2018J1 ヴィッセル神戸 VS ヴィファーレン長崎

10月6日土曜日、2018J1 第29節 ヴィッセル神戸VSヴィファーレン長崎の試合を観に行ってきました。ここまでリーグ戦5連敗中のヴィッセル、最下位の長崎にホームで負けるとなると・・・。まあ、監督交代はついこの間したから無いとしても、残留争いに巻き込まれるのは必至です。

逆に勝てば勝点が39になり、例年であれば残留確定できる勝点です。神戸は連敗脱出と残留確定のために非常にモチベーションが高いと見ていました。しかし、相手の長崎も降格圏脱出に必死になっていますから難しい試合です。

イニエスタ
イニエスタが戻ってきました。

神戸はリージョ氏が正式に監督に就任し、イニエスタもベンチメンバーに入りました。試合前のスタジアムは、神戸サポーターの期待で盛り上がっていました。試合が始まると、これまでの試合とは違って神戸の選手は落ち着いた感じで、セカンドボールもほぼ拾って、根気よく何度も長崎のゴールに攻め込みます。

神戸サポ
イニエスタ復帰に湧くスタンド。

しかし、神戸DFが軽率に相手に突っかかって、体を入れ替えられ、長崎の選手に前を向かせてしまい、GKと1対1になって先制点を奪われてしまいました。これまでだと嫌な雰囲気になったり、慌ててしまいのですが、この日の神戸は落ち着いてしっかりと攻め続けました。

神戸のCK。
神戸のコーナーキックの場面。

長崎の得点の8分後に、スローインのこぼれ球からのシュートを決めて同点。その後も神戸がボールを支配して攻める時間が長かったのですが、どちらのチームも決定機を逃し、1-1で試合終了。どちらも勝点3が欲しかったのですが、選手たちの表情を見ていると「負けなくて良かった」という感じでした。

連敗ストップ
連敗ストップしてホッとした表情。

この後、日本代表の強化試合があるのでリーグ戦は2週間後に再開です。イニエスタがケガを完治させ、リージョ監督の指導が浸透していくと思います。少しでも勝点を取って上位を目指し続けてくれることを期待します。

 

 

日本代表メンバー発表

10月12日と16日に行われる強化試合のサッカー日本代表メンバー発表が行われました。今回の対戦相手は、パナマとウルグアイという今年のW杯出場国、特にウルグアイはベスト8に進んだ強豪国です。

前回は若手のテストの色合いが強かった日本代表ですが、今回は強豪相手ということもあってやはりロシアW杯に出場していた選手を7名召集しています。攻撃の要だった香川と乾はケガなのか入っていません。

23人を見ると、32歳が一番上で30歳以上は6人、25歳以下は10人で世代交代も意識されているようです。守備は吉田や長友がリーダー役になると思うのですが、中盤や攻撃の中心となる選手が少ないような気がします。

「半端ない」の大迫、柴崎、原口などのW杯メンバーに加え、浅野、中島、堂安などヨーロッパで活躍する選手がチームを引っ張る活躍してくれるのを楽しみにしています。

 

 

モドリッチ

今年のサッカーのFIFA年間最優秀選手は、クロアチアのルカ・モドリッチ選手が受賞しました。

2007年にACミランなどで活躍したカカが受賞した後の10年間は、メッシかクリスティアーノ・ロナウドのどちらかが受賞していたので、メッシ・ロナウド以外の受賞は11年ぶりなんですね。

モドリッチは、ロナウドも在籍したレアル・マドリード所属で、欧州一そして世界一のタイトルを獲っていて、今年のワールドカップではクロアチア代表チームのキャプテンとして、同国初の決勝戦進出を成し遂げました。

モドリッチは、メッシやロナウドと比べると個人プレーの派手さや凄さはありませんし、縁の下の力持ちで玄人受けするタイプの選手です。ワールドカップでの活躍が評価されたのが受賞の大きな要因になっていると思います。

逆に、メッシとロナウドはワールドカップで上位に進出できなかったので、受賞できなかかったのだと思います。(ロナウドは最終選考の3人に含まれたのですが、メッシは最終選考にも残らなかったそうです。)

今までたくさん走って苦労してきたモドリッチが、ワールドカップで優勝はできなかったけど、世界一の選手の称号を得たのは感慨深いものがあります。反面、メッシとC・ロナウド全盛の時代も終わったようです。

来年以降、誰が受賞するのか、メッシ・ロナウドのように何度もそして連続して受賞するような選手が現れるのか、興味を持っています。

 

アジア大会 男子サッカー 決勝

昨晩のアジア大会 男子サッカー決勝、日本VS韓国をテレビで見ました。韓国はU-23でオーバーエージも使っていて、ソン・フンミンもいるし、日本はU-21で国内組だけだから、日本は不利だと思っていました。

でも、攻め込まれながら日本が絶えて、緊張感のある接戦で惜しかったですねー。90分でスコアが動かず0-0。

延長の前半にちょっとしたスキが出来て韓国に先制され、その後のFKで取られた2点目が痛かったし、結局決勝点になってしまいました。2点目を取った選手に誰かヘディングの強い選手が競っていれば・・・と思いました。

延長後半に日本が1点を返した時は、ひょっとしたら同点にできるかもと思ったのですが・・・。決勝で、俊足の前田やテクニシャンの三苫が出ていたら、勝てたかもしれないなー。

選手にはこの試合の悔しさを、私たちファンは期待を2年後の東京五輪まで持ち続けましょう。

アジア大会 男子サッカー 準決勝

昨晩のアジア大会 男子サッカー 準決勝、日本 VS UAE(アラブ首長国連邦)の試合を観てましたが、途中で寝てしまい、決勝点の場面を見逃してしまいました。(泣)

でも、日本が勝って決勝に行ったのが良かったです。前日に女子のなでしこジャパンも韓国を破って決勝進出を決めていたので、これで男女とも銀メダル以上です。

最後は男子が韓国と、女子が中国との決勝になります。ここまで来たら、執念を見せてどちらも優勝・金メダルを獲ってほしいです。