アジア大会 男子サッカー 決勝

昨晩のアジア大会 男子サッカー決勝、日本VS韓国をテレビで見ました。韓国はU-23でオーバーエージも使っていて、ソン・フンミンもいるし、日本はU-21で国内組だけだから、日本は不利だと思っていました。

でも、攻め込まれながら日本が絶えて、緊張感のある接戦で惜しかったですねー。90分でスコアが動かず0-0。

延長の前半にちょっとしたスキが出来て韓国に先制され、その後のFKで取られた2点目が痛かったし、結局決勝点になってしまいました。2点目を取った選手に誰かヘディングの強い選手が競っていれば・・・と思いました。

延長後半に日本が1点を返した時は、ひょっとしたら同点にできるかもと思ったのですが・・・。決勝で、俊足の前田やテクニシャンの三苫が出ていたら、勝てたかもしれないなー。

選手にはこの試合の悔しさを、私たちファンは期待を2年後の東京五輪まで持ち続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です