イチロー 引退

大リーグマリナーズでプレーしていたイチローが、日本での大リーグ開幕の試合の後引退の意向を明らかにしました。私は、野球にはまったく興味がありませんが、イチローがヒット量産機であること、大リーグで長く活躍して安打数の記録を更新したことなどは知っていました。国民栄誉賞をいずれ引退してからと辞退したことも知っていました。

それぐらい影響力のある稀有なスポーツ選手ですね。去年のニュースで所属球団の構想外となっていること、そして今年のニュースではマイナー契約でオープン戦に出場していたものの、打率が1割を切っていたことも聞いていました。だから、ひょっとしたらそろそろ引退なのかなと思っていました。

アメリカの報道では「イチローは日本では、エルヴィス・プレスリーとベーブ・ルースとビル・ゲイツを合わせたような人だ」と称えていましたが、人気、実力、富があるということでは当たっています。ただ、エルヴィスの人気やビル・ゲイツほどのお金はもらってないと思いますが、記録にも記憶にも残る細身の大選手でしたね。

イチローが語った言葉も面白いらしいので、またイチロー語録の本を読んでみたいと思っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イチローUSA語録 (集英社新書) [ イチロー ]
価格:712円(税込、送料無料) (2019/3/24時点)

 

ネットのニュースで「世界からヴの字が消える」って書いてあったので、びっくりしました。ヴィッセルやヴェルディが困るやんと思って。

しかし、よく読むと世界というのは外国の国名のことでした。外国の国名のカタカナ表記に限定してヴをやめるんですね。

で、どの国が対象かというと、現在はカーボ・ヴェルデとセントクリストファー・ネーヴィスのたった2か国だけ。しかし、普段まったく見聞きしません。

昔はベトナムやベネズエラもヴを使っていたそうですが、使われなくなると国会で法案を作成して変更するのだそうです。

国会でそんなことするんなら、この際、金輪際国名を表記する時はヴを使わないという法律を作っておけばよかったのにね。

 

沖縄県民投票

今日投票が行われた辺野古埋め立てに対する沖縄県民投票は、「反対」が有権者の4分の1を超えるそうです。この4分の1を超えると、沖縄県民の総意は「反対」であるということを日米の政府の通知するのだそうです。

県民投票の結果には、特に法的な拘束力が無いからこそ、日米の政府、政治家の対応が注目されることになると思います。つまり、国民のための政治を行う政府や政治家なら、法的な拘束力よりも国民の意見の方を尊重すると思うからです。

今日の沖縄県民投票の結果を受けても、日米の政府の方針に変わりは無いだろうというのが大方の意見ですが、対応の仕方によって今後の選挙の結果にも大きな影響が出るのではないでしょうか?県民投票で、「反対」が多数を占めることがはっきりしました。今後の日本政府、安倍首相がどんな対応や言動をするか、注目していきたいと思いました。

 

 

本庶佑さん

今年のノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑さんは、ノーベル賞の授賞式に羽織袴の和服で出席しました。奥様も和服の着物でした。授賞式に和服で出席したのは、ちょうど50年前にノーベル文学賞を受賞した川端康成以来だそうです。

私たちが外国の民族衣装を見るような目で、本庶さんの和服も見られているかもしれませんが、なんか「侍」という感じがして、良いような悪いような感じがしました。

日本文化のアピールという意味では良いような誇らしいような気がするのですが、150年ほど前まで鎖国して、こんな格好をして腰に刀を挿して歩いていたというのも事実。

でも、そんな侍の子孫が最先端の医学で人の命を救う技術を発明するようになったのだから、そのギャップもすごいなーと思いました。

 

セスク

サッカーJ1のヴィッセル神戸は、12月1日に元スペイン代表FWダビド・ビジャの来季の加入を発表しましたが、今度は同じく元スペイン代表のセスク・ファブレガスを獲得しようとしていると報道されています。

Jリーグの外国人枠が緩められるようですが、それでもポドルスキ、イニエスタ、ビジャに加えてセスクとは・・・。どんなポジションに配置するのかも気になるところです。はたして、セスクの加入は実現するか・・・。

しかし、高額な選手の獲得で選手の給料が上がったために、チケットの価格も引き上げられました。それにいずれも30代で全盛期を過ぎた選手ばかり。私ですら来季の高額なシーズンシートを買うかどうか迷っているほどです。今年のように毎試合満員になるかどうか、怪しいものです。