セスク

サッカーJ1のヴィッセル神戸は、12月1日に元スペイン代表FWダビド・ビジャの来季の加入を発表しましたが、今度は同じく元スペイン代表のセスク・ファブレガスを獲得しようとしていると報道されています。

Jリーグの外国人枠が緩められるようですが、それでもポドルスキ、イニエスタ、ビジャに加えてセスクとは・・・。どんなポジションに配置するのかも気になるところです。はたして、セスクの加入は実現するか・・・。

しかし、高額な選手の獲得で選手の給料が上がったために、チケットの価格も引き上げられました。それにいずれも30代で全盛期を過ぎた選手ばかり。私ですら来季の高額なシーズンシートを買うかどうか迷っているほどです。今年のように毎試合満員になるかどうか、怪しいものです。

 

2018J1 ヴィッセル神戸 VS ベガルタ仙台

12月1日土曜日、2018J1最終節の第34節、ヴィッセル神戸 VS ベガルタ仙台の試合を観に行ってきました。

ここの日も大入りのお客さん。
この日も大入りのお客さん。

この日は、シーズンシート5年継続者に対するピッチ上での表彰(?)が行われ、私も普段スタンドからしか見ていないピッチに入らせてもらいました。下から見上げるスタンド、足元の芝生の感触、テレビカメラやベンチなども間近に見て楽しんできました。

ハイブリッド芝のピッチ。
ハイブリッド芝のピッチ。
ゴール裏スタンド
ピッチから見たゴール裏スタンド。
アアウェイ側だけど、ベンチ。
アウェイ側だけど、ベンチ。

この日もキャプテンのポドルスキ、そしてイニエスタがスタメンで期待が大きかったのですが、前半はむしろ仙台が押し気味。30分すぎにヴィッセルが先制して、1-0で前半を終えることができました。

ハーフタイムには、なんとJリーグ入りが噂されていた元スペイン代表FWダビド・ビジャが三木谷氏が観覧席から手を振るサプライズも。

ダビド・ビジャ登場。
ダビド・ビジャ登場。

これが刺激になったわけではないでしょうが、ヴィッセルはさらに2点を追加。ところが、終盤なぜかガス欠のようになって仙台に2点を返され、まずい展開でしたがなんとか3-2で2018シーズンを勝利で終えることができました。

202018シーズン最終戦が終了。
2018シーズン最終戦が終了。

試合後は恒例のファイナルセレモニーで、三木谷会長、リージョ監督、ポドルスキ主将が挨拶。一人だけユニフォーム姿で最後までファンサービスを続けたポルディのサービス精神がすばらしかったです。

一人だけユニフォームのままのポルディ。
一人だけユニフォームのままのポルディ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴィッセル神戸『2019オフィシャルカレンダー』
価格:1500円(税込、送料別) (2018/12/4時点)

 

 

イルミネーション

神戸の三ノ宮駅からフラワーロードを北に行って、国体道路と交差した所を少し入ると、フロインドリーブのパンとお菓子の工場、カフェとお店があります。ここは、元々教会だったような建物で、毎年クリスマスが近くなるとイルミネーションを点灯します。

フロインドリーブのイルミネーション
フロインドリーブのイルミネーション

先日前を通った時は、クリスマスツリーなどの準備中でしたが、昨日前を通ったら点灯してました。これから約1か月間楽しめますよ。水曜日は定休日ですが、イルミネーションは点灯するのかな?

フロインドリーブのイルミネーション 正面
フロインドリーブのイルミネーション 正面

 

 

ゲノム編集

ゲノム編集って、遺伝子の特定の部分だけを改変・改善する技術なんですね。昨日、香港の学会にゲノム編集をして双子の赤ちゃんを誕生させたと言う中国人科学者が登壇しました。

しかし、世界中から真偽を疑う意見があふれているのは、やっぱり中国人だからなんでしょうね。これが、もしアメリカ人やイギリス人だったら、真偽は疑われないで、倫理的な話に集中するんだろうな。

日本人だったらどうだろう?ノーベル医学賞を取った人もいるけど、STAP細胞など論文を取り下げた人も多いから微妙ですねー。

Zepp play soccer

「Zepp play soccer(ゼップ プレイ サッカー)」は、サッカーの技術向上に役立つデータを計測できる装置です。装置と言っても、サポーターに入れる500円玉ほどの大きさのチップでGPSを利用したデータを送信し、スマホのアプリでデータ処理をします。

そうすると、テレビ放送などで紹介されている走行距離やダッシュ(スプリント)の回数などが記録されます。選手からは、走るのをサボれないという声も聞こえてきますが・・・。

Zepp Play Soccer