ダニがいなくなるスプレー

どうも最近あちこち痒くて、見るとポツポツと2つずつくらい赤くなっているんです。かゆみ止めを塗りまくっています。ひょっとしてこれはダニかも・・・?

私は蚊でもハエでも捕まえて外に逃がしてやるのですが、ダニは姿も見えないし、痒いし、もっとひどくなることもあるらしいので、駆除することにしました。

スーパーに行って、ダニ用の殺虫剤などを数種類見比べて、金鳥の「ダニがいなくなるスプレー」と「ダニコナーズ」を買って来ました。早速和室の畳と座布団、洋室のラグなどにスプレーしてみました。寝る時にはダニコナーズを枕と敷きパッドの下に入れてみます。

ダニがいなくなるスプレー
ダニがいなくなるスプレー
ダニコナーズ
ダニコナーズ

アイス・プレート・トレイ

「アイス・プレート・トレイ」は、アレンジ簡単な氷の皿を作るプレートです。きれいな正八角形のお皿が作れます。水に花びらや葉、花などを入れてアレンジすることもできます。真ん中に穴が開いていて、解けた水は受け皿に落ちるようになっています。

氷の皿は、なにより見た目が涼しげです。そうめん、冷奴、刺し身、サラダなど夏の食卓にいいですね。料亭やレストランでも使われているそうです。

エマール

エマール
エマール

「♫ホームクリーニング、エマール♫」ってCMをやっている「エマール」で、最近毎日冬物の洗濯をしています。お気に入りのセーター、帽子、マフラー、手袋など虫に食われたらイヤですもんね。それにドライクリーニング代は高いしねー。「エマール」のおかげですごく節約できてます。

洗う物は洗濯ネットに入れて、洗濯機のドライコースで洗っています。水流が弱いし、洗濯物が浮きやすいので、最初にぎゅーっと手で沈めています。

干す時は、風呂場の洗濯ポールにかけたり、風呂のフタに新聞紙を敷いてその上に広げています。ハンガーにかけると伸びてしまいますもんね。

衣替えとしては、ちょっと遅いのですが、がんばります。

 

 

苫米地式聴くだけで頭がよくなるCDブック

私は本好きです。

家に本がたくさんありすぎるので、ある時期から図書館を活用するようになりました。
まずタイトルと著者で面白そうだなと思ったら、インターネットで神戸市の図書館のサイトで蔵書検索し、貸出予約もします。そうすると、一番近い図書館で受け取れます。

読んでみて、買う必要があるかどうか判断するようにしているので、ムダな買い物が無くなりました。そんな中で最近、借りて読んで良かったので買ったのが「苫米地式聴くだけで頭がよくなるCDブック」です。

苫米地博士の本は好きでいろいろ読みましたが、やっぱり「聴くだけで頭がよくなる」と言われたら、信じたいしやってみたくなるじゃないですか。

実際にはただぼーっと聴いていてもあまり効果はなく、CDの音楽を聴きながら知的活動をするのが良いそうです。
CDの音楽はちょっと変わっているものが多いですが、頭(IQ)を良くしたりひらめきやすくなるような意識状態を作りやすくするものだそうです。
要は脳が働きやすい状態になり、それを覚えると脳を使って物事を一段高いレベルで考えるクセがつくという感じでしょうか?

97%は使われていないという脳ですから、少しでも上手に使って賢くなりたいと切実に思っています。
この本には、頭の良さの定義や、生まれつきや年齢は関係ないと書いてあるのにも勇気づけられました。(笑)

 

はやぶさ2

2014年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」の後継機、「はやぶさ2」が、目的とする小惑星「リュウグウ」に接近するまでにあとちょうど一年になったそうです。

「リュウグウ」は、地球と火星の間にあって地球からの距離は約3億キロ離れている、直径900メートルで球形に近いそうです。現在、「はやぶさ2」と「リュウグウ」の距離は3000万キロ。「はやぶさ2」は秒速30キロメートルという速さで「リュウグウ」を追いかけるようにして接近していくそうです。

今回のミッションでは小惑星「リュウグウ」に着陸して岩石を採集して地球に持ち帰ること。
順調に行けば、来年の6ー7月に着陸し、地球への帰還は2020年になるそうです。岩石が採集できれば、生命の起源と言われる有機物などが含まれるかの分析が行われます。

小惑星への着陸、そして地球へ帰還する時の大気圏再突入など困難の連続だと思いますが、成功して何かすごい発見ができるといいですね。