2019 J1 ヴィッセル神戸 VS 鹿島アントラーズ

5月12日日曜日、2019J1第11節 ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズの試合を観て来ました。

ヴィッセル神戸はここまでリーグ戦は5連敗、公式戦6連敗。4月17日の監督交替後も全く勝てていません。ただ、対する鹿島もACLの激戦で酷暑のマレーシアでのアウェイに敗れています。

快晴のノエビアスタジアム。
快晴のノエビアスタジアム。

試合前、バスから降りた選手たちがサポーターのスタンド前に直行して激励を受けるという異例のイベントもありました。そして、試合前にはサポーターズスタンド(ゴール裏)だけでなく、バックスタンドも参加しての大コレコレオグラフィ―で雰囲気を盛り上げました。

試合前に選手が激励を受けます。
試合前に選手が激励を受けます。

試合が始まると、神戸の選手は奮闘しているのですが、かえって鹿島との差が歴然とする内容になりました。90分のボール保持率は58%と神戸が上回っているのにシュートはたったの5本。これに対して鹿島はシュート19本でした。

試合中。
試合中。

シュート19本を浴びた神戸はGKキム・スンギュやDFの攻守が無ければ3,4点取られていたはずで、1点に抑えたにはよく守ったと思いますが、攻撃はまったくダメでした。ケガ明けのイニエスタが途中出場してからも、ボールは持てるのですが決定的な崩しができず、パスを奪われて逆襲を食らうというパターンでした。

鹿島のコーナーキックの場面。
鹿島のコーナーキックの場面。

しかも、攻撃陣の中で気を吐いていた古橋が負傷してしまい、次節以降も不安が残る試合となりました。試合後の選手には、スタンドからはやはりブーイングもありました。

サポーターのブーイングも。
サポーターのブーイングも。

スター選手を獲得したからと言って、チケット代を上げたために観客数は昨年より減っています。リーグ戦6連敗したら上位争いよりも残留を考える方が現実的で、これまでのシーズンと変わりありません。

肩を落とす神戸の選手たち。
肩を落とす神戸の選手たち。

とにかく、選手・スタッフがスローガンのように「一致団結」して一戦一戦を戦うことと、攻撃はやはりアイデアが大切なので適度に遊び心と自信を持ってがんばってほしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です