toto Goal3 また2等

先週のtoto Goal3で、また2等に当選しました。いつものように、システム・リドット800円(ダブル4、トリプル1、2等補償)で買いました。でも、今回の2等は1,140円でした。1等も29,078円と大方の予想通りだったんです。

明日(水曜)もtoto Goal3があるので、がんばります。と言いつつ、得点を当てるのは勝敗よりも難しいといつも思っています。選択肢が4つと多い上、いろんな要素が絡むので、予想して当たるものではありません。大枠を予想しつつ、いかに効率良くばらつかせるかがコツだと思います。

私の場合、以前はシステムを使わずに好き勝手に予想してましたが、システムで効率的にばらつかせられるようになって、当選確率が上がっています。toto-Goal3は配当金が小さいものの、当選確率は高いので、他のくじも含めた購入資金を少しでも回収する目的で購入しています。

 

 

 

 

 

toto 中止

第1031回のtotoとBIG、100円BIG、BIG1000、miniBIGは、それぞれ最低成立試合数を満たさずに不成立、中止扱いとなりました。mini-totoA組、B組とtoto-Goal3はかろうじて成立しましたが、それぞれ中止になった試合があり、当選者数が激増し、配当金は低くなっています。

totoやBIGの指定試合が一部中止になると、中止になった試合はどの選択肢を選んでいても「正解」となります。つまり、対象試合数が減るのと同じで、当選確率は高くなり「当てやすく」なります。

ただし、toto・BIGの場合は配当金が当選者で山分けなので、当選者が多いと配当金は小さくなります。ですから、むやみにたくさん買っても、少ない配当金でがっかりということもあり得ます。

今回の第1031回では、J1で3試合、J2で4試合が中止になり、このうち5試合がtoto・BIGの対象試合だったので、上記のようにmini-toto A組・B組とtoto-Goal3の3つのくじ以外は不成立となりました。

私が土曜日に予想を始めた時点で、1試合中止が確定、購入前にはさらに2試合増えて3試合が中止決定となっていたので、いつもとは買い方を変えることにしました。「当てやすい」と思ってBIG系は多めに、toto系は「配当金が下がる」方の影響が多きいと思って少な目にしました。しかし、ほとんどが不成立で返金となり、また今週またがんばろう!という感じです。

 

 

toto Goal3 1等当選

いつも買っているサッカーくじのtoto-Goal3で、1等当選しました。第1029回の1等(68口)の配当金は106,731円でした。

私の今の買い方は、システムで8口(800円)です。システム・リドットというやり方で、『toto&BIG 黄金比システム』(中村成洋著、メタモル出版)で知りました。

システム・リドットは、システムを使う箇所は必ず全部当たるか1個しかはずれないという優れた賭け方です。しかもマルチで買う場合の5分の1以下の口数(掛け金)ですみます。詳細を知りたい方は、上記の著書をぜひ読んでみてください。2010年出版の本で絶版になり、中古本で値段が高くなっていますが、toto系のくじを当てれば簡単に元は取れます。

システムの組み方はいろいろあり、それに応じて口数と掛け金が変わります。toto -Goal3の場合、2等の平均配当金額が4,500円弱なので、私はそれ以下の賭け金になる買い方を選びました。現在はダブルを4箇所とトリプルを1箇所、システムを使わない決め打ちを1箇所という買い方にしています。

これをマルチで買うと4,800円になりますが、システム・リドットの「ダブル4トリプル1」なら、ちょうど6分の1の800円で済みます。しかし、toto-Goal3の場合は選択肢が4つの中でダブルやトリプルなので、どの2つまたは3つを選ぶかが大変です。そして最大の難関はシステムを使わない1つの選択肢で、これが当たっていないと2等の当選すら難しくなります。

選択肢6つ全てにシステムを使うことも当然できますが、掛け金が多くなるので、もう少し高額当選したらトライしてみたいと思っています。

『中古』3分で買い目、そして的中 toto&BIG黄金比システム (ギャ…
 

W杯toto 3等当選

連日盛り上がっていたサッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)も準々決勝が2試合終わり、残りは6試合(全64試合)となりました。先週火曜日には日本がベスト16で敗退し、試合も間隔が開くようになって、日本のW杯熱も少し下がってしまいましたね。

先々週買ったグループリーグ第3戦が対象のW杯toto(第1019回)で、3等当選しました!

W杯totoは4年ごとに数回しかないのですが、人気が高く、売り上げも大きいので配当金も高額になるのが魅力。普段のJリーグ対象の3等だと数千円から5万円くらいですが、今回のW杯totoの3等は6万9500円でした。あと2試合当たっていたら、1億円でした・・・・(汗)

昨日の第1024回でW杯totoが終わり、しばらくはJ2中心のtotoですが、がんばって予想しています。2等の壁を越えたいです。

7億円BIG

普段は最高6億円(1等・キャリーオーバーがある時)のサッカーくじBIG。先週の第971回は、1等が最高7億7万7千円に引き上げられたスペシャル回でした。こういう回は購入者と購入口数が増えます。購入口数が増えると、1等の出る確率は高くなります。

普段は、購入口数がおよそ400万口台で、1等の当選確率の逆数と同じぐらいなので、1等は0口、1口、2口までが多いんです。今回の7億円BIGでは、購入口数が635万口を超え、1等は3口出ました。私は過去のデータでこのようなことを知っていたので、普段の倍の口数買いましたが、当たりませんでした。

ちなみに今回の7億円BIGの数学的な期待値は1口365円で、1口の価格300円よりも多くなりました。しかし、これは買ったら得するという意味ではありません。2-6等までの当選確率も普段より若干は高くはなりますが、配当金の配分と金額は圧倒的に1等が多くて、1等が期待値をうんと持ち上げているんです。それでも、予想しなくて良いBIGは運だけなので、誰にでもおすすめですよ。


まずはClub totoへ入会