ルヴァンカップ決勝 セレッソ大阪 VS 川崎フロンターレ

今日の午後、ルヴァンカップ決勝 セレッソ大阪 VS 川崎フロンターレを生中継で見ました。どちらが勝っても初優勝で、どちらも初タイトルになるという大事な試合。特に川崎は今までにこの大会(ナビスコカップの名称の時を含めて)で3回も決勝で敗れているだけに、思い入れは強いはずと思っていました。

 

ところが試合開始直後、川崎のディフェンダーが浮き球の処理を誤って、セレッソ大阪のFW杉本にボールがこぼれ、難なくGKと一対一になって冷静に先制点を決められてしまいました。しかし、その後は想像以上に川崎がボールを保持し、セレッソが守備をするという展開に傾きました。中継のデータにも出ていたように、川崎は後半の得点が多いので、同点になるのも時間の問題だと思っていました。

 

しかし、セレッソは自陣に押し込まれるものの、シュートを打たせなかったり、ブロックして、惜しいシュートもほとんんどありませんでした。川崎はJ1の神戸戦(0-0)、天皇杯の柏戦(0-1)もボールを支配しながら無得点に終わりましたが、この試合も結局0-2の敗戦。一発勝負の決勝なので、勝者と敗者の明暗がくっきり別れました。

 

まだ1ヶ月以上先ですが、天皇杯の準決勝で今回優勝したセレッソ大阪とヴィッセル神戸が対戦します。セレッソは今日の初タイトルで自信を付けたと思いますが、ヴィッセル神戸にこの強敵を倒して決勝に進んで神戸にも初タイトルをもたらしてほしいと思いました。今日のセレッソサポーターのようになりたいです。

ヴィッセル神戸 VS セレッソ大阪

2017サッカーJリーグJ1第13節、ヴィッセル神戸VSセレッソ大阪の試合を見てきました。
今年からセレッソ大阪とガンバ大阪との試合は「阪神ダービー」ではなくて、「神阪(しん
はん)ダービー」と呼ぶとクラブが決めたそうです。ちょっと言いにくいです。

近距離なので、セレッソサポーターもたくさん入って観衆は2万人超え。
試合前にはホームのヴィッセル神戸の特大旗をピッチに広げ、女の子たちがフラッグを
振って選手を迎えました。

セレッソ大阪戦試合前
セレッソ大阪戦試合前
セレッソ大阪戦キックオフ
セレッソ大阪戦キックオフ

しかし、セレッソは山口蛍、清武弘嗣の2人の日本代表とソウザで組む中盤が効いてい
て、中盤でボールを奪い、ヴ神戸に決定機をなかなか作らせません。1-1で前半を終え、
後半は神戸が攻撃的な選手を次々と投入しましたが、ミスからカウンターを受けて失点。
1-2の敗戦となりました。

カップ戦ではホームでの勝ちがあるものの、リーグ戦は3月18日に勝って以来2ヶ月以上、
5試合もホームで勝ちがありません。私は「負けて一番悔しいと思っているのは選手」と信
じているので、負けた後の選手にヤジを飛ばしたりブーイングしたりはしません。
でも、今季もリーグ優勝は無いと思いました。

敗戦に肩を落とす神戸の選手
敗戦に肩を落とす神戸の選手

ベテランよりも若い選手で代表に入るような選手が出てこないとチームは強くならないと思
います。
今のヴィッセルには日本代表を数試合経験したような選手はいても、今のW杯予選の日
本代表に呼ばれている選手は一人もいないのがレベルを表していると思いました。