天皇杯準々決勝 ヴィッセル神戸 対 鹿島アントラーズ

10月25日に行われた第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会、準々決勝のヴィッセル神戸対鹿島アントラーズの試合を観に行ってきました。リーグ戦のノエビアスタジアムではなく、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場です。私にとっても久々のユニバーです。

暮れなずむユニバー競技場
暮れなずむユニバー競技場

リーグ戦首位で、前回の天皇杯優勝の鹿島が相手の好カードですが、平日の夜ということで観衆は予想外に少なく、5000人台でした。鹿島サポーターも100人以上集まっていました。

鹿島サポーター
鹿島サポーター
神戸サポーター
神戸サポーター
キックオフ前のハイタッチ
キックオフ前のハイタッチ

試合は一発勝負の天皇杯らしく、互いにしっかり守備をして、なかなか点が入りません。両チームとも韓国代表の優秀なキーパーがファインプレーを連発します。鹿島は後半1点を先制し、そのまま守りきるプランのようでした。鹿島はディフェンダーのゴールカバーも完璧で、神戸に得点を許しません。

神戸はドリブルが得意の大森と長身FWのハーフナーでなんとか同点を狙います。後半ロスタイムが4分と表示され、神戸サポーターはさらに応援の声を強め、神戸の選手は必死で攻め続けます。

終盤動けなくなっていたポドルスキがスルスルとドリブルして中へ折り返すと、ニアポストに走り込んだハーフナーが見事なヒールシュート。ヘディングだけでなく、足元も巧みです。これで1-1の同点。本当にこの得点の直後にタイムアップになったので、ギリギリでした。

延長戦も神戸が押し込みますが、鹿島は神戸のミスを突いて決定的なチャンスを作ります。神戸はGKキム・スンギュを中心になんとか守りきり、延長戦は両チーム無得点、PK戦に入りました。リーグ戦と違って一発勝負、やるかやられるかなので、両チームのサポーターも応援に熱が入りました。

PK戦
PK戦

結局PK戦では、鹿島の3人目のキッカーが失敗し、神戸が勝ち上がりました。これで神戸は、12月23日の準決勝に進みます。悲願の初タイトルまであと2つ。どうなるでしょうか?

明治維新という名の洗脳

『明治維新という名の洗脳』(苫米地英人 ビジネス社 2015)を読みました。今年は、神戸港開港(兵庫開港)150周年で、いろいろイベントもあるのですが、その開港は1867年(慶応三年)の12月で、10月に大政奉還、11月に坂本龍馬の暗殺、12月に王政復古の大号令があった年です。

私が学生の時、日本史はよく行って江戸時代くらいまでで、近代史はほとんど授業で聞いたことがありません。だから、明治維新っていつ?という感じで興味を持ちました。

実は明治維新というのは、明治天皇が即位した1887年ではなく、翌年の1868年の元号が明治に変わってからを指すようですが、いつまでとかどういうイベントが明治維新かというといろいろな説があるそうです。

私は詳しくないので、そのへんは置いておいて、最初の苫米地先生の本は、やはり意外な事実を教えてくれる本でした。先にも書いたように、私達は学校の授業であまり近代史を習わず、司馬遼太郎などの小説、大河ドラマや映画から明治維新を、武士と鎖国の時代から文明開化と開国の時代への変化で、革新的で良いものというイメージを持っている人が多いと思います。

しかし、この本では明治維新は外国人が仕組んだもので、戦争の時代への移行で、そして現在までつながっている、引き続いていることが多いと割りとネガティブな面が書いてあります。坂本龍馬の暗殺についても、意外な説が書いてありました。実際には、明治維新については隠された事実が多く、謎に包まれた部分が多く、暗くドロドロとした部分も多いようです。興味のある方は読んでみてください。

アニマルマルチツール

キッカーランドジャパンの「アニマルマルチツール」は、動物のインテリアになるマルチツールです。万能ナイフとツールなのですが、パーツの形が動物みたいになっています。

キリンのように首が長いのはヤスリ、栓抜きはサイ、ビニール被覆はがしはカバの横顔になっています。また、ドライバーなどのパーツは足のようになるので、全部収納せずに動物の形で置いておきたくなります。

ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖

サッカーJリーグ、J1第30節、ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖の試合を観に行きました。9月23日の試合以来の約1ヶ月ぶりのホームゲーム、そして今季最後のノエスタでの試合です。なぜか、今年は11月と12月のリーグ戦2試合がユニバー競技場になったからです。

今日のような雨の日でも屋根のあるノエスタなら、スタンドもピッチも濡れないので観客も選手も快適です。

ノエスタの屋根
ノエスタの屋根

試合は、8位と9位の対戦で、どちらも優勝の可能性が無くなり、残留もほぼ間違いない状況で、どちらが上の順位に上がることにモチベーションが高いかを試される試合でした。

試合前のハイタッチ
試合前のハイタッチ

開始直後はヴィッセルが良く、前半13分にはクロスをヘッドで折り返したボールをポドルスキがボレーで先制。しかし、得点からわずか4分後にミスからサガン鳥栖FWのイバルボに突破を許し、ファウルで止めてペナルティキックを与えてしまいました。その後、コーナーキックからも失点し、1-2で前半終了。

鳥栖のペナルティキック
鳥栖のペナルティキック

後半もヴィッセルがボールを回して攻めるのですが、鳥栖はしっかりブロックを作り、最終ラインでボールを跳ね返します。両チーム選手交代を使って得点を狙いますが、結局後半スコアは動かず、1-2でヴィッセル神戸がホームで負けました。

残念な敗戦
残念な敗戦

後半残り10分ほどのところで、神戸は長身FWのハーフナーを投入しましたが、相手ディフェンダーを困らせていたし、チャンスも作っていたのでもっと早く彼を使うべきだと思いました。

ポドルスキはFWですが、前線に張らず降りてきてしまうので、渡邉千真だけのワントップではなかなかチャンスが作れていません。ポドルスキは中盤でチャンスメークをさせ、FWを2人にしたらいいのでは?と思いました。

日経平均株価 14連騰

今日で日経平均株価が14営業日連続で上昇し、1960年から56年ぶりの14連騰となりました。これは、別に日本の景気が良くなったからではありません。ましてやアベノミクスのおかげではありません。

日本の株式市場、特に日経平均の対象銘柄や日経平均先物などを動かしているのは外国人です。これらの株の売買の3分の2が欧米そして中東のオイルマネーだと言われています。ですから、欧米の株価が上昇し、円安になれば外国人にとって日本株は買いたくなるのです。毎日ニューヨークダウ平均とドル円レートを見ていれば分かります。

それに、今は選挙期待というものが加わっています。ですから、今日までは選挙前の取引きということで与党の勝利=安定政権という図式で、日本株は買いというだけです。来週の市場では、まず選挙が終わったことで要因が一つ無くなります。仮に与党が大勝していても、それはもう織り込み済みでしょう。もし、与党が大勝出来なかったり、過半数を取れなかったら、急落する可能性大です。

来週アメリカの株価が下がったり、北朝鮮が何か挑発行動をすればさらに追い打ちをかけるでしょう。来週の日本の株価に注目したいと思います。