2018J1 ヴィッセル神戸 VS ヴィファーレン長崎

10月6日土曜日、2018J1 第29節 ヴィッセル神戸VSヴィファーレン長崎の試合を観に行ってきました。ここまでリーグ戦5連敗中のヴィッセル、最下位の長崎にホームで負けるとなると・・・。まあ、監督交代はついこの間したから無いとしても、残留争いに巻き込まれるのは必至です。

逆に勝てば勝点が39になり、例年であれば残留確定できる勝点です。神戸は連敗脱出と残留確定のために非常にモチベーションが高いと見ていました。しかし、相手の長崎も降格圏脱出に必死になっていますから難しい試合です。

イニエスタ
イニエスタが戻ってきました。

神戸はリージョ氏が正式に監督に就任し、イニエスタもベンチメンバーに入りました。試合前のスタジアムは、神戸サポーターの期待で盛り上がっていました。試合が始まると、これまでの試合とは違って神戸の選手は落ち着いた感じで、セカンドボールもほぼ拾って、根気よく何度も長崎のゴールに攻め込みます。

神戸サポ
イニエスタ復帰に湧くスタンド。

しかし、神戸DFが軽率に相手に突っかかって、体を入れ替えられ、長崎の選手に前を向かせてしまい、GKと1対1になって先制点を奪われてしまいました。これまでだと嫌な雰囲気になったり、慌ててしまいのですが、この日の神戸は落ち着いてしっかりと攻め続けました。

神戸のCK。
神戸のコーナーキックの場面。

長崎の得点の8分後に、スローインのこぼれ球からのシュートを決めて同点。その後も神戸がボールを支配して攻める時間が長かったのですが、どちらのチームも決定機を逃し、1-1で試合終了。どちらも勝点3が欲しかったのですが、選手たちの表情を見ていると「負けなくて良かった」という感じでした。

連敗ストップ
連敗ストップしてホッとした表情。

この後、日本代表の強化試合があるのでリーグ戦は2週間後に再開です。イニエスタがケガを完治させ、リージョ監督の指導が浸透していくと思います。少しでも勝点を取って上位を目指し続けてくれることを期待します。

 

 

イニエスタ 連続ゴール

昨日8月15日、2018Jリーグ第22節、ヴィッセル神戸VSサンフレッチェ広島の試合を見に行きました。夏休みでお盆休み、首位チームとの大事な試合、そしてポドルスキとイニエスタというスター選手の存在で、チケットは前売り完売でした。入場を待つ人も長蛇の列でした。

開門を待つファン。
開門を待つファン。
たくさん来ていた広島サポーター
たくさん来ていた広島サポーター

私は自転車で行ったのですが、途中で雨に降られ、さらにスタジアムの外でも列の中ですっかり雨に濡れてしまいました。暑いので風邪ひかなくて良かったです。

試合は、首位広島に神戸がやや劣勢で、先制点も取られたのですが、その直後にイニエスタが相手の隙を突くようなドリブルで横に移動し、シュートコースを開けたと思ったら正確なシュートをゴール左上隅に突き刺して同点としました。先発した試合は2試合連続ゴールです。その後はどちらも攻め込むものの得点を奪えず1-1の引き分けに終わりましたが、やはりイニエスタは一人別格な感じでした。

アップするイニエスタ
アップするイニエスタ

ポドルスキは骨折から復帰して実戦は2試合目で、中3日の日程もあって、ちょっとキツそうでしたが、やはり上手さと力強さを見せていました。イニエスタとポドルスキのコンディションが上がり、周囲の選手との連携が合って、全体のレベルが上がると、トップ3、ACL出場も見えてくると思います。今後もしっかり見ていきたいと思います。

アップするポドルスキ
アップするポドルスキ

 

ポドルスキ イニエスタ 先発

8月11日土曜日、この日は待ちに待ったポドルスキとイニエスタの復帰戦です。J1第21節、ヴィッセル神戸 VS ジュビロ磐田戦を観に行ってきました。

ポドルスキは左足の骨折で治療のため、イニエスタは家族を迎えに帰国したためチームを離れていましたが、ようやく二人のスター選手が揃うとあって、前売り券が完売になったそうです。

開門を待つ長蛇の列
開門を待つ長蛇の列

ただ、ケガ上がりだったり、時差ボケと旅疲れのため、二人とも先発するかどうかはわかりませんでした。しかし、そこはプロ。きっちりコンディションを上げて、二人とも先発になりました。

挨拶をするポドルスキ
ピッチでアップしながら観衆に挨拶をするポドルスキ

先発メンバーは試合の1時間ほど前にネットにアップされるのでスマホなどでわかりますし、スタジアムに神戸の選手が入って来た時には、ポドルスキが先頭で観衆がどっと沸き、さらにイニエスタの姿を見つけるとさらに大歓声でした。

