2019 J1 ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス

3月17日日曜日、2019年シーズンのJ1第4節、ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルスの試合を観に行ってきました。この試合はテレビ中継が無いのですが、シーズンシートを買えなかったので、行くつもりではありませんでした。

15日に空席が多いんじゃないかと思って、チケットの販売状況をクラブのサイトで確認したら、やはりほとんどの席種で残席がありました。ところが、この試合の3日前の14日にヴィッセル神戸所属の西選手と山口選手がキリンチャレンジカップの日本代表に選ばれたのを祝って、二人の背番号22と5を使って2250円のスペシャルチケットが販売されていることをサイトで知りました。

2250円なら行こうかということで、私は楽天ペイで購入し、貯まっていたポイントも使って実質900円あまりでスペシャルチケットの購入ができました。どの席になるかは引き換えまでわからないということで、楽しみにして行きました。

ノエビアスタジアム
ノエビアスタジアム

自由席かもしれないので、試合開始2時間前にスタジアムに到着して入場チケットと引き換えました。もらえたのはビッグスタンド上段指定席だったので、4500円の席を半額で出してたんですね、たぶん。中継室と同じくらいの高さで、ちょうどテレビで試合を見るような感じでした。この日の入場者数は2万2500人あまりでしたから、3000席以上の空席があったようです。

今日の席からの眺め
今日の席からの眺め

前置きが長くなりましたが、神戸はどちらかと言うと、清水を苦手にしています。いつものようにボールを保持していますが、なかなかチャンスが作れず、前半は0-0。

神戸のコーナーキック
神戸のコーナーキック

後半4分に、イニエスタがペナルティエリアの中にするするとドリブルで切り込んで、ゴールライン付近から折り返すと、ポドルスキが角度の無い所から蹴り込んで先制。

このまま押し切るかと思われた試合終盤の後半43分、クリアミスを拾われてシュートされ、同点になって1-1で試合終了。同点にされた後も神戸は勝ちにこだわって決定機を作りましたが、今日の清水の最終ラインは集中力が高く、神戸の意外性のあるプレーに対して、試合を通して落ち着いて対応していました。

試合は1-1で終了
試合は1-1で終了

この試合、新加入のサンペール選手がJリーグデビューを果たしました。まだちょっと慣れない部分もあったようですが、国際強化試合でリーグは2週間開くので、チーム全体がさらに連携を高めてほしいです。

ホームでは勝たなきゃ
ホームでは勝たなきゃ

2019 J1 ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖

3月2日土曜日、2019年シーズンのJ1第2節、ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖の試合を観に行ってきました。

今日はゴール裏から観戦。
今日はゴール裏から観戦。

W杯優勝経験者が4選手(スペインのイニエスタ