2019 J1 ヴィッセル神戸 VS ガンバ大阪

8月2日金曜日、神阪ダービーのJ1第21節、ヴィッセル神戸VSガンバ大阪の試合を観に行きました。猛暑日が続き、この日は風があるものの、湿度は80%を超える蒸し暑さ。そんなことはお構いなしに、両チームのサポーターは盛り上がっていました。

ガンバサポーター席
イカリのマークを掲げる神戸サポーター

試合はいきなり動きます。8分にガンバが先制。前半は互角の内容で0-1のまま終了。

キックオフ直前

後半も始まってすぐにガンバが得点して0-2。今日もダメかと思っていましたが、77分に神戸がPKを獲得。イニエスタが蹴ったボールはGKに止められて高くバウンドしましたが、イニエスタがきっちりトラップしてズドン。ボレーシュートで1-2と追い上げます。

サッカーは2点差が一番怖いといいますが、この後神戸が攻勢を強め、ガンバがカウンターを狙う展開に。

神戸は交替で入った選手が活躍し、増山がヘッドで同点弾。その後、シュートがポストに当たったり、ロスタイムは5分あったのですが逆転にはいたらず2-2のドロー。

神戸は連敗を3で止めました。しかし、リーグ戦もほぼ3分の2まで来てしまい、今年もやはり残留争いか・・・・。

ファンにあいさつする神戸の選手