アップするイニエスタ
ウォーミングアップをするイニエスタ

そして、イニエスタは前半15分にポドルスキのパスを受けて、絶妙なターンの後、ゴールキーパーを細かいフェイントでかわしてがら空きになったゴールにシュートを流し込みました。前半はこのゴールだけで1-0でしたが、ポドルスキ、イニエスタともに好プレーを連発して喝采を浴びていました。

後半の早い時間に神戸が追加点を取って2-0とし、磐田の猛反撃をPKの1点だけに抑えて勝ち切り、3試合ぶりの勝利となりました。

試合後に挨拶する選手たち
試合後に挨拶する神戸の選手たち

このお盆休み、4日後の15日水曜にも首位広島との試合があるので、首位との勝点差を縮めるためにも、順位を上げるためにもホームで勝ってほしいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴィッセル神戸『18_ワールドフェスタタオル(ドイツ)』
価格:1000円(税込、送料別) (2018/8/12時点)

イニエスタ 初スタメン

7月28日(土)の2018J1第18節、ヴィッセル神戸VS柏レイソルの試合を観に行ってきました。

入場待ちのファン
入場待ちのファン

 

この日も猛暑。スタジアムの脇にはプールやウォータースライダーが設営され、子供たちが水遊びに興じていました。

ウォータースライダー
ウォータースライダー

 

試合前には骨折で一時帰国していたポドルスキが、ピッチに姿を見せてファン・サポーターにあいさつし、会場を盛り上げていました。

ポドルスキ
ポドルスキ

 

この試合は期待通り、イニエスタが初スタメンで出場しました。そして、いきなり「タコかいな!」と言いたくなる、高く上げた足に吸い付くようなトラップを平然とやる半端なさ。

試合前
試合前

 

しかし、柏も守備をしっかりと締めていて、両チーム無得点の時間が続くいやな展開。しかし、後半20分に渡部から出たスルーパスに抜け出した郷家がニアい詰める増山に合わせて神戸が先制。結局このままスコアが動きませんでしたが、1点差が続くスリリングなゲームでした。

神戸のサイド攻撃
神戸のサイド攻撃

 

イニエスタは後半37分に交代。やはりチャンスを数多く作り出していた印象でした。しかし、後日試合の選手個人データを見てびっくりしました。

試合後のあいさつ
試合後のあいさつ

 

イニエスタは82分出場していて、スプリント回数はたったの3回!!つまり、スピードを上げる必要のある時だけスッと走るのです。いつもタラタラ走っているように見えて、あれだけプレーに絡めてボールに触っているのがすごいと思いました。

 

今後もっとコンディションが上がり、気候も穏やかになってきたら、そしてポドルスキと一緒いプレーしたら、とんでもないプレーが飛び出しそうで怖いくらいです。

地下鉄駅のポスター
地下鉄駅のポスター

 

 

 

イニエスタ デビュー戦

今日、ヴィッセル神戸VS湘南ベルマーレ(2018Jリーグ第17節)の試合を観て来ました。18日に再来日して2日前に練習に合流した、スペインのスーパースター、アンドレス・イニエスタ選手のデビュー戦です。スタジアムは2万6千人を超える観衆で埋まり、選手がウォーミングアップに出て来た時にイニエスタ選手の姿があると、会場がどよめき大歓声に包まれました。

イニエスタ アップ中
イニエスタ アップ中
ヴィッセルの大旗
ヴィッセルの大旗

イニエスタ選手は当然スタメンではなく、後半中ごろからの投入でしたが、交替の用意ができた段階で会場の興奮は最高潮。この時点で、ヴィッセルは0-2でリードされている展開でしたが、「魔法使い」の異名を取るイニエスタが入ったら何かが起こるのではないかという期待が感じられました。

実際、イニエスタがボールに触るたびに大歓声が湧き起り、実際にすごいプレーを見せていました。しかし、せっかくイニエスタが好パスを出しても、ヴィッセルの選手が遅れる場面が多く、まだまだ連携に課題があります。というより、レベルの差が大きすぎるのが心配ですが・・・。結局、イニエスタのJリーグデビュー戦は、ホームで0-3の敗戦とく散々な結果となり、イニエスタもサポーターから容赦ないブーイングを受けていました。

0-3の敗戦
イニエスタのJリーグデビュー戦は、0-3の敗戦。

次の試合は6日後に同じホーム・ノエスタでの柏レイソル戦です。順位を上げてACL出場の3位以内に入るためには、もう一戦も落とせない状況。期待しています。