レスター オーナー

イングランド・サッカー・プレミアリーグで、岡崎慎司選手が所属するレスター・シティ。そのタイ人オーナー・ウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏ら5人が亡くなったと報道されています。スタジアムで試合を観戦した後、移動するために離陸した直後に墜落したそうです。

プロサッカーチームを買い取るくらいですから、相当な実業家でお金持ちだったはずです。イングランドのクラブを買収したオーナーの中では庶民的で、クラブ、選手、ファンなどとも良い関係だったようです。

2010年に買収されたレスターは、2016年には奇跡と言われた初優勝を勝ち取りしました。岡崎をはじめとする選手補強にもオーナーが尽力したため、その功績がたたえられているそうです。

ショッキングで残念な事故です。ヘリは便利だけど、やっぱり危ないと思うな。

 

免振データ改ざん

「また出たか!」と言うべきか「どこもやってんじゃない?」と疑うべきか?また日本企業の製品データ改ざんが表ざたになりました。今回の免振データ改ざんも組織的な改ざんです。

免振ダンパーを取り入れているのは、中心的な地方自治体の庁舎や病院が含まれています。地震災害の時に備えて設置したものが、仕様通りでないとすれば、多額の賠償、補償が必要になります。一般市民の建物、住居に対しても同様です。今回の油圧機器メーカーKYBと子会社のカヤバシステムマシナリーは、耐えられるでしょうか?

補償を行うためにも存続してもらわないと困りますが、株価も下がるでしょうし、株主からも糾弾され、海外からはこれらの会社と日本の産業に対しても信用が下がるでしょうね。

そして、このようなニュースが流れると、数日内に同様な会社が謝罪会見をする傾向があります。「右へならえ」ではないのでしょうが、二番手ならやり玉に上げられないという心理でしょうか?残念なことです。私たちとしては、とにかく疑うこと、疑問を放置しないことが大切だと思いました。

 

日本代表メンバー発表

10月12日と16日に行われる強化試合のサッカー日本代表メンバー発表が行われました。今回の対戦相手は、パナマとウルグアイという今年のW杯出場国、特にウルグアイはベスト8に進んだ強豪国です。

前回は若手のテストの色合いが強かった日本代表ですが、今回は強豪相手ということもあってやはりロシアW杯に出場していた選手を7名召集しています。攻撃の要だった香川と乾はケガなのか入っていません。

23人を見ると、32歳が一番上で30歳以上は6人、25歳以下は10人で世代交代も意識されているようです。守備は吉田や長友がリーダー役になると思うのですが、中盤や攻撃の中心となる選手が少ないような気がします。

「半端ない」の大迫、柴崎、原口などのW杯メンバーに加え、浅野、中島、堂安などヨーロッパで活躍する選手がチームを引っ張る活躍してくれるのを楽しみにしています。

 

 

モドリッチ

今年のサッカーのFIFA年間最優秀選手は、クロアチアのルカ・モドリッチ選手が受賞しました。

2007年にACミランなどで活躍したカカが受賞した後の10年間は、メッシかクリスティアーノ・ロナウドのどちらかが受賞していたので、メッシ・ロナウド以外の受賞は11年ぶりなんですね。

モドリッチは、ロナウドも在籍したレアル・マドリード所属で、欧州一そして世界一のタイトルを獲っていて、今年のワールドカップではクロアチア代表チームのキャプテンとして、同国初の決勝戦進出を成し遂げました。

モドリッチは、メッシやロナウドと比べると個人プレーの派手さや凄さはありませんし、縁の下の力持ちで玄人受けするタイプの選手です。ワールドカップでの活躍が評価されたのが受賞の大きな要因になっていると思います。

逆に、メッシとロナウドはワールドカップで上位に進出できなかったので、受賞できなかかったのだと思います。(ロナウドは最終選考の3人に含まれたのですが、メッシは最終選考にも残らなかったそうです。)

今までたくさん走って苦労してきたモドリッチが、ワールドカップで優勝はできなかったけど、世界一の選手の称号を得たのは感慨深いものがあります。反面、メッシとC・ロナウド全盛の時代も終わったようです。

来年以降、誰が受賞するのか、メッシ・ロナウドのように何度もそして連続して受賞するような選手が現れるのか、興味を持っています。

 

年賀はがき

あと1か月半ほどで発売になる平成最後の年賀はがき。平成最後ということで、ひょっとしたら売り上げが伸びるかもしれませんね。

でも、私も意識して年賀はがきを減らしてきたように、誰もがメールやSNSを代わりに使うようになり、年々売り上げが減っています。その年賀はがきに関して、郵便局員の「自腹購入」「自爆営業」を廃止する方針が出たそうです。

ということは、今まで郵便局員はもちろんアルバイトの人にも、年賀はがきや暑中見舞いはがきの営業や購入を強要してきた事実があるということですよね。

本当に日本の役所やそれに近い組織は、パワハラや不正のオンパレードなんだと思います。こうした不正が少しずつ明るみに出て、改善されていくことを望みます。