台風についてわかっていることいないこと

『台風についてわかっていることいないこと』(筆保弘徳他 ベレ出版 2018年)を読んでいます。内容はタイトルの通りです。

気象学の中で台風を専門に研究している学者さんたちが各章を書いていて、最先端の研究でわかっていることいないことが書かれています。当たり前ですが、台風の目の位置の海面や海中の状況やデータはほとんど取れないので、意外と間接的なやり方で大雑把な測定方法で天気予報などで伝えられているというのがわかります。

飛行機で台風の中に突入して、いろいろな観測データを取るのも比較的最近行われるようになったそうです。人工衛星は、制約が多かったり、出来ることが少なかったりみたいです。

今年は台風シーズンが終わったみたいなので、来年に備えて読んでみては?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

台風についてわかっていることいないこと [ 筆保 弘徳 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です