ポルトガル ロゼワイン

日本では、ロゼワインがあまり人気が無く、輸入される量も種類も少ないです。
ポルトガルワインは、甘口のポートワインやマテウス・ロゼが知られていますが、スペインのすぐ西隣りですから、よいワイン用のぶどうが造られているはずです。

先日、デパートの催し会場で見つけたポルトガルのロゼワインは、ほとんど赤ワインに近いきれいなルビー色だったのと、ぶどう品種がトゥリガ・ナシオナルというポルトガル固有の品種とシラーのブレンドなので興味を持ち、セールだったこともあって試飲無しで3本買いました。

それをこの週末開けて飲んでみました。思ったほど特徴は無いのですが、香りも味も非常に整っていて美味しかったです。
エスニック風味の野菜炒めと合わせてみたのですが、いろんな料理と合いそうです。
銘柄名(造り手名?)は「MEDEIROS」、収穫年は2012年、産地はアレンテジャーノ地方となっています。ポルトガル南部のようです。(楽天市場には無いようです。)

まるで赤ワインのような色。(ボトルは透明です。)

MEDEIROS ROSE
MEDEIROS ROSE

シンプルなエチケットによくある、バランスの整ったワインでした。

MEDEIROS ROSE エチケット
MEDEIROS ROSE エチケット

 

なでしこジャパン強化試合 オランダ戦

欧州遠征して、オランダ、ベルギーと強化試合をするサッカー女子日本代表のなでしこジャパン。日本時間の10日深夜に行われたオランダ戦を録画して見ました。

やはり、アウェイですし、体の大きいオランダに押されていましたが、交代出場したFW横山のミドルシュート一発で1-0で勝ちました。
オランダにも決定機が多く、日本のDFやGKが運良く防ぎ切れたという感じでした。

2011年のワールドカップ優勝時の選手はもう4人ほどしかおらず、2011年の時のような見事なパスワークは見られなくなったのが残念です。
佐々木監督から高倉監督に変わりましたが、やはり日本は男女ともパスワークを良くしないと、世界と戦う時の体格差を補えないと思います。
次のベルギー戦もBSで中継してくれるので、楽しみです。

 

 

福岡母子殺害事件

私はホームズやポワロのイギリスの本格推理ドラマが大好きで、繰り返し見ています。

今月6日の朝に起こった「福岡母子殺害事件」、私は最初に聞いた報道ですぐに父親を疑いました。室内に争った跡が無いということでしたから。

そして、続報で被害者の死亡推定時刻が午前0時から5時の間と聞いて確信しました。
犯行時間に一緒に寝ていたら、侵入者に気づかないはずも、襲われないはずもないからです。

ただ、疑問は父親が警官だということでした。
犯行と偽装があまりにも幼稚で、すぐ疑われるようなものでしたから。
警官ならもっと巧妙に工作できないのか?と、変な疑い方をしたほどです。

警察も当然父親に疑いを向けていたはずで、すぐに逮捕となりました。
今後、動機が判明すると思いますが、私は保険金目当てではないかと思っています。

サッカー日本代表メモリアルユニフォーム

昨晩のサッカーキリンチャレンジカップ2017、日本代表VSシリア代表の試合をテレビで見ました。
結果は1-1の引分けで、次の本番のW杯予選イラク戦に不安の残す内容でした。でも、後半は好調の乾が入って攻撃が活性化して良くなりました。

私は、この試合限定で着用された「W杯予選突破20周年記念 サッカー日本代表メモリ
アル」が良かったと思います。
いつもそうですが、新しいユニフォームだけを見ると「なんだこりゃ?」と思うことが多いのですが、実際に選手が着てプレーをしているのを見た後はかっこよく見えますし、鮮やかな青の方がサッカー日本代表らしくていいなーと思いました。

6月13日のW杯予選・イラク戦は元の紺色のユニフォームに戻りますが、予選突破への気持ちは新たにしてがんばってほしいと思います。

 

レインボーコーン

NHKの「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーが好きで、今朝も面白い商品やアイデアをチェックしていました。
今日のテーマは「(植物の)種を有効活用」だったのですが、その中でレインボーコーンというのを紹介していました。

とうもろこしの実と言えば、明るい黄色が代表的で、白いのもあります。
でもレインボーコーンは、一本のとうもろこしでモザイク状に色が違うんです。
それも、紫、青、緑、オレンジなどの鮮やかな色がまだらに出ています。

アメリカで品種改良されて出来た品種ですが、食べても美味しくなく、乾燥させて観賞用にするそうです。種から栽培するセットで売られています。