なでしこジャパン 惜敗

朝早く起きてテレビで見ました、ワールドカップのなでしこジャパンVSオランダ女子代表。前半オランダに先制されたときは、前回6-2で負けた相手なので4点くらい取られるんじゃないかと思いました。

しかし、前半途中から日本が試合の主導権を握り始め、オランダは有効な攻めができなくなりました。前半のボール保持率はオランダの方が多くなっていましたが、それを疑いたくなるほどでした。

そして、前半終了までになでしこが得点して同点でハーフタイム。後半、さらに日本が決定機を作り、シュートがバーに当たったりポストをかすめたりしていました。

しかし、チャンスを確実にものにしておかないと、サッカーでは怖いことが起こります。この試合でも、後半終了間近に不運なPKを取られて勝ちを持って行かれてしまいました。このW杯はベスト16で敗退です。

本当に悔しい惜敗でしたが、なでしこの選手たちの振舞いには感心しました。微妙なハンドのPK判定にも抗議せず、試合終了まであきらめずに全力で攻め、試合終了後は相手選手を称え、スタンドのサポーターに挨拶をし、涙が止まらないのにインタビューにもきちんと答えていました。

日本のサポーターがスタンドのゴミ拾いをすることで注目されていますが、なでしこの選手の振舞いにも注目してほしいなと思いました。

 

ピルケース付き水筒

「ピルケース付き水筒」は、お薬ケースが一緒になった水筒です。ピルケースが水筒にくっつくようになっています。ピルケースは7つに仕切られています。薬やサプリを携帯するのに便利。

 

なでしこジャパン 初勝利

昨晩、サッカー日本女子代表”なでしこジャパン”のワールドカップ・グループリーグ第2戦のスコットランド戦を生中継で見ました。

前半2-0としたところまでは良かったのですが、後半は攻めあぐね、動きが落ちた選手も多く、ミスから1点を奪われ、辛くも今大会初勝利でした。

今朝、同じグループのイングランドは日本が引き分けたアルゼンチンに勝っていました。日本は第3戦のイングランド戦に勝てば1位通過ですが、引分け以下だと2位や3位通過もあり得ます。2位通過だと他のグループの1位と決勝トーナメント1回戦で当たるので、できれば避けたいところ。

2勝してグループリーグの突破が決まっているイングランドですが、日本戦でメンバーを落として1位通過を譲ることは無いと思います。1位通過をかけてのグループリーグ第3戦になるので、力量が試される面白い試合になると期待しています。

 

フィンク監督

意外でした、J1ヴィッセル神戸のフィンク監督就任。

トルステン・フィンクという名前は、1990年代のバイエルン・ミュンヘンの選手としては聞き覚えはあるのですが、プレーの印象や顔は思い出せないほどでした。まあ、バイエルンというビッグクラブでレギュラーだったんですから、選手としては一流だったと思うのですが、フィンク監督としては今まで全然知りませんでした。

監督としては、多くの時期をスイスやオーストリアのクラブで指導していたからだと思います。ハンブルガーSVなどドイツ一部のクラブの監督もしていましたが、得に日本で報道されるようなこともありませんでした。

果たして、ドイツ人でドイツサッカーをベースにしたフィンク監督がヴィッセル神戸の掲げる「バルセロナ化」に合った監督なのかどうかは、この監督を選んだ三浦淳寛SDらクラブの強化部門の人しかわかりません。

明日 6月15日のFC東京戦に向けて、手続きがギリギリ間に合ったようで、ベンチ入りするようです。おそらく先発メンバーなども決めるのでしょう。首位で苦手のFC東京相手ですが、何か良い変化の兆しが見えるといいなと思います。

 

にぎって切れるバタースライサー

「にぎって切れるバタースライサー」は、握るとカットされたバターが出てくるケースです。バターナイフがいらないし、いつも同じ量でポテッと出てきます。片手で使えるので、調理にも便利。