サッカー 日本代表 VS ボリビア代表

試合前の散水
試合前の散水

3月26日、ノエビアスタジアム神戸で行われたサッカーキリンチャレンジカップ2019、日本代表 VS ボリビア代表の試合を観戦してきました。久しぶりの国際試合で、君が代を歌いました。選手入場前には、会場の照明を落とし、皆でスマホのライトを灯してきれいでした。

スマホでいい雰囲気
スマホでいい雰囲気

22日のコロンビアはFIFAランクが12位の格上でしたが、今日のボリビアは60位。日本は27位なので、順位的には日本が格上です。しかし、ボリビアは日本に来る前に韓国と試合を行い、終了間際まで0-0で、終盤に1点を失って惜敗したということで、南米の国らしく守備が固く、個人技もしっかりしていますので楽観はできません。

試合前の選手整列
試合前の選手整列

日本は森保監督が公言していたように、先発メンバーを全員入れ替えていました。キャプテンは地元出身の香川真司と粋な計らいです。前半から日本がボールを支配し、サイドから崩しますが、ボリビアはなかなかシュートを許しません。また、この日は鎌田がワントップでしたが、なかなかターゲットとしての仕事はさせてもらえず、シュートやアシストができません。

日本のコーナーキック
日本のコーナーキック

日本は、香川、乾をはじめ、技術的に巧い選手が多いので、どうしてもボールを持ちすぎて取られてしまうシーンが多かったと思います。後半、中島、南野、堂安、柴崎、佐々木、鈴木武蔵を投入し、こちらのメンバーの方がパスの展開が良くなりました。左から相手ペナルティエリアに侵入した中島が決めた決勝点のほか、鈴木にも1、2度惜しいボールが入りました。

結果は1-0で日本の勝利でしたが、もう少し攻撃の崩しをやり切る、シュートまで持ち込むだけのコンビネーションと精度がまだまだだと感じました。安西、畠中、三浦、西の始めて一緒にやるディフェンスラインは、無難にプレーできていましたが、ボリビアの攻撃が割と淡泊だったので、どれくらい試されたかはわかりません。

場内を回る日本代表の選手たち
場内を回る日本代表の選手たち

今はメンバー選考だ試している段階だと思いますが、6月のコパアメリカ(南米選手権)にはしっかり準備をして、南米の強豪を互角に戦えるようにしてほしいです。

 

サッカー 日本代表 VS コロンビア代表

今日行われたサッカーの日本代表VSコロンビア代表の試合、テレビで見ました。先発メンバーや前半の勢いで、かなり期待したのですが・・・・。結果は0-1で日本代表が負け、コロンビアが昨年のロシア・ワールドカップのリベンジを果たしました。

FIFAの世界ランキングで日本が27位になっていたのに少々驚きましたが、コロンビアはさすがに12位とかなり上になっているので、順当と言えば順当な結果です。南米のチームは攻めの個人技のイメージがありますが、それにバランスを取るように守備の個人技も優れているので、なかなか破れるものではありません。

キリンチャレンジカップの2連戦、先にFIFAランク60位のボリビアとやってからコロンビアという日程だったら、ボリビアを練習相手としてコロンビア相手にもっといい試合が出来ただろうなーと思いました。

来週火曜に神戸で行われるボリビアとの試合では、おそらく今日出場時間が少なかった選手が多く出ることになると思いますが、関西出身の選手が多様されると思うので、良いプレーそして得点をたくさん見たいと思っています。

 

2019 J1 ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス

3月17日日曜日、2019年シーズンのJ1第4節、ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルスの試合を観に行ってきました。この試合はテレビ中継が無いのですが、シーズンシートを買えなかったので、行くつもりではありませんでした。

15日に空席が多いんじゃないかと思って、チケットの販売状況をクラブのサイトで確認したら、やはりほとんどの席種で残席がありました。ところが、この試合の3日前の14日にヴィッセル神戸所属の西選手と山口選手がキリンチャレンジカップの日本代表に選ばれたのを祝って、二人の背番号22と5を使って2250円のスペシャルチケットが販売されていることをサイトで知りました。

2250円なら行こうかということで、私は楽天ペイで購入し、貯まっていたポイントも使って実質900円あまりでスペシャルチケットの購入ができました。どの席になるかは引き換えまでわからないということで、楽しみにして行きました。

ノエビアスタジアム
ノエビアスタジアム

自由席かもしれないので、試合開始2時間前にスタジアムに到着して入場チケットと引き換えました。もらえたのはビッグスタンド上段指定席だったので、4500円の席を半額で出してたんですね、たぶん。中継室と同じくらいの高さで、ちょうどテレビで試合を見るような感じでした。この日の入場者数は2万2500人あまりでしたから、3000席以上の空席があったようです。

