ルヴァンカップ2018 ヴィッセル神戸 VS 湘南ベルマーレ

5月9日水曜日、サッカーJリーグ、ルヴァンカップ2018のグループステージ第5節、ヴィッセル神戸VS湘南ベルマーレの試合に行って来ました。グループステージ突破をすでに決めている神戸は、若手やサブ組ばかりでした。ポドルスキはケガで出場しないし、平日の夜で、肌寒いという状況で観衆の数は4000人ほど。けっこうガラガラです。

空席が目立つスタンド
空席が目立つスタンド

しかし、試合は単純に面白かったです。若い選手がアピールしようとスピードと激しさのある内容で、結果は3-4と7つもゴールが生まれました。けっこうお腹いっぱいになりました。

神戸のコーナーキック
神戸のコーナーキック

神戸がしょうもない失点を2つしなければ、3-2で勝てたのですが・・・。一週間後にグループステージ最終戦がホームであるので、そこで勝って1位で突破してほしいです。

試合後の神戸の選手たち
試合後の神戸の選手たち

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴィッセル神戸 シーズンレビュー2017 一致団結 [ ヴィッセル神戸 ]
価格:3505円(税込、送料無料) (2018/5/13時点)

ルヴァンカップ決勝 セレッソ大阪 VS 川崎フロンターレ

今日の午後、ルヴァンカップ決勝 セレッソ大阪 VS 川崎フロンターレを生中継で見ました。どちらが勝っても初優勝で、どちらも初タイトルになるという大事な試合。特に川崎は今までにこの大会(ナビスコカップの名称の時を含めて)で3回も決勝で敗れているだけに、思い入れは強いはずと思っていました。

 

ところが試合開始直後、川崎のディフェンダーが浮き球の処理を誤って、セレッソ大阪のFW杉本にボールがこぼれ、難なくGKと一対一になって冷静に先制点を決められてしまいました。しかし、その後は想像以上に川崎がボールを保持し、セレッソが守備をするという展開に傾きました。中継のデータにも出ていたように、川崎は後半の得点が多いので、同点になるのも時間の問題だと思っていました。

 

しかし、セレッソは自陣に押し込まれるものの、シュートを打たせなかったり、ブロックして、惜しいシュートもほとんんどありませんでした。川崎はJ1の神戸戦(0-0)、天皇杯の柏戦(0-1)もボールを支配しながら無得点に終わりましたが、この試合も結局0-2の敗戦。一発勝負の決勝なので、勝者と敗者の明暗がくっきり別れました。

 

まだ1ヶ月以上先ですが、天皇杯の準決勝で今回優勝したセレッソ大阪とヴィッセル神戸が対戦します。セレッソは今日の初タイトルで自信を付けたと思いますが、ヴィッセル神戸にこの強敵を倒して決勝に進んで神戸にも初タイトルをもたらしてほしいと思いました。今日のセレッソサポーターのようになりたいです。