神戸ウォーター

ある本に、非加熱の地下水(湧水=ナチュラルミネラルウォーター)が体にも運にも良いと書いてありました。それで、ふと思い出したのが「神戸ウォーター」です。

昔から神戸では、神戸・布引の水は船に積んで、赤道を超えても腐らない、しかも美味しいと船員さんの間で好評だったそうです。それを思いだして、「神戸ウォーター」ってどんな水なんだろうと調べました。実は、近所に一回100円で「神戸ウォーター」が汲める神戸クアハウス(温泉・宿泊施設)があるのです。

神戸クアハウスのホームページによると、ここで汲める神戸ウォーターは、地下1000m近くで採水された非加熱のナチュラルミネラルウォーターで、日本の名水100選のひとつで、ミネラル含有分が高くてバランスも良く、天然の抗酸化物質が含まれているので腐りにくいのだそうです。

神戸ウォーターの自動販売機
神戸ウォーターの自動販売機

早速、500mlのペットボトル(130円)で買って飲んでみて、味とお腹に合うかどうか確認しました。翌日もお腹の調子は変わらなかったので、一回100円(2分間、約20リットル)で汲んで来て飲むことにしました。20リットルタンクもクアハウスで買いました。

ウォータータンクの説明
ウォータータンクの説明

タンクにコックが付いているのでウォーターサーバーみたいにしてボトルに移し、冷やして飲んでいます。採水地近くに住んでいる特権をもっと早くから活かせばよかったなーと思いました。

ウォータータンク買いました
ウォータータンク買いました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神戸ウォーター布引の水 20リットル
価格:2310円(税込、送料別) (2018/8/6時点)

熱中症予防

最近、「命の危険もある暑さ」と天気予報で言うので、水やお茶を飲む前に塩を少し手にとってなめてから飲んでいます。

 

水ばかり飲んでも、体は余分な水を排出しようとするそうです。体の中の電解質濃度が下がると良くないからですね。塩をなめると、(どれくらいがいいのか知らないのですが・・・)多少は電解質が体に入るので、飲んだ水を体の中にとどめるようです。

 

ところで、熱中症には大人よりも子供、子供よりもさらに犬がなりやすいそうです。子供や犬は、強烈に熱せられた地面に体が近いこと、そして犬は毛でおおわれている上に汗をかくことができません。自分の感覚や都合で、小さい子供や犬を連れて暑い時間に外出するのはやめた方がいいんですね。

サコッシュバッグ

楽天で注文したサコッシュバッグが今日届きました。サッカー観に行って、スタジアムで席を取った後、場外をウロウロするときに財布やスマホを入れるのにちょうどいい大きさのサブバッグを探していたんです。普段使いにも便利そう。

サコッシュバッグ
サコッシュバッグ、楽天で安いのを買いました。

 

生産性向上

最近ニュースなどでよく耳にする「生産性向上」。最近、テレビに出られなくされてしまった三橋貴明氏の『生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活する』(2017、彩図社)を読んで、改めて「生産性向上」とはどういうことか明確にわかりました。

 

日本は少子高齢化で、労働人口比率が下がっていますから、生産性向上をやらなければならないし、その技術を開発す確立すると、それが今後の日本の強みになると思います。そのほか、この本ではお金から生産性と文明の関係までとても面白い内容になっています。おすすめです。

 

 

パラソルハット

「パラソルハット」ってどんなのかなと思って検索したら、本当に日傘(パラソル)が頭の上に付いている帽子が出てきました。「なんだー、こんなのか。」と思いましたが、アウトドア用品のモンベルのパラソルハットは、男女とも普通に被れます。行楽やアウトドアの時の日よけや雨よけにいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンベル パラソルハット #1108435【CP】
価格:2777円(税込、送料別) (2018/3/30時点)