2019 J1 ヴィッセル神戸 VS ガンバ大阪

8月2日金曜日、神阪ダービーのJ1第21節、ヴィッセル神戸VSガンバ大阪の試合を観に行きました。猛暑日が続き、この日は風があるものの、湿度は80%を超える蒸し暑さ。そんなことはお構いなしに、両チームのサポーターは盛り上がっていました。

ガンバサポーター席
イカリのマークを掲げる神戸サポーター

試合はいきなり動きます。8分にガンバが先制。前半は互角の内容で0-1のまま終了。

キックオフ直前

後半も始まってすぐにガンバが得点して0-2。今日もダメかと思っていましたが、77分に神戸がPKを獲得。イニエスタが蹴ったボールはGKに止められて高くバウンドしましたが、イニエスタがきっちりトラップしてズドン。ボレーシュートで1-2と追い上げます。

サッカーは2点差が一番怖いといいますが、この後神戸が攻勢を強め、ガンバがカウンターを狙う展開に。

神戸は交替で入った選手が活躍し、増山がヘッドで同点弾。その後、シュートがポストに当たったり、ロスタイムは5分あったのですが逆転にはいたらず2-2のドロー。

神戸は連敗を3で止めました。しかし、リーグ戦もほぼ3分の2まで来てしまい、今年もやはり残留争いか・・・・。

ファンにあいさつする神戸の選手

2019 J1 ヴィッセル神戸 VS 横浜Fマリノス

7月20日土曜日、2019J1第20節、ヴィッセル神戸 VS 横浜Fマリノスの試合を観て来ました。2位の強敵が相手なので、ちょっと奮発して指定席を買いました。アウェイサイドでしたが、前の方で良かったです。

しかし、結果が良くなかった。0-1でリードされて後半に入ると、神戸が攻勢を強め、59分には相手のセンターバックが一発退場。これで、横浜は一人少ない状態で残り約30分を戦わなくてはならなくなりました。

しかし、神戸は前半から惜しいチャンスを作っていたのに得点できず、ビジャもウェリントンもいいボールが来ないのでイライラしたり、オフサイドになることも・・・。

同点になったらどうなるかわからない雰囲気だったのに、横浜のフリーキックの時に集中力を欠いて、相手FWをフリーにしてしまい、神戸のGK前川が倒してPK。これが勝敗を決めてしまいました。PKの判定が出た瞬間にビジャもウェリントンもピッチに倒れ込んでいました。

それくらい重要な局面だったのですが、GK前川はPKを止められず2点差で試合を終えました。悪夢のリーグ戦7連敗の後フィンク監督になって3試合無敗だったのに、7月は3連敗。

フィンク監督は相手に合わせた戦法をとるという、現実的な選択をしていますが、結果が伴わないし、チームのスタイルも固まらないですね。ポルディ、早く帰ってきて攻撃陣に喝を入れてくれ。


ヴィッセル神戸 2019 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 10.ポドルスキ 【…

百人イングリッシュ

「百人イングリッシュ」は、絵合わせの要素を取り入れた英語の百人一首かるたです。外国人の文学者が百人一首を英訳したのですが、英語の韻を踏んだりして詩のようになっています。かるたや英語に慣れていない人のために、読み札と取り札で絵合わせができるようになっています。句を詠んだ後に、読み札の絵を見せることで、ヒントになるんですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カワダ KAWADA WHACK A WAKA 百人イングリッシュ
価格:3002円(税込、送料別) (2019/7/7時点)

 

大雨

今年は梅雨入りが遅かったですが、先週あたりから梅雨前線が活発になり、日本の南岸沿いに停滞するようになりました。この影響で、現在九州南部や四国南部で大雨になっている所が多くなっています。

最近の大雨では、通常の1か月分の雨量が数日で降ってしまうほどで、浸水、冠水、洪水、土砂崩れなど短時間で想定外の状況になることがあるから、本当に要注意ですね。

ニュース・災害情報などのサイトを利用して、自分の身の回りの状況を把握しておかないと被害にあってしまいます。今回の大雨は金曜日ごろまで続くそうなので、まだまだ警戒が必要です。

 

 

2019 J1 ヴィッセル神戸 VS 名古屋グランパス

6月30日日曜日、2019 J1 第17節 ヴィッセル神戸 VS 名古屋グランパスの試合を観に行ってきました。今年のJ1は、ちょうど上半期最後の日にリーグ前半最後の試合。

ウォーミングアップ
ウォーミングアップ

13位のヴィッセル神戸に対して、名古屋は順位を落としてもまだ7位。前節もその時点で6位の大分相手に引き分けたので、名古屋との試合もどちらが勝つかわかりません。神戸の期待は、出産に立ち会うために帰国していたイニエスタが戻ってきたことです。

キックオフ直前
キックオフ直前

試合が始まると、ほぼ互角の展開。元ブラジル代表FWのジョーは、やっぱり大きくて強い、上手い。神戸のCB二人は手を焼いていました。しかし、前半先制したのは神戸のFWビジャ。ゴール前の仕掛け、シュートの上手さはさすがです。1-0で前半終了。

今日も熱い応援の神戸サポ
今日も熱い応援の神戸サポ

後半もほぼ互角の流れで始まりましたが、名古屋が1点取って同点。ここから後半だけでさらに6点も入る乱打戦になり、名古屋は3度同点追いつきました。しかし、この日のヴィッセルはイニエスタが得点した後にチーム全員でゆりかごダンスをしたせいか、士気が高く勝ちに行きます。

後半、CKを蹴るイニエスタ。
後半、CKを蹴るイニエスタ。

ビジャのPKと小川のドリブルシュートでさらに2点を加えて5-3。名古屋もあきらめずに最後まで攻めましたが、このまま終了。勝った神戸の選手の何人かがぶっ倒れているという派手な面白い試合になりました。

PKのボールを持つイニエスタ。
PKのボールを持つイニエスタ。

神戸はリーグ戦前半を18チーム中の11位で折り返し、首位との勝点差は15あります。とにかく勝点3を取りに行って、積み上げて少しでも上位に迫ってほしいです。

声援を受ける神戸の選手。
声援を受ける神戸の選手。