稲田大臣 辞任

すでに明日8月3日に予定されている内閣改造に世間の注目が移っていますが、稲田大臣の辞任は私にとって意外でした。前にも書いたように、辞任させると首相の任命責任を問う声が大きくなるからです。

しかし、今回の場合は内閣改造のタイミングで交代させるのではなく、その前に辞任するという選択をしました。辞任の理由は、監督責任を取るという大義名分にしていましたが、日報隠しの件を組織的に皆で隠そうとしているのが丸見えです。自民党の党員は「辞職した大臣を証人喚問はできない」と言っていましたから、そのために調査結果の出たタイミングで辞めさせられたのだと思います。

戦闘行為があった南スーダンで、もし自衛隊員に死傷者が出ていたらどうなっていたんでしょうか?今思えば、それを防ぐための急な帰還だったのだと思います。

稲田大臣は、女性が活躍し、重用されていると見せかけるためのもので、能力も資質もないのに無茶な役職に就けられ、辞める辞めないのタイミングも上から命令されていたものだと思うので、個人的には同情する部分もありますが・・・、日本政府はこんなんでいいんかな?

 

水に強い写ルンです

昔、スキューバダイビングをやってました。タンクをつけないスキンダイビング、シュノーケリングも大好きでしたが、神戸の震災後は行っていたスクール・ショップが無くなり、経済的にも大変になって行かなくなりました。

ダイビングをしていた頃は、富士フィルムの「写ルンです」を入れる水中ハウジング「潜るんですC」を使っていました。カメラも水中写真も初心者でしたが、何枚か取った中で数枚はよく撮れているものがありました。今後、シュノーケルくらいならやってみたいなと思います。

最近も「写ルンです」の水中カメラタイプがあるんですね。「水に強い写ルンです」は水深10メートルまでOKなので、海水浴やシュノーケルにはちょうどいいですね。

ポーラーアイストレイ

「ポーラーアイストレイ」は、水道水でも透明な丸い氷が作れる製氷器です。ウイスキーグラスなどにちょうどいい大きさの球形のきれいな氷が作れます。

普通の水道水は、カルシウムなどのミネラルを含むので、凍らせると白くなります。「ポーラーアイストレイ」は、球形の上側と四角い下側に分かれていて、素材の樹脂も違うので凍る速さが違い、ミネラル分は下側に集まるようになっています。

球形の部分に花などを入れて観賞用の氷にするのもクールですね。

 

枝豆

枝豆を買って、冷蔵庫の中で長く保管していたので、そろそろ食べようと思いました。ちょうど外出から帰って来たら17時半ちょっと前で、「笑点」を見ながら一杯やろうと、ビールを氷でキンキンに冷やしました。

枝豆は、始めて圧力鍋で調理しましたが、上手く出来ました。ビールのおつまみに半分ほど食べ、残りは皮をむいて塩をふり、炊きたてのごはんに混ぜ込んで豆ごはんにしました。

枝豆は安いとついつい買ってしまうのですが、ビールのおつまみ、豆ごはん、カレーのトッピングなど、彩りがいいのでいろいろな料理に使っています。

ビールと枝豆
ビールと枝豆

 

カブトムシ

今朝、玄関のドアを開けたらポーチにカブトムシがひっくり返って、足をバタバタさせていました。拾い上げてみると、少し小型ですが羽化して間もないオスのカブトムシで、非常に元気でした。それで、とりあえずお菓子の空のケースに入れて、窒息しないようにフタをすこしずらして、しっかり閉めずに置いておくだけにして出かけました。

帰宅する前に、東急ハンズのペットコーナーに寄って「カブトムシのエサありますか?」と聞いたら「昆虫ゼリー」というのがあるとのこと。私は買うのが初めてなので、どんな物なのか袋をよく見てみました。糖類とハチミツが主原料のようなので、問題ないだろうと買いました。
ハチミツや黒砂糖を買うより安いですしね。

昆虫ゼリー
昆虫ゼリー

あと、100均のダイソーに寄って300円のMサイズの飼育ケースと100円のゼリー用の穴の開いた止まり木を買いました。

ところが、家に帰ってみると見事に脱走してました。部屋の外には出られないので、カサカサと動く音をたよりに捜索したら、本棚の裏からホコリまみれになって出てきました。

カブトムシ君
カブトムシ君

カブトムシを飼うのは久しぶりですが、オス一匹では寂しいと思うので、逃がしてやるか、メスを捕まえたり買ったりするか考え中です。とりあえず、今夜昆虫ゼリーを外の電灯の下に置いて、カブトムシ君の仲間が来ないかやってみています。