2018J1 ヴィッセル神戸 VS ヴィファーレン長崎

10月6日土曜日、2018J1 第29節 ヴィッセル神戸VSヴィファーレン長崎の試合を観に行ってきました。ここまでリーグ戦5連敗中のヴィッセル、最下位の長崎にホームで負けるとなると・・・。まあ、監督交代はついこの間したから無いとしても、残留争いに巻き込まれるのは必至です。

逆に勝てば勝点が39になり、例年であれば残留確定できる勝点です。神戸は連敗脱出と残留確定のために非常にモチベーションが高いと見ていました。しかし、相手の長崎も降格圏脱出に必死になっていますから難しい試合です。

イニエスタ
イニエスタが戻ってきました。

神戸はリージョ氏が正式に監督に就任し、イニエスタもベンチメンバーに入りました。試合前のスタジアムは、神戸サポーターの期待で盛り上がっていました。試合が始まると、これまでの試合とは違って神戸の選手は落ち着いた感じで、セカンドボールもほぼ拾って、根気よく何度も長崎のゴールに攻め込みます。

神戸サポ
イニエスタ復帰に湧くスタンド。

しかし、神戸DFが軽率に相手に突っかかって、体を入れ替えられ、長崎の選手に前を向かせてしまい、GKと1対1になって先制点を奪われてしまいました。これまでだと嫌な雰囲気になったり、慌ててしまいのですが、この日の神戸は落ち着いてしっかりと攻め続けました。

神戸のCK。
神戸のコーナーキックの場面。

長崎の得点の8分後に、スローインのこぼれ球からのシュートを決めて同点。その後も神戸がボールを支配して攻める時間が長かったのですが、どちらのチームも決定機を逃し、1-1で試合終了。どちらも勝点3が欲しかったのですが、選手たちの表情を見ていると「負けなくて良かった」という感じでした。

連敗ストップ
連敗ストップしてホッとした表情。

この後、日本代表の強化試合があるのでリーグ戦は2週間後に再開です。イニエスタがケガを完治させ、リージョ監督の指導が浸透していくと思います。少しでも勝点を取って上位を目指し続けてくれることを期待します。

 

 

日本代表メンバー発表

10月12日と16日に行われる強化試合のサッカー日本代表メンバー発表が行われました。今回の対戦相手は、パナマとウルグアイという今年のW杯出場国、特にウルグアイはベスト8に進んだ強豪国です。

前回は若手のテストの色合いが強かった日本代表ですが、今回は強豪相手ということもあってやはりロシアW杯に出場していた選手を7名召集しています。攻撃の要だった香川と乾はケガなのか入っていません。

23人を見ると、32歳が一番上で30歳以上は6人、25歳以下は10人で世代交代も意識されているようです。守備は吉田や長友がリーダー役になると思うのですが、中盤や攻撃の中心となる選手が少ないような気がします。

「半端ない」の大迫、柴崎、原口などのW杯メンバーに加え、浅野、中島、堂安などヨーロッパで活躍する選手がチームを引っ張る活躍してくれるのを楽しみにしています。

 

 

クリアファイル A4 二つ折りコンパック

キングジムの「クリアファイル A4 二つ折りコンパック」は、A4紙を半分にして入れられるクリアファイルです。

紙は折らずにすーっと入れるだけ。折り目も付かないようになっています。持ち運ぶ時は半分のA5サイズ並みの大きさなので、楽にカバンやバッグに入ります。

2018J1 ヴィッセル神戸 VS 鹿島アントラーズ

9月29日土曜日、台風の影響で雨模様の天気でしたが、ノエビアスタジアム神戸に2018J1 ヴィッセル神戸 VS 鹿島アントラーズの試合を観に行ってきました。

9.29 神戸 VS 鹿島
9.29 神戸 VS 鹿島

先日、新監督として発表されたリージョ氏は手続きが整わず、コーチとしての登録でベンチ入り。しかし、実質的には練習や戦術指導、メンバー選考もリージョ氏が行っているはず。この日はベンチの半分ほどを監督、コーチが占めるほどひしめき合っていました。

しかし、監督交代をして結果が出ることはそうそうありません。神戸はボールを持つのですが、鹿島のディフェンスに引っかかって逆襲を受けるというパターンが多く、前半に2点を取られてしまいました。

鹿島のコーナーキック
鹿島のコーナーキック

後半開始直後は神戸が鹿島を押し込んでいたのですが、キーパーのミスで3点目を献上すると完全に鹿島のペースになってしまいました。75分に0-4になった時点くらいから、席を立って帰るお客さんが多かったです。海外の試合ではよく見る光景ですが、神戸のスタジアムでは今日ほどのを見るのは初めてかもしれません。

ロスタイムにも失点して結果は0-5の大敗。せっかく完売御礼で2万3000人以上のファンが入ったのに、お目当てのイニエスタは欠場でホームチームは大敗、期待をおおいに裏切ったと言えます。

ファンと目を合わせるのが辛そうな選手たち
ファンと目を合わせるのが辛そうな選手たち

鹿島はリーグ戦序盤戦で苦労して順位が悪かったものの、現在アジアチャンピオンズリーグ(ACL)でベスト4まで行っているチームです。ACL出場を目指している神戸と、ACL優勝を目指している鹿島の差がはっきりと出た結果だと思います。

今季の神戸のACL出場権獲得(リーグ3-4位)は、非常に厳しい状態ですが、残り試合で監督を交代したことで光が見えてくるでしょうか?

 

 

宅配ロッカー

うちのマンションにも宅配ロッカーがあり、留守してる時に配達された荷物を保管できるようになっています。今日、よく会う郵便局の配達の人に呼び止められ、宅配ロッカーに荷物を間違えて入れてしまったと言われました。

この宅配ロッカーを内側から開けるには、部屋番号と暗証番号が必要です。自分以外の部屋の荷物の場合は、暗証番号がわからないので開けられません。配達の人が困っていたので、マンション管理会社に電話してみました。

そこから宅配ロッカーの会社の人に連絡がついて、管理者モードに入って扉を「強制開放」する方法を教えてもらいました。結局、「強制開放」で誤って入れた荷物を取り出すことができ、郵便局の人は大喜びでした。

こうした宅配ロッカーにも、人間が荷物を入れ間違えたり、暗証番号がわからなくなった時の対処方法がちゃんと用意してあるものなんですね。