23回目の1.17

1995年の阪神淡路大震災から今日1.17は23回目なんですね。本当に早いものです。

確か、あの日は3連休開けの火曜日だったのですが、地震の前になぜか目が覚めていました。そして、ドーンという突き上げるような衝撃と窓ガラスがブルブル振動していたので、てっきり近所で爆発事故があったんだと思いました。私がいた神戸市須磨区の両親の実家では、ユラユラ揺れる状態ではなかったんです。

停電したので、何が起こったのか30分ほどはわかりませんでした。遠くの親戚などがすぐに電話してきてくれて、地震だったことを知りました。近くの電話の方が通じにくかったので、市内通話はほとんどかかりませんでした。

電気が来たのでテレビをつけたら、生田神社が全壊していてショックでした。高速道路が倒れていたり、住宅がぺしゃんこになっていたり、車の渋滞と混乱した街の様子が映し出されていました。

しかし、後で知ったのですが、多くの火災は電気の復旧による漏電火災だったそうです。家や建物の中で人が身動きが出来なくなった状態のところに、電気が復旧されて火が出てしまったのです。そして、渋滞で消防車が動きにくく、消火栓なども壊れて放水ができませんでした。

当時近くに住んでいた同僚の様子を見に行ったのですが、その当たりは完全に焼け野原でした。映画などで見た戦争の焼け野原と同じでした。そのまま避難所を何箇所か周りましたが同僚は見つからず、後日無事が確認できました。

いろいろショッキングなことがありましたが、多くの人が助け合い、ボランティアも自然発生的に集まって働いていました。私も出来ることを探していろいろしてみました。

そんな経験をしても、まだまだ防災意識や備えが十分とは言えません。もっともっと真剣に防災・減災対策をしようと、今日また思いました。

フロインドリーブのイルミネーション

フロインドリーブ生田店のクリスマスのイルミネーション。毎年見に行きます。

フロインドリーブ
フロインドリーブのイルミネーション 左
フロインドリーブ
フロインドリーブのイルミネーション 中央
フロインドリーブ
フロインドリーブのイルミネーション 右寄り

 

 

安倍でもわかる保守思想入門

『安倍でもわかる保守思想入門』(適菜収 KKベストセラーズ 2017年刊)を読みました。安倍とは、第98代総理大臣・安倍晋三のことです。著者は哲学者で作家で、ゲーテ、ニーチェ、三島由紀夫などの影響を受けた人だそうです。

で、著者は安倍首相の発言をこの本で徹底的に批判し、保守とはどういうものかを説明しています。私も、国会中継やニュースなどで安倍首相の発言内容が気になることが多いのですが、私にはどこが間違っっているのか自分でもよくわかっていませんでした。この本を読むと、安倍首相の発言が文章で書いてあるので、ここが問題なんだとはっきりわかりました。

著者は安倍首相以外にも多数の政治家を批判していますが、著者の書いていることが本当ならとんでもない人たちを私たち有権者が選挙で選んで、職位と給料を与えていることになります。この本が多くの人に読まれていれば、今年の衆議院選挙の結果は違っていたと思うのですが、残念です。今からでも一人でも多くの人に読んでいただきたいです。

神戸ルミナリエ2017

神戸ルミナリエ2017を見てきました。存続が危ういと言われながら、毎年豪華になっているような気がするのですが・・・、とにかくきれいでした。

私のヘタな文章より写真をアップしますね。

アーチ入り口
アーチ入り口
入り口の柱
入り口の柱
東遊園地のドーム
東遊園地のドーム
噴水広場の動くイルミネーション
噴水広場の動くイルミネーション

明治維新という名の洗脳

『明治維新という名の洗脳』(苫米地英人 ビジネス社 2015)を読みました。今年は、神戸港開港(兵庫開港)150周年で、いろいろイベントもあるのですが、その開港は1867年(慶応三年)の12月で、10月に大政奉還、11月に坂本龍馬の暗殺、12月に王政復古の大号令があった年です。

私が学生の時、日本史はよく行って江戸時代くらいまでで、近代史はほとんど授業で聞いたことがありません。だから、明治維新っていつ?という感じで興味を持ちました。

実は明治維新というのは、明治天皇が即位した1887年ではなく、翌年の1868年の元号が明治に変わってからを指すようですが、いつまでとかどういうイベントが明治維新かというといろいろな説があるそうです。

私は詳しくないので、そのへんは置いておいて、最初の苫米地先生の本は、やはり意外な事実を教えてくれる本でした。先にも書いたように、私達は学校の授業であまり近代史を習わず、司馬遼太郎などの小説、大河ドラマや映画から明治維新を、武士と鎖国の時代から文明開化と開国の時代への変化で、革新的で良いものというイメージを持っている人が多いと思います。

しかし、この本では明治維新は外国人が仕組んだもので、戦争の時代への移行で、そして現在までつながっている、引き続いていることが多いと割りとネガティブな面が書いてあります。坂本龍馬の暗殺についても、意外な説が書いてありました。実際には、明治維新については隠された事実が多く、謎に包まれた部分が多く、暗くドロドロとした部分も多いようです。興味のある方は読んでみてください。