2019 J1 ヴィッセル神戸 VS 鹿島アントラーズ

5月12日日曜日、2019J1第11節 ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズの試合を観て来ました。

ヴィッセル神戸はここまでリーグ戦は5連敗、公式戦6連敗。4月17日の監督交替後も全く勝てていません。ただ、対する鹿島もACLの激戦で酷暑のマレーシアでのアウェイに敗れています。

快晴のノエビアスタジアム。
快晴のノエビアスタジアム。

試合前、バスから降りた選手たちがサポーターのスタンド前に直行して激励を受けるという異例のイベントもありました。そして、試合前にはサポーターズスタンド(ゴール裏)だけでなく、バックスタンドも参加しての大コレコレオグラフィ―で雰囲気を盛り上げました。

試合前に選手が激励を受けます。
試合前に選手が激励を受けます。

試合が始まると、神戸の選手は奮闘しているのですが、かえって鹿島との差が歴然とする内容になりました。90分のボール保持率は58%と神戸が上回っているのにシュートはたったの5本。これに対して鹿島はシュート19本でした。

試合中。
試合中。

シュート19本を浴びた神戸はGKキム・スンギュやDFの攻守が無ければ3,4点取られていたはずで、1点に抑えたにはよく守ったと思いますが、攻撃はまったくダメでした。ケガ明けのイニエスタが途中出場してからも、ボールは持てるのですが決定的な崩しができず、パスを奪われて逆襲を食らうというパターンでした。

鹿島のコーナーキックの場面。
鹿島のコーナーキックの場面。

しかも、攻撃陣の中で気を吐いていた古橋が負傷してしまい、次節以降も不安が残る試合となりました。試合後の選手には、スタンドからはやはりブーイングもありました。

サポーターのブーイングも。
サポーターのブーイングも。

スター選手を獲得したからと言って、チケット代を上げたために観客数は昨年より減っています。リーグ戦6連敗したら上位争いよりも残留を考える方が現実的で、これまでのシーズンと変わりありません。

肩を落とす神戸の選手たち。
肩を落とす神戸の選手たち。

とにかく、選手・スタッフがスローガンのように「一致団結」して一戦一戦を戦うことと、攻撃はやはりアイデアが大切なので適度に遊び心と自信を持ってがんばってほしいです。

 

サッカー 日本代表 VS ボリビア代表

試合前の散水
試合前の散水

3月26日、ノエビアスタジアム神戸で行われたサッカーキリンチャレンジカップ2019、日本代表 VS ボリビア代表の試合を観戦してきました。久しぶりの国際試合で、君が代を歌いました。選手入場前には、会場の照明を落とし、皆でスマホのライトを灯してきれいでした。

スマホでいい雰囲気
スマホでいい雰囲気

22日のコロンビアはFIFAランクが12位の格上でしたが、今日のボリビアは60位。日本は27位なので、順位的には日本が格上です。しかし、ボリビアは日本に来る前に韓国と試合を行い、終了間際まで0-0で、終盤に1点を失って惜敗したということで、南米の国らしく守備が固く、個人技もしっかりしていますので楽観はできません。

試合前の選手整列
試合前の選手整列

日本は森保監督が公言していたように、先発メンバーを全員入れ替えていました。キャプテンは地元出身の香川真司と粋な計らいです。前半から日本がボールを支配し、サイドから崩しますが、ボリビアはなかなかシュートを許しません。また、この日は鎌田がワントップでしたが、なかなかターゲットとしての仕事はさせてもらえず、シュートやアシストができません。

日本のコーナーキック
日本のコーナーキック

日本は、香川、乾をはじめ、技術的に巧い選手が多いので、どうしてもボールを持ちすぎて取られてしまうシーンが多かったと思います。後半、中島、南野、堂安、柴崎、佐々木、鈴木武蔵を投入し、こちらのメンバーの方がパスの展開が良くなりました。左から相手ペナルティエリアに侵入した中島が決めた決勝点のほか、鈴木にも1、2度惜しいボールが入りました。

結果は1-0で日本の勝利でしたが、もう少し攻撃の崩しをやり切る、シュートまで持ち込むだけのコンビネーションと精度がまだまだだと感じました。安西、畠中、三浦、西の始めて一緒にやるディフェンスラインは、無難にプレーできていましたが、ボリビアの攻撃が割と淡泊だったので、どれくらい試されたかはわかりません。

場内を回る日本代表の選手たち
場内を回る日本代表の選手たち

今はメンバー選考だ試している段階だと思いますが、6月のコパアメリカ(南米選手権)にはしっかり準備をして、南米の強豪を互角に戦えるようにしてほしいです。

 

