人は痛みよりも試合に出られない方が辛いというほど野球が好きだったとインタビューで語っていました。

まあ、今ほどプロスポーツチームが選手の管理をきちんとしていなかったというのもあると思いますが、好きという気持ちが体を動かしていたんでしょうね。記録も残し、記憶にも残る豪快な大選手でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です