2019 J1 ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖

3月2日土曜日、2019年シーズンのJ1第2節、ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖の試合を観に行ってきました。

今日はゴール裏から観戦。
今日はゴール裏から観戦。

W杯優勝経験者が4選手(スペインのイニエスタ、ビジャ、F・トーレス、ドイツのポドルスキ)が出場する試合ですし、期待の大きい神戸のホーム開幕戦ということもあって、2万5千人を超えるファンが詰めかけました。

開幕戦でファイヤーの演出。
開幕戦でファイヤーの演出。

ヴィッセル神戸は、事前にホームページで「全席完売」と告知していましたが、実際にはメインスタンド中段にはかなり空き席がありました。たぶん2万円前後の席です。

神戸のCK、鳥栖ゴール前。
神戸のCK、鳥栖ゴール前。

ま、そんなことはいいとして、試合の内容はやはり神戸がボールを支配して攻め続けました。ビジャがシュートをバーに当てるなど、惜しいチャンスもありましたが点が入らず、開幕戦(0-1の敗戦)が頭をよぎりました。

神戸のCK、ポドルスキからイニエスタへ。
神戸のCK、ポドルスキからイニエスタへ。

しかし後半、相手のミスを逃さなかったビジャがJリーグ初ゴールで先制。守備でもこの週に新加入、来日したばかりダンクレーがいきなりフル出場して、無難どころか好プレーで相手のF・トーレスや金崎に仕事をさせませんでした。とりあえず今季初勝利をあげたので、ひと安心でした。

スタンドに挨拶する神戸の選手。
スタンドに挨拶する神戸の選手。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です