カルロス・ゴーン

昨晩のトップニュースなので、もうさんざん報道されていると思いますが、日産とフランス・ルノーの会長であるカルロス・ゴーンが金融商品取引法違反容疑で逮捕されました。

これだけの大物が逮捕に至るまでには、裏でいろいろあったみたいですね。日産の外国人幹部が、自分の罪の罰を軽減してもらう代わりにゴーンの罪状を告発した司法取引があったそうです。当然それまでも警察がずっとマークして、情報源となりそうな部下に目をつけたんでしょう。結局、部下に裏切られて失脚ということですね。

でも、一番裏切られたのは、日産やルノーで働く労働者であり、株主たちでしょうね。元々破格の報酬を得ているのに、さらに会社の金を私的流用し、所得を少なく申告して脱税もしていたわけです。いったいそんなに金をかき集めて何をするつもりだったのか・・・。こつこつ働いている労働者たちが憤慨してインタビューに応じているのもよくわかります。

おそらくフランスなどでも悪事が暴露されるでしょうから、刑罰も日本とフランスなどでどんどん積算されるでしょうね。ゴーン欲(強欲)の果てにゴーンはどうなるのかなー?

 

白鵬 休場

大相撲横綱の白鵬が、今月11日から始まる九州場所を休場することが発表されました。以前から痛めていた右ひざの痛みが強くなったということで、右ひざの骨片除去と右足首の遊離軟骨除去の手術を受けたそうです。

以前の白鵬は、サポーターを全然しない力士だったのですが、やはり誰でも30歳を超えるといろんなケガや回復の遅れが出て来るんですね。稀勢の里のように長引かないといいですね。

 

 

レスター オーナー

イングランド・サッカー・プレミアリーグで、岡崎慎司選手が所属するレスター・シティ。そのタイ人オーナー・ウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏ら5人が亡くなったと報道されています。スタジアムで試合を観戦した後、移動するために離陸した直後に墜落したそうです。

プロサッカーチームを買い取るくらいですから、相当な実業家でお金持ちだったはずです。イングランドのクラブを買収したオーナーの中では庶民的で、クラブ、選手、ファンなどとも良い関係だったようです。

2010年に買収されたレスターは、2016年には奇跡と言われた初優勝を勝ち取りしました。岡崎をはじめとする選手補強にもオーナーが尽力したため、その功績がたたえられているそうです。

ショッキングで残念な事故です。ヘリは便利だけど、やっぱり危ないと思うな。

 

免振データ改ざん

「また出たか!」と言うべきか「どこもやってんじゃない?」と疑うべきか?また日本企業の製品データ改ざんが表ざたになりました。今回の免振データ改ざんも組織的な改ざんです。

免振ダンパーを取り入れているのは、中心的な地方自治体の庁舎や病院が含まれています。地震災害の時に備えて設置したものが、仕様通りでないとすれば、多額の賠償、補償が必要になります。一般市民の建物、住居に対しても同様です。今回の油圧機器メーカーKYBと子会社のカヤバシステムマシナリーは、耐えられるでしょうか?

補償を行うためにも存続してもらわないと困りますが、株価も下がるでしょうし、株主からも糾弾され、海外からはこれらの会社と日本の産業に対しても信用が下がるでしょうね。

そして、このようなニュースが流れると、数日内に同様な会社が謝罪会見をする傾向があります。「右へならえ」ではないのでしょうが、二番手ならやり玉に上げられないという心理でしょうか?残念なことです。私たちとしては、とにかく疑うこと、疑問を放置しないことが大切だと思いました。

 

日本代表メンバー発表

10月12日と16日に行われる強化試合のサッカー日本代表メンバー発表が行われました。今回の対戦相手は、パナマとウルグアイという今年のW杯出場国、特にウルグアイはベスト8に進んだ強豪国です。

前回は若手のテストの色合いが強かった日本代表ですが、今回は強豪相手ということもあってやはりロシアW杯に出場していた選手を7名召集しています。攻撃の要だった香川と乾はケガなのか入っていません。

23人を見ると、32歳が一番上で30歳以上は6人、25歳以下は10人で世代交代も意識されているようです。守備は吉田や長友がリーダー役になると思うのですが、中盤や攻撃の中心となる選手が少ないような気がします。

「半端ない」の大迫、柴崎、原口などのW杯メンバーに加え、浅野、中島、堂安などヨーロッパで活躍する選手がチームを引っ張る活躍してくれるのを楽しみにしています。