ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス

2017 J1 第34節 ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルスを観戦してきました。前々節の広島戦同様、今回の清水もJ1残留をかけて挑んできます。広島戦をホームで1-2で落とした神戸は、それを教訓にしているはず、と思っていました。前半早々に神戸が先制した時点までは。

ウォーミングアップ風景
ウォーミングアップ風景
神戸の大旗
神戸の大旗

ところが、早い時間だったこともありますが、清水はすぐに円陣を組んで気合を入れ直し、猛然と攻め始めました。先制点から6分後に清水は同点にし、さらに7分後には逆転していました。神戸はボールを持っても有効な崩しができず、ボールを下げることが多く、観衆からも不満のヤジが飛ぶほどでした。

清水サポーター
清水サポーター
バックスタンド
バックスタンド

結局、後半も清水が1点追加して1-3で神戸はホーム最終戦を落とし、3連敗で今年のリーグ戦を終えました。そして、勝った清水は神戸のおかげで残留を決定しました。プレッシャーの中、必死に戦って勝った清水の選手とサポーターには、神戸のサポーターからも拍手が送られたほどです。

それにしても毎年「弱きを助ける」神戸には呆れてしまいます。自分たちがいつも残留争いをしているから、同情して負けてしまうのではないかとさえ思います。今日は最終節で、川崎フロンターレが逆転優勝し、初タイトルを手にしました。神戸にもいつかそんな日が来れば良いのですが・・・。

ホーム最終戦セレモニー
ホーム最終戦セレモニー

LOCK U

「LOCK U(ロックユー)」は、表面の数字キーで暗証番号を設定できるUSBメモリです。もし落として他人の手に渡っても、パソコンにセットしただけではデータが見られません。暗証番号を正しく入力しないとデータが見られない上、暗証番号を10回間違えると中のデータは消去されます。データを持ち出す必要がある人におすすめ。

 

GLUDIA 燻製器

「GLUDIA 燻製器」は、卓上くん製器で、テーブルの上で食材を手軽にくん製できます。片手で持てる機械から伸びたパイプで煙を送るので、お皿用のフタがあればOK。フタが透明なら、煙が見えて面白いです。しかも、この煙は熱くないので、冷たい食材は冷たいままいぶすことができるのも良いところ。チーズ、肉、ウイスキーなどいろいろ使えそうですね。

ACL2017決勝 浦和レッズ優勝

今日行われたACL2017決勝の第二戦、埼玉スタジアムで行われた浦和レッズVSアル・ヒラル(サウジアラビア)の試合をテレビの生中継で見ました。

ACL2017決勝第二戦
ACL2017決勝第二戦

アウェイの第一戦が1-1の引分けだったので、第二戦で浦和が勝つか、0-0の引分けなら優勝です。第二戦が1-1ならそのまま延長戦、両チームが2点以上取っての引分けならアル・ヒラルの優勝ですし、第二戦でアル・ヒラルが勝てば優勝です。

激しい決勝第二戦は、後半の終了間際まで0-0で進みました。試合内容は完全にアウェイのアル・ヒラルが優位で、浦和は相手の攻撃のシュートのところで食い止めていました。

アル・ヒラルも中盤でボールを失うことはありましたが、浦和の方がはるかにボールを失うことが多かったですし、一対一でも負けていました。相手の攻撃がもう少し良ければ確実に失点し、相手にペースを握られていたと思います。本当に薄氷の勝利だったと思います。

浦和レッズ優勝
浦和レッズ優勝

浦和が得点できたのも、相手が1人退場になってからだし、相手DFのミスのおかげでチャンスになったものです。しかし、これがサッカーだとも思います。

喜ぶ浦和サポーター
喜ぶ浦和サポーター

サッカーは、ボールを支配していたり、試合を優位に進めていても、得点を取れないと勝てないのです。この試合もそうでしたが、日本代表も来年のワールドカップでは、相手にボールやゲームを支配されると思います。いかに失点しないように耐え、少ないチャンスをモノにするか、今日の浦和レッズのようにうまくいくといいのですが・・・。

ブラックフライデー

「ブラックフライデー」と言う言葉を、最近は日本でも使うようです。もちろん元は英語。特にアメリカで感謝祭の後の金曜日で、年末商戦やセールの初日にするので、商売が黒字になる金曜日という意味です。「ブラックマンデー」は歴史的な株価大暴落の日のことですが、「ブラックフライデー」は儲かる日、良い日です。

 

その「ブラックフライデー」という言葉をいきなり日本の商店で使ったり、また黒いポスターを使ったりしていますが、消費者も何のことかあまりわかってないと思います。理由はわからんけど、なんかセールしてる?みたいなノリでもお客さんが来てくれればいいかという感じでしょうかね。