補助錠

今月から私の住んでいるマンションの大規模修繕が始まりました。もうほぼ最上階まで足場が出来ています。足場が出来ているということは、泥棒さんが入りやすいということで、窓のサッシに補助錠を使い始めました。

今使っている補助錠は、ねじでレールと窓枠の間を突っ張る一番シンプルなやつです。これ、けっこう強く締め付けないとダメですね。ゆるいと、サッシに押されて動いてしまいます。朝は先に補助錠を外さないと、窓が開かないから面倒です。

しばらくの間はカーテンを閉めて暗いのにも、騒音がうるさいのにも、不便なのにも我慢しなければなりません。

耐風傘

耐風傘、つまり風に強い傘には二通りあるようです。骨がしなやかで丈夫な物と、風の力をまともに受けない物です。

私は以前、風の力をまともに受けない傘を買いました。どんな傘かというと、傘の真ん中あたりにスリットがあるんです。真ん中というのは、傘の部分の軸から最外周の間の真ん中あたりのことです。ここのスリットを風が抜けるようになっているんです。風が抜けるんなら強風でも壊れないだろうと、値段も安かったのでネット通販の楽天で買ってみました。

スリットの部分は傘の生地が重なっていますし、傘を広げてさしている時は上の生地と下の生地の重なり部分が大きくて雨粒はスリットを入りません。しかし、問題はたたんだ時でした。

たたむとスリットの部分の生地が緩んで離れてしまい、底の抜けたポケットのようになります。そしてたたんだ時は、傘の先端が下を向き、傘の生地の表が下を向きます。つまり雨に濡れた面が下に向き、その途中にスリットの部分があるので、水が底を通って傘の内側にたまってしまうんです。傘を閉じたり開いたりを繰り返すと、傘の内側の先端近くに水滴が入り、さした時に柄を伝って来たり、ポタポタ頭に落ちて来ます。さらに、傘の内側が濡れるので、骨が錆びてしまいます。(この商品は現在、楽天で販売されていないようです。)

ですから、風を通すスリットのある耐風傘は要注意です。現物をよく見て、開いたときだけでなく、閉じた時にどうなるかも良く確かめることをおすすめします。私が今度耐風傘を買う時は、絶対に骨がしなやかで丈夫なタイプにするつもりです。

液晶付シンプルフォン

私は、固定電話は長い間J:COM PHONEを使っていました。ネットとテレビと3サービスだと多少お得なパック料金だったからです。ところが、8月末でJ:COM PHONEは終了して、J:COM PHONE PLUSになってモデムとかを置かなきゃいけないようになりました。

それで、固定電話をどうするか見直しました。無しにするか、他社にするか?固定電話の使用頻度から考えると、無しでもいいかなと思ったのですがいろいろな連絡先が固定電話の番号になっているので、いきなり無しにするわけにもいかないかと思いました。

他社をいろいろ検討したのですが、元々使っていたNTTに戻せば、停電時でも使えるメリットがあるのでNTTに戻すことにしました。でもよく考えたら、使っているFAX付電話機はAC電源に接続していないと使えません。停電時対応のバッテリーも搭載していません。

FAX付電話機と液晶付シンプルフォン
FAX付電話機と液晶付シンプルフォン

そこで、停電時でも使える電話機をネットで探しました。カシムラというメーカーのシンプルフォンというのが安価で良いと思いました。液晶付の方が、今自分がプッシュした番号が表示されるので、かけ間違いが無いと思い液晶付シンプルフォンにしました。

液晶付シンプルフォン
液晶付シンプルフォン

ナンバーディスプレイに対応していないのが残念ですが、AC電源は不要で、電話線のモジュラーコンセントに挿すだけで使えます。予備や増設の電話機にいいですよ。

定形外郵便 規格外

先日書いた、ワインコルクがヤフオク!(ヤフーオークション)で売れたので、発送の準備をしました。コルクを10個ビニール袋に詰めて、周囲を薄いクッションシートでくるみ、封筒に入れました。定形外郵便の料金をインターネットで調べて、100g以下の140円だと思っていました。ヤフオク!の送料の設定も140円にしていました。

ところが、郵便局の窓口で請求されたのは220円。今年の6月から厚さが3センチを超える定形外郵便物は「規格外」として、別料金が設定されていたのでした。クッションシートでくるんだのが失敗でした。

この規格外のことは、「ゆうびんホームページ」の料金計算のところでは、ぱっと見てわかりにくいです。定形外郵便の規格外というのが表示はされているのですが、どうなったら規格外なのかは「詳細」のボタンを押さないとわからないからです。多くの重量区分で50%-70%の範囲で料金が値上げされています。

5月に郵便受けに入っていた、「はがきの料金等を変更させていただきます」というはがき大のチラシの裏面には、上記の「詳細」の内容も含めて一覧表になっているので、持っている人は見てみてください。でも、ヤフオク!とかフリマをやっていない人は、あんまり定形外郵便で物を送らないかな?

ピラティスポール

「ピラティスポール」という商品を買いました。

ピラティスポール
ピラティスポール

本当は「ストレッチポール」という商品が元祖みたいで、類似品は「エクササイズポール」、「ピラティスポール」、「ヨガポール」という呼び方にしているらしいです。

なぜ買ったかというと、背中の疲れに効くかなと思ったからです。私は、ピラティスも「ストレッチポール」のこともまだ良くわからないので、疲れた時に背骨に沿った方向でポールの上に仰向けに乗っています。

そうすると胸が開き、背骨周りの筋肉も逆方向にストレッチされるので、かなり楽になります。背骨と垂直(ポールを体に対して横向き)にするとローラーマッサージもできます。丸太で遊んでいる熊みたいかな・・・?

ポールがけっこう固いので、背中が凝っている時は痛いくらいですが、確実にほぐれます。ちゃんとした使い方を覚えてエクササイズしたら、背骨や骨盤の歪みも矯正できるそうなので、少しずつ覚えるつもりです。