2018J1 ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖

11月10日土曜日、快晴。2018J1第32節、ヴィッセル神戸VSサガン鳥栖の試合を観に行ってきました。写真のように、空の青さが映えました。

快晴のノエビアスタジアム
快晴のノエビアスタジアム

リーグ戦もこの試合を入れて3試合。どちらもまだJ1残留を確定できていない11位と16位での対戦です。ヴィッセルは今日勝てば残留確定なので、ホームできっちり勝ちたいはず。

盛り上がるゴール裏サポ
盛り上がるゴール裏サポ

この日は元スペイン代表の二人、アンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスの対決もあり、前売り券は完売。ポドルスキと合わせて3人のワールドカップ優勝経験者がピッチに立つ試合となりました。そのためか、この日のスタジアムにはケーブルカム(スパイダーカメラ)が初導入され、神戸の選手紹介の時は火柱も上がりました。

空撮用ケーブルカム
空撮用ケーブルカム
火柱のアトラクション
火柱のアトラクション

試合は、残留のために勝点が欲しい鳥栖が優勢に進めました。しかし、鳥栖のシュートを許さず、神戸は徐々に攻めの形を作ります。前半38分のポドルスキのボレーシュートは、鳥栖の選手の腕に当たり、それがビジョンにも映されましたが、JリーグはVAR(ビデオアシスタントレフリー)がまだ採用されていませんので、判定は変わりません。

後半は神戸が優勢となり両チームのシュート数も増えて面白くなったのですが、結局スコアレスドロー0-0でした。天皇杯のリベンジも果たせず、残留も確定できず、残念な結果です。それにしてもなんで、毎年残留争いの方に加わってしまうのかなー?

試合後
試合後

ヴィッセル神戸 公開練習

ヴィッセル神戸 公開練習
ヴィッセル神戸 公開練習

10日ほど前の10月24日、サッカーJ1、ヴィッセル神戸の公開練習を観に行ってきました。イニエスタが来た8月以降、練習が基本非公開になってしまい、一般のファンには月に1度程度しか公開されなくなりました。ファンサービスとして、写真を撮ったりサインをしてもらうチャンスは、すごく減ってしまいました。

さらに、公開練習がノエビアスタジアムで行われ、バックスタンドのファンの所に来てくれない選手も多いのが困ったものです。ポドルスキやイニエスタは慣れたもので、たくさんのファンに並ばれてもファンサービスをこなしていますが、ファンもかなり寄り集まってしまい、後方の人は選手を見ることすらできません。

練習中のイニエスタ
練習中のイニエスタ

私はシーズンシートを持っているので、限定パーティに申し込んだのですが落選してしまい、まだイニエスタのサインをもらえていません。なので、街に行く時はどこでイニエスタと出会ってもサインしてもらえるように、雑誌とマジックを持ち歩いています。以前、百貨店でボクシングの世界チャンピオンに会ったことがあるので、偶然もバカにしたものではないと思います。

 

日本代表 VS ウルグアイ代表

サッカーのキリンチャレンジカップ 日本代表 VS ウルグアイ代表の試合が、埼玉スタジアムで行われました。私はテレビで生中継を見ました。

日本が先制した時は、「これでウルグアイが本気になって逆転されるだろうなー。」と思いました。しかし、日本に2点目が入ると、「これはウルグアイでも簡単に日本には勝てないな。」と思いました。前半にウルグアイも1点取って2-1でハーフタイム。

後半立ち上がりからウルグアイが猛攻をしかけ、2-2に追いつかれた時は完全にウルグアイのペースでしたが、その後日本がリズムを取り戻し、堂安のA代表初ゴール、南野のこの試合2得点目で4-2としました。ウルグアイもしぶとく4-3と1点差にしますが、試合はそのまま終了。

ウルグアイはエースストライカーのスアレスを欠き、アジア遠征で韓国にも負けた後だったので、あまりパフォーマンスが良くはありませんでしたが、試合後にウルグアイの選手たちが相当怒って審判にクレームをつけていたので、本気でやっていたようです。

世界ランク5位でロシアW杯ベスト8のメンバーがほぼ揃って出場したウルグアイに勝てたのは、すごいことだと思います。来年1月のアジアカップに向けて、さらに連携が高まってチームが完成していくと結構いいチームができそうですね。楽しみです。

2018J1 ヴィッセル神戸 VS ヴィファーレン長崎

10月6日土曜日、2018J1 第29節 ヴィッセル神戸VSヴィファーレン長崎の試合を観に行ってきました。ここまでリーグ戦5連敗中のヴィッセル、最下位の長崎にホームで負けるとなると・・・。まあ、監督交代はついこの間したから無いとしても、残留争いに巻き込まれるのは必至です。

逆に勝てば勝点が39になり、例年であれば残留確定できる勝点です。神戸は連敗脱出と残留確定のために非常にモチベーションが高いと見ていました。しかし、相手の長崎も降格圏脱出に必死になっていますから難しい試合です。

イニエスタ
イニエスタが戻ってきました。

神戸はリージョ氏が正式に監督に就任し、イニエスタもベンチメンバーに入りました。試合前のスタジアムは、神戸サポーターの期待で盛り上がっていました。試合が始まると、これまでの試合とは違って神戸の選手は落ち着いた感じで、セカンドボールもほぼ拾って、根気よく何度も長崎のゴールに攻め込みます。

神戸サポ
イニエスタ復帰に湧くスタンド。

しかし、神戸DFが軽率に相手に突っかかって、体を入れ替えられ、長崎の選手に前を向かせてしまい、GKと1対1になって先制点を奪われてしまいました。これまでだと嫌な雰囲気になったり、慌ててしまいのですが、この日の神戸は落ち着いてしっかりと攻め続けました。

神戸のCK。
神戸のコーナーキックの場面。

長崎の得点の8分後に、スローインのこぼれ球からのシュートを決めて同点。その後も神戸がボールを支配して攻める時間が長かったのですが、どちらのチームも決定機を逃し、1-1で試合終了。どちらも勝点3が欲しかったのですが、選手たちの表情を見ていると「負けなくて良かった」という感じでした。

連敗ストップ
連敗ストップしてホッとした表情。

この後、日本代表の強化試合があるのでリーグ戦は2週間後に再開です。イニエスタがケガを完治させ、リージョ監督の指導が浸透していくと思います。少しでも勝点を取って上位を目指し続けてくれることを期待します。

 

 

日本代表メンバー発表

10月12日と16日に行われる強化試合のサッカー日本代表メンバー発表が行われました。今回の対戦相手は、パナマとウルグアイという今年のW杯出場国、特にウルグアイはベスト8に進んだ強豪国です。

前回は若手のテストの色合いが強かった日本代表ですが、今回は強豪相手ということもあってやはりロシアW杯に出場していた選手を7名召集しています。攻撃の要だった香川と乾はケガなのか入っていません。

23人を見ると、32歳が一番上で30歳以上は6人、25歳以下は10人で世代交代も意識されているようです。守備は吉田や長友がリーダー役になると思うのですが、中盤や攻撃の中心となる選手が少ないような気がします。

「半端ない」の大迫、柴崎、原口などのW杯メンバーに加え、浅野、中島、堂安などヨーロッパで活躍する選手がチームを引っ張る活躍してくれるのを楽しみにしています。