2019 J1 ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス

3月17日日曜日、2019年シーズンのJ1第4節、ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルスの試合を観に行ってきました。この試合はテレビ中継が無いのですが、シーズンシートを買えなかったので、行くつもりではありませんでした。

15日に空席が多いんじゃないかと思って、チケットの販売状況をクラブのサイトで確認したら、やはりほとんどの席種で残席がありました。ところが、この試合の3日前の14日にヴィッセル神戸所属の西選手と山口選手がキリンチャレンジカップの日本代表に選ばれたのを祝って、二人の背番号22と5を使って2250円のスペシャルチケットが販売されていることをサイトで知りました。

2250円なら行こうかということで、私は楽天ペイで購入し、貯まっていたポイントも使って実質900円あまりでスペシャルチケットの購入ができました。どの席になるかは引き換えまでわからないということで、楽しみにして行きました。

ノエビアスタジアム
ノエビアスタジアム

自由席かもしれないので、試合開始2時間前にスタジアムに到着して入場チケットと引き換えました。もらえたのはビッグスタンド上段指定席だったので、4500円の席を半額で出してたんですね、たぶん。中継室と同じくらいの高さで、ちょうどテレビで試合を見るような感じでした。この日の入場者数は2万2500人あまりでしたから、3000席以上の空席があったようです。

今日の席からの眺め
今日の席からの眺め

前置きが長くなりましたが、神戸はどちらかと言うと、清水を苦手にしています。いつものようにボールを保持していますが、なかなかチャンスが作れず、前半は0-0。

神戸のコーナーキック
神戸のコーナーキック

後半4分に、イニエスタがペナルティエリアの中にするするとドリブルで切り込んで、ゴールライン付近から折り返すと、ポドルスキが角度の無い所から蹴り込んで先制。

このまま押し切るかと思われた試合終盤の後半43分、クリアミスを拾われてシュートされ、同点になって1-1で試合終了。同点にされた後も神戸は勝ちにこだわって決定機を作りましたが、今日の清水の最終ラインは集中力が高く、神戸の意外性のあるプレーに対して、試合を通して落ち着いて対応していました。

試合は1-1で終了
試合は1-1で終了

この試合、新加入のサンペール選手がJリーグデビューを果たしました。まだちょっと慣れない部分もあったようですが、国際強化試合でリーグは2週間開くので、チーム全体がさらに連携を高めてほしいです。

ホームでは勝たなきゃ
ホームでは勝たなきゃ

Zepp play soccer

「Zepp play soccer(ゼップ プレイ サッカー)」は、サッカーの技術向上に役立つデータを計測できる装置です。装置と言っても、サポーターに入れる500円玉ほどの大きさのチップでGPSを利用したデータを送信し、スマホのアプリでデータ処理をします。

そうすると、テレビ放送などで紹介されている走行距離やダッシュ(スプリント)の回数などが記録されます。選手からは、走るのをサボれないという声も聞こえてきますが・・・。

Zepp Play Soccer

 

リベルタドーレス杯

南米サッカー連盟のクラブ対抗のカップ戦、リベルタドーレス杯。日本時間の明日早朝に決勝戦の2回戦目が行われ、南米クラブチャンピオンが決定します。その決勝戦の前に、準々決勝以降の試合を日テレG+が今週毎日のように録画放送してくれているので、見ています。

随所に南米サッカーらしさが感じられるのですが、昨日見たグレミオ(ブラジル)VS リバープレート(アルゼンチン)の準決勝2回戦目は大荒れとなりました。1回戦はリバープレートのホームでグレミオが1-0で勝っていて、2回戦もグレミオが1-0でリード。通算2点のリードだったんです。

2回戦目の残り試合が10分ほどになった時点でリバープレートが1点を返し、この試合は1-1になったのですが、VARでグレミオがハンドをしたとしてリバープレートにPKが与えられました。このPKが決まるとこの試合は1-2でリバープレートが勝ち、合計で2-2の引き分けですが、アウェイで2点を取ったリバープレートが決勝に進むことになりました。

PKをめぐって中断、さらに警備などの話し合いで中断が長引き、最終的にロスタイムが14分取られる以上事態。さらに、試合終了とともに地元チームに不利な判定をして決勝進出を阻んだレフリーたちを楯を持った警備者が取り囲んで保護しながら退場するというものものしさでした。

ピストル持ち込んでいるサポーターとかいたら怖いなーと思って見ていましたが、ニュースになっていないので大丈夫だったようです。決勝の2試合も明日見られると思うと楽しみです。