ボーナスBIG

6月8日から22日まで販売されているサッカーくじの第1101回BIGは、ボーナスBIG。1等の配当金が普段よりBIG、高額なんです。

普段はキャリーオーバーがあれば最高6億円まで1口の当選に対して支払われます。配当金に上限があるため、1等の配当金が余ったとしても、1等当選1口に対して支払われる配当金は6億円以下です。

ところが、第1101回BIGはこの上限を最高12億円、普段の倍に引き上げています。第1101回の1等キャリーオーバーは10億円を超えているので、今回のBIGの売上で生じる1等配当金と合わせれば、1等の配当金が12億円以上になることはほぼ間違いないと思います。

この状況で、第1101回BIGの1等当選口数が1口だったら、その1口を買った人に12億円が支払われます。ただし、1等当選口数が複数になったら、1等配当金は均等に分配です。

例えば、配当金が15億円の場合、1等当選1口なら1等配当金は12億円で余った3億円は次回の1等のキャリーオーバーに回ります。同じく配当金が15億円で、1等当選が3口出たら1等配当金は5億円ずつになります。

「最高12億円」というのは、1等に当選したらもらえる額ではなく、キャリーオーバー、売上金額、そして1等当選口数の条件が揃わないと実現しません。

しかし、ボーナスBIGは、売上が増えるので普段より高額な配当が期待できます。一方、当選者数も増える可能性が高いので、そのあたりをよく考えて、適度な口数を買いましょう。1口も買わなければ12億円が当たる可能性はゼロのままですよ。



toto オフィシャルサイト

 

toto Goal3 またまた2等

水曜の第1040回 toto Goal3で、またまた2等に当選しました。配当金は5860円。

ルヴァンカップの試合が対象なので、普段のリーグ戦とは試合形式が違って読みにくい部分がありました。なんせ、代表ウィークに行われるので、各チームの日本代表選手や各国代表選手が抜け、出場選手からして読めないんですよねー。

今回1つだけはずしたG大阪は代表選手がDFとGKだったので、横浜Mの3得点以上は予想できたのですが、G大阪がホームで無得点とは・・・。「0」を選択肢に入れていたら、1等の19万2917円だったのに・・・(泣)。

しかし、今年はすでにtoto Goal3で1等1回、2等6回の計7回当選しています。去年の3回と比べて倍増しているのは、システム買いに変えたことと、それに伴って購入口数も増やしているからです。ただ、口数が増えた分の購入費は2等1回で十分に元が取れます。システム買いのコツがわかってきたので、毎週期待して買ってます。

toto Goal3 また2等

先週のtoto Goal3で、また2等に当選しました。いつものように、システム・リドット800円(ダブル4、トリプル1、2等補償)で買いました。でも、今回の2等は1,140円でした。1等も29,078円と大方の予想通りだったんです。

明日(水曜)もtoto Goal3があるので、がんばります。と言いつつ、得点を当てるのは勝敗よりも難しいといつも思っています。選択肢が4つと多い上、いろんな要素が絡むので、予想して当たるものではありません。大枠を予想しつつ、いかに効率良くばらつかせるかがコツだと思います。

私の場合、以前はシステムを使わずに好き勝手に予想してましたが、システムで効率的にばらつかせられるようになって、当選確率が上がっています。toto-Goal3は配当金が小さいものの、当選確率は高いので、他のくじも含めた購入資金を少しでも回収する目的で購入しています。

 

 

 

 

 

toto 中止

第1031回のtotoとBIG、100円BIG、BIG1000、miniBIGは、それぞれ最低成立試合数を満たさずに不成立、中止扱いとなりました。mini-totoA組、B組とtoto-Goal3はかろうじて成立しましたが、それぞれ中止になった試合があり、当選者数が激増し、配当金は低くなっています。

totoやBIGの指定試合が一部中止になると、中止になった試合はどの選択肢を選んでいても「正解」となります。つまり、対象試合数が減るのと同じで、当選確率は高くなり「当てやすく」なります。

ただし、toto・BIGの場合は配当金が当選者で山分けなので、当選者が多いと配当金は小さくなります。ですから、むやみにたくさん買っても、少ない配当金でがっかりということもあり得ます。

今回の第1031回では、J1で3試合、J2で4試合が中止になり、このうち5試合がtoto・BIGの対象試合だったので、上記のようにmini-toto A組・B組とtoto-Goal3の3つのくじ以外は不成立となりました。

私が土曜日に予想を始めた時点で、1試合中止が確定、購入前にはさらに2試合増えて3試合が中止決定となっていたので、いつもとは買い方を変えることにしました。「当てやすい」と思ってBIG系は多めに、toto系は「配当金が下がる」方の影響が多きいと思って少な目にしました。しかし、ほとんどが不成立で返金となり、また今週またがんばろう!という感じです。

 

 

toto Goal3 1等当選

いつも買っているサッカーくじのtoto-Goal3で、1等当選しました。第1029回の1等(68口)の配当金は106,731円でした。

私の今の買い方は、システムで8口(800円)です。システム・リドットというやり方で、『toto&BIG 黄金比システム』(中村成洋著、メタモル出版)で知りました。

システム・リドットは、システムを使う箇所は必ず全部当たるか1個しかはずれないという優れた賭け方です。しかもマルチで買う場合の5分の1以下の口数(掛け金)ですみます。詳細を知りたい方は、上記の著書をぜひ読んでみてください。2010年出版の本で絶版になり、中古本で値段が高くなっていますが、toto系のくじを当てれば簡単に元は取れます。

システムの組み方はいろいろあり、それに応じて口数と掛け金が変わります。toto -Goal3の場合、2等の平均配当金額が4,500円弱なので、私はそれ以下の賭け金になる買い方を選びました。現在はダブルを4箇所とトリプルを1箇所、システムを使わない決め打ちを1箇所という買い方にしています。

これをマルチで買うと4,800円になりますが、システム・リドットの「ダブル4トリプル1」なら、ちょうど6分の1の800円で済みます。しかし、toto-Goal3の場合は選択肢が4つの中でダブルやトリプルなので、どの2つまたは3つを選ぶかが大変です。そして最大の難関はシステムを使わない1つの選択肢で、これが当たっていないと2等の当選すら難しくなります。

選択肢6つ全てにシステムを使うことも当然できますが、掛け金が多くなるので、もう少し高額当選したらトライしてみたいと思っています。

『中古』3分で買い目、そして的中 toto&BIG黄金比システム (ギャ…