今日の席からの眺め
今日の席からの眺め

前置きが長くなりましたが、神戸はどちらかと言うと、清水を苦手にしています。いつものようにボールを保持していますが、なかなかチャンスが作れず、前半は0-0。

神戸のコーナーキック
神戸のコーナーキック

後半4分に、イニエスタがペナルティエリアの中にするするとドリブルで切り込んで、ゴールライン付近から折り返すと、ポドルスキが角度の無い所から蹴り込んで先制。

このまま押し切るかと思われた試合終盤の後半43分、クリアミスを拾われてシュートされ、同点になって1-1で試合終了。同点にされた後も神戸は勝ちにこだわって決定機を作りましたが、今日の清水の最終ラインは集中力が高く、神戸の意外性のあるプレーに対して、試合を通して落ち着いて対応していました。

試合は1-1で終了
試合は1-1で終了

この試合、新加入のサンペール選手がJリーグデビューを果たしました。まだちょっと慣れない部分もあったようですが、国際強化試合でリーグは2週間開くので、チーム全体がさらに連携を高めてほしいです。

ホームでは勝たなきゃ
ホームでは勝たなきゃ

サッカー日本代表メンバー キリンチャレンジカップ2019

3月22日(金)と26日(火)に行われるキリンチャレンジカップ2019のサッカー日本代表メンバーが、発表されました。事前に注目されていた香川真司、鎌田大地、鈴木武蔵らが召集され、安西幸輝や畠中槙之輔など初召集の若いメンバーも選ばれました。

 

アジア大会をケガで欠場した中島翔哉も復帰。神戸で試合があるので、ヴィッセル神戸の山口蛍と西大悟の二人も選ばれています。アジアカップは決勝で敗れるという悔しい結果でしたが、6月のコパ・アメリカに向けて面白いメンバーが揃ったと思います。私も26日に観に行くので、すごく楽しみになってきました。

サッカー日本代表メンバー(2019.3.14、背番号は未定。)
■GK
東口順昭(ガンバ大阪)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
中村航輔(柏レイソル)

■DF
西大伍(ヴィッセル神戸)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
昌子源(トゥールーズ・フランス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
(初)安西幸輝(鹿島アントラーズ)
(初)畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
冨安健洋(シントトロイデン・ベルギー)

■MF
乾貴士(アラベス・スペイン)
香川真司(ベシクタシュ・トルコ)
山口蛍(ヴィッセル神戸)
小林祐希(ヘーレンフェーン・オランダ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ・ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ・スペイン)
中島翔哉(アル・ドゥハイル・カタール)
南野拓実(ザルツブルク・オーストリア)
守田英正(川崎フロンターレ)
堂安律(フローニンゲン・オランダ)

■FW
(初)鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
(初)鎌田大地(シントトロイデン・ベルギー)

 

 

2019 J1 ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖

3月2日土曜日、2019年シーズンのJ1第2節、ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖の試合を観に行ってきました。

今日はゴール裏から観戦。
今日はゴール裏から観戦。

W杯優勝経験者が4選手(スペインのイニエスタ、ビジャ、F・トーレス、ドイツのポドルスキ)が出場する試合ですし、期待の大きい神戸のホーム開幕戦ということもあって、2万5千人を超えるファンが詰めかけました。

開幕戦でファイヤーの演出。
開幕戦でファイヤーの演出。

ヴィッセル神戸は、事前にホームページで「全席完売」と告知していましたが、実際にはメインスタンド中段にはかなり空き席がありました。たぶん2万円前後の席です。

神戸のCK、鳥栖ゴール前。
神戸のCK、鳥栖ゴール前。

ま、そんなことはいいとして、試合の内容はやはり神戸がボールを支配して攻め続けました。ビジャがシュートをバーに当てるなど、惜しいチャンスもありましたが点が入らず、開幕戦(0-1の敗戦)が頭をよぎりました。

神戸のCK、ポドルスキからイニエスタへ。
神戸のCK、ポドルスキからイニエスタへ。

しかし後半、相手のミスを逃さなかったビジャがJリーグ初ゴールで先制。守備でもこの週に新加入、来日したばかりダンクレーがいきなりフル出場して、無難どころか好プレーで相手のF・トーレスや金崎に仕事をさせませんでした。とりあえず今季初勝利をあげたので、ひと安心でした。

スタンドに挨拶する神戸の選手。
スタンドに挨拶する神戸の選手。