2019J1 ヴィッセル神戸 VS 川崎フロンターレ

2019J1、第9節 ヴィッセル神戸 VS 川崎フロンターレの一戦を観て来ました。今日は、ビジターシートに近い位置のホーム自由席。コーナー付近の席にしました。

試合前のスタジアム
試合前のスタジアム
スタジアム外の芝生
スタジアム外の芝生

この日は、「楽しいスタジアム」というお題で写真をインスタに投稿するとガラガラくじに応募できるので、席を確保した後スタジアムの外をうろうろして面白い被写体を探しました。この日は十連休2日目のデーゲームなので、家族連れが多くランチタイムなので、スタジアム外の芝生で食事をしている人も多かったので、そんな風景を投稿してみました。ただ、ガラガラくじははずれ、ハーフタイム抽選会もはずれでした。

川崎はACLとの併行でJ1リーグでの順位は中位ですが、去年の覇者ですし、ACLでの試合でも速くて正確なパスワークでいいサッカーをしています。監督交代やピッチ外のゴタゴタなどで、リーグ戦3連敗中の神戸にとっては非常に手強い相手です。

選手の入場
選手の入場

試合が始まってみると、イニエスタとビジャが復帰した神戸のパスワークが良く、序盤は互角でした。しかし、川崎はボールを奪うと嫌なところに選手が入り込み、そこにボールが出てきます。そんな流れで前半14分に神戸のDFがファウルをしてしまい、そのFKを直接ゴールされて川崎に先制されてしまいました。

先制点を取った川崎は、ボールを支配する時間が増えました。前半36分、神戸のパスミスからのカウンターで、シュートを神戸GKが弾きますがそこを川崎のFWに詰められて2失点目。ちょっとこの失点で、神戸の選手の元気がなくなって前半が終わりました。

神戸FKのチャンス
神戸FKのチャンス
FKを蹴るのはイニエスタ
FKを蹴るのはイニエスタ

後半は、両チームとも選手交替を進め、神戸が主導権を握る時間も多く1点を返しましたが、残り試合時間は10分ほど。川崎もうまく逃げ切りに入り、そのまま1-2で神戸の敗戦となりました。これでリーグ戦は4連敗、公式戦5連敗となりました。

試合後の神戸の選手たち
試合後の神戸の選手たち

過去の栄光を誇る名選手を大金はたいて獲得しても、サッカーではチーム全体のレベルが上がらないと勝てないのを証明したことになりますが、私はポジティブにも考えられると思っています。

もし、数人の外国人選手で順位ががらりと変わるなら、日本と世界の選手の差が大きいわけですが、実際はそうなっていないので日本の選手のレベルは世界と比べて大きく劣っていないわけです。

ヴィッセル神戸に関しては、「バルセロナ化」という高い目標は変えなくてもよいと思うのですが、優秀な監督のもとでしっかりとチーム構成を作り、チーム力を継続的に上げることを考えて欲しいです。

今シーズンも、もうここまでの状態で優勝はまず無理ですから、リーグ杯や天皇杯で初タイトルを狙うとか、来年ACL出場権を狙うために今年は6位あたりを目指すのが現実的だと思います。

 

留守でもピンポン

「留守でもピンポン」は、外出先でもスマートフォンで会話ができるインターホンです。留守宅で誰かが来てこのインターホンを押すと、スマホが鳴って会話できるんです。どうしても留守にしなければならない時や急用などの時、意外と便利。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GS-DB100DTK ダイトク 留守でもピンポン Glanshield
価格:8000円(税込、送料無料) (2019/4/24時点)

 

神戸市営バス事故

一昨日の日曜日の午後2時ごろ、私は自宅でNHK・Eテレの落語番組を見てました。そうすると、最初救急車のサイレンがたくさん聞こえてきたので、どっか火事かなーと思いました。

しばらくすると、ヘリコプターが4機くらいホバリングしていました。三宮の方で何か事件があったようだと思いました。こんな感じなのは、少し前に乗用車が暴走した時とか、もっと前に白昼の発砲事件があった時だからです。

それで、スマホを見たら待ち受け画面にニュースの見出しが出ていました。「神戸市営バスが人をはね、二人心肺停止」と。つい数日前に東京で乗用車が暴走して親子二人が死亡した事件があったばかりですが、同じような事件や事故って続くことがよくありますよね。

実は、私もこの日三宮に出かけたので、あと1時間ほど事故が遅ければ、事故にあったかもしれないとぞっとしました。道を歩いている時も、信号無視の暴走車などが来るかもしれないので、常に周囲を見ていないとダメなんですね。

 

クレドレ

「クレドレ」は、削るとドレッシングとして使える調味料、クレヨン型ドレッシングです。専用の削り器で削って、かつお節のように食品にのせられます。ベチャベチャにならない、カナッペなどで垂れない、飾りになるほか、ドレッシングの量が少なくてすみ、カロリーオフにもなります。いろんなフレーバーがあります。

 

 

リージョ監督

昨日、サッカーJ1ヴィッセル神戸が、フアン・マヌエル・リージョ監督を「本人の意向により契約解除」したと発表しました。「本人の意向」がどういう理由なのかは明らかにされなかったので、私はいろいろ想像しました。

飛行機事故で亡くなった故カイオ・ジュニオール監督の場合は、他クラブからの引き抜きでした。二度目を務めていたバクスター監督の場合は、家族の病気が理由でした。しかし、今回のリージョ監督の場合はクラブ側からの「肩たたき」だったようです。

今朝の報道では、三浦SD(スポーツダイレクター)がリージョ監督の意向を尋ねたのだそうです。おそらく、今季初の連敗となった広島戦の直後に、辞めるか続ける意欲があるかを聞かれたのだと思います。

クラブからの一方的な解任や更迭だと、監督としてのキャリアや名誉に傷がつくので、このような打診をしたのでしょう。リージョ監督のその時の気持ちや辞任すると決めた理由、判断基準はわかりません。

実は私は、リージョ監督の就任当初からいくつかの点で不安でした。リージョ監督は指導者としてのキャリアは長いのですが、タイトルに縁が無く解任されたことの方が多いこと、スペイン語圏以外で仕事をするのが初めてなこと、中心選手のポドルスキとは二人の通訳を介さないとコミュニケーションできないこと、監督の指導するサッカーを日本人選手が体現できるかどうか、日本そしてJリーグが監督にとって面白い仕事場であるかどうか、などなど。

リージョ監督は過去の成功が無い分、「未知数」としての期待ができるかもしれないと思っていたのですが、それがわかる前に解任となってしまい残念です。今後、リージョ監督がどこかで成功すれば、それが証明されるでしょう。

さて、後任そして再任となる吉田監督の位置づけは暫定監督なのか、すぐに外国人監督を連れて来てまたまた迷走するのか、ヴィッセル神戸というクラブの体制が問われる状況です。