2018J1 ヴィッセル神戸 VS ガンバ大阪

2018サッカーJ1 ヴィッセル神戸VSガンバ大阪の試合を観に行ってきました。

神阪ダービーということで、この日もチケット完売。試合前の順位は神戸が8位、ガンバが降格圏の17位ですが、やはりダービーは選手の移動の負担も少ないし、相手サポーターもたくさん来るので、順位はあまり関係ないです。

むしろ、リーグ戦連敗と主力の出場停止がある神戸と、日本代表選手が戻り降格圏脱出に必死なガンバではガンバの方がモチベーションが高くなると私は読んでいました。

神戸の人文字
神戸の人文字

神戸はケガをしたイニエスタが出場できるか、調子が良いか悪いかにかかっているとも思いました。この日、神戸の選手はイニエスタを先頭に入場してきましたが、正キャプテンのポドルスキと副キャプテンの渡辺が出場停止の中、イニエスタがキャプテンに指名されました。これにはちょっと期待しました。

先頭を切ってイニエスタ
先頭を切ってイニエスタ

前半はイニエスタも存在感を示し、アシストをして神戸が先制に成功。しかし、後半はガンバがボールを支配して後半7分と23分にガンバが得点して逆転に成功。後半目立たなくなったイニエスタは後半25分にイニエスタが交替、神戸はめげずに最後まで攻めましたが、結果は1-2で敗戦、リーグ戦3連敗となりました。

肩を落とす神戸の選手
肩を落とす神戸の選手

残り8試合ですが、ACL出場は非常に厳しくなったと思います。強力な助っ人と言っても30歳を過ぎて代表を引退した選手だから、その力に頼っていてはいけない、その技を日本人選手が学び取ってレベルアップしてくれないとヴィッセル神戸のレベルアップもないんじゃないかなと思いました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です