2018J1 ヴィッセル神戸 VS FC東京

5月2日水曜日の夜、2018J1第12節、ヴィッセル神戸 VS FC東京の試合を観て来ました。あいにくの雨、連休の谷間の平日でしたが、9000人以上のファンが詰めかけました。

FC東京戦
ちょっと入りが悪かったFC東京戦。

現在2位と好調な相手ですが、ホームですし上位に付いていくためには落とせない試合。サブメンバーには昨年の開幕戦で負傷して以来のレアンドロが戻って来ました。神戸サポーターも久しぶりに歌うチャントで大歓迎です。

神戸サポーター
神戸サポーター

ポドルスキとレアンドロのコンビで得点を生んで欲しいと思っていたのですが、ポドルスキが前半に何かのアクシデントで交代してしまいました。ここで入ったのはレアンドロではなく、ウェリントン。パワフルでアグレッシブなプレーで相手ゴールに迫ります。

FC東京のコーナーキック
FC東京のコーナーキック

試合は一進一退でスコアが動かず。後半神戸はレアンドロを投入してブラジル人FWコンビで攻めましたが、コンビネーションがまだ合わないようで結局ゴールレス・ドローとなってしまいました。

0-0の引き分け。
0-0の引き分け。

苦手で2位にいるFC東京に負けなかったので、神戸の選手はよく頑張ったと思います。でも、次のリーグ戦は首位の広島とのアウェイ戦。ポドルスキ、レアンドロのコンピはもちろん、ウェリントンやハーフナー・マイクもいる強力攻撃陣なので、もっともっとゴールを奪って勝点を取っていけると期待しています。

サコッシュバッグ

楽天で注文したサコッシュバッグが今日届きました。サッカー観に行って、スタジアムで席を取った後、場外をウロウロするときに財布やスマホを入れるのにちょうどいい大きさのサブバッグを探していたんです。普段使いにも便利そう。

サコッシュバッグ
サコッシュバッグ、楽天で安いのを買いました。

 

Fish Analyzer

「Fish Analyzer(フィッシュアナライザー)」は、魚の鮮度や品質を計れる機械。魚の脂肪の状態を測ることで、鮮度や脂の乗り、つまり品質が判定できるんです。神戸の西隣の明石は「明石鯛」で有名ですが、そこの魚市場で使われているのがテレビで紹介されていました。

元は犬の体脂肪計からヒントを得て開発したそうです。個人が持つにはまだ高い機械ですが、魚の目利きが機械で出来たら、小売店にとっては厳しくなるかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魚用品品質状態判別装置「Fish Analyzer」DFA100フィッシュアナラ…
価格:117000円(税込、送料無料) (2018/4/30時点)

2018J1 ヴィッセル神戸 VS 川崎フロンターレ

2018J1 第11節ヴィッセル神戸 VS 川崎フロンターレの試合を観て来ました。ゴールデンウィークということで、スタジアム前にはたくさん鯉のぼりが上がってました。今日はいい天気で空も鯉のぼりもきれいでした。

スタジアムと鯉のぼり
スタジアムと鯉のぼり

試合は前半7分に川崎のコーナーキックのからピンチを防いだかと思ったのですが、最後クリアしきれずにいたところを押し込まれて前半7分に痛い失点。その後、神戸はボールをキープしてはいるものの、なかなか相手のゴール前にボールを運べず、シュートも前半は1本しか打てない状況。

川崎のコーナーキック
川崎のコーナーキック

しかし、後半は神戸が川崎ゴール前に攻め込んでいく回数が増え、78分に三田の豪快なボレーで1-1の同点にしました。ただ、その直後にカウンターを受けてチョン・ウヨンが相手と交錯してしまい、二度目のイエローカードで退場になって神戸は1人少なくなって苦しくなりました。

神戸サポーターの応援
神戸サポーターの応援

キーマンを失って主導権が川崎に移ってしまい、88分に日本代表の小林にシュートを決められ1-2の敗戦。なかなかホームで勝てません。4日後にはまた上位のFC東京との試合があるので、しっかり体を回復させ、メンバーも交代させながら勝点3を狙って欲しいです。

敗戦にがっくりのポドルスキ
敗戦にがっくりのポドルスキ

衣笠祥雄

元プロ野球広島カープの衣笠祥雄さんが、4月23日夜に亡くなったそうです。
大腸がんで、71歳だそうです。

現役時代は、とにかく2215試合もの連続試合出場という当時の世界記録を作り、国民栄誉賞を受賞し、「鉄人」と呼ばれていました。デッドボールを受けた回数も多く、中には肩の骨折という大けがまであったのに出場していたそうです。

でも、本人は痛みよりも試合に出られない方が辛いというほど野球が好きだったとインタビューで語っていました。

まあ、今ほどプロスポーツチームが選手の管理をきちんとしていなかったというのもあると思いますが、好きという気持ちが体を動かしていたんでしょうね。記録も残し、記憶にも残る豪快な大選手でした。