フクロウカフェ

時々行く神戸元町に、入ったことはないのですがフクロウカフェがあります。立て看板を見ると、たくさんいるみたいですね。でも、いつも「いいのかなー?」と笑ってしまうのが、左隣が焼き鳥屋さんということです。

フクロウカフェ
フクロウカフェの隣は焼き鳥屋さん。

考えてみれば、フクロウは肉食で小鳥やネズミなどを食べているわけですから、鶏肉も食べているのかもしれません。でも生で食べているでしょうから、隣から漂ってくる焼き鳥の臭いをどう思っているかはわかりませんね。私みたいに面白いことを探している人しか気にしてないのかな?

 

 

 

インドカレー 大人買い

レトルトですが、インドカレーを大人買いしました!

インドカレー 大人買い
インドカレーを大人買い

弟が帰省して来るので、美味しいインドカレーの店のレトルトパックをおみやげに持たせようと買いに行ったら、セールしてたんです。

賞味期限が8月30日までのが、1つ200円(定価310円)、3つで500円、7つで1000円だったので7つ購入。さらに賞味期限が年末までのもの(違う種類)が、4つで1000円だったのでこちらも購入。弟の分は別に3つでレトルトカレーを14個、紅茶を一袋買いました。

そしたらオマケを1つ選ばせてくれたので「コリアンダーチャトニ(チャツネ)」をいただいてきました。8月後半は、2日に1回はカレーです!

カリ パゴラ
カリ パゴラ、豆のコロッケとヨーグルトのカレー

扇風機

母が「使ってない扇風機があるからあげる」と言われてもらってきました。それを組み立てて、動かしてみて「ん?」と思いました。モーターの入っている本体の部分にシールが貼ってあって、こんなことが書いてあったんです。

「![設計上の標準使用期間]3年 設計上の標準使用期間を超えて使用されますと、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあります。」

つまり、「3年以上使うと、火が出たりケガしても知らんぞ。」ということですよね。そのすぐ上には製造年2011年とあります。もう7年目やん。

扇風機の注意書き
扇風機の注意書き、ワロタ!

ということで、この扇風機はこの夏の猛暑で仕事をしてもらったら捨てることにしました。もう一台も20年目なので、今年で勇退してもらうことにして、来年は扇風機を新調します。

みなとこうべ海上花火大会

昨晩、自宅のバルコニーからみなとこうべ海上花火大会を楽しみました。以前はメリケンパークやポートアイランド北公園までわざわざ出かけて、大きな花火を見たり、神戸の街をバックに上がった花火の写真を撮ったりしていました。

小さい頃から打ち上げ花火を見るのが大好きで、写真に撮ると目で見てわからなかった一瞬の花火の状態が見られるので、写真に撮るのも好きです。

でも、最近の暑さや、1時間のイベントに何時間も前から場所取りして、大混雑の中長時間歩いたりするのも嫌になりました。歳をとるってこういうことですかね?

2012年ロンドン五輪のサッカー日本代表の試合中継がこの花火大会と重なり、「自宅のバルコニーから花火は見えないのだろうか?」と思って出かけるのをやめて、試しに見てみたら、けっこうよく見えたんです。

さすがに距離もあるし、低い位置の花火はビルの陰になって見えませんが、高く上がった花火はほぼ見えます。ちょうど邪魔になる建物が少なかったんです。

というわけで、それ以来この花火大会は自宅のバルコニーから見ています。昨晩は、隣町の西宮の花火も同時に開催していて、両方を見ることができましたよ。

兵庫県花ののじぎく風花火
兵庫県花ののじぎく風花火
神戸のロックバンド「ワタナベフラワー」協賛、赤い花火
神戸のロックバンド「ワタナベフラワー」協賛、赤い花火
色が変化する「藍グラデーション」
色が変化する「藍グラデーション」
大迫力のフィナーレ
大迫力のフィナーレ

 

 

 

イニエスタ デビュー戦

今日、ヴィッセル神戸VS湘南ベルマーレ(2018Jリーグ第17節)の試合を観て来ました。18日に再来日して2日前に練習に合流した、スペインのスーパースター、アンドレス・イニエスタ選手のデビュー戦です。スタジアムは2万6千人を超える観衆で埋まり、選手がウォーミングアップに出て来た時にイニエスタ選手の姿があると、会場がどよめき大歓声に包まれました。

イニエスタ アップ中
イニエスタ アップ中
ヴィッセルの大旗
ヴィッセルの大旗

イニエスタ選手は当然スタメンではなく、後半中ごろからの投入でしたが、交替の用意ができた段階で会場の興奮は最高潮。この時点で、ヴィッセルは0-2でリードされている展開でしたが、「魔法使い」の異名を取るイニエスタが入ったら何かが起こるのではないかという期待が感じられました。

実際、イニエスタがボールに触るたびに大歓声が湧き起り、実際にすごいプレーを見せていました。しかし、せっかくイニエスタが好パスを出しても、ヴィッセルの選手が遅れる場面が多く、まだまだ連携に課題があります。というより、レベルの差が大きすぎるのが心配ですが・・・。結局、イニエスタのJリーグデビュー戦は、ホームで0-3の敗戦とく散々な結果となり、イニエスタもサポーターから容赦ないブーイングを受けていました。

0-3の敗戦
イニエスタのJリーグデビュー戦は、0-3の敗戦。

次の試合は6日後に同じホーム・ノエスタでの柏レイソル戦です。順位を上げてACL出場の3位以内に入るためには、もう一戦も落とせない状況。期待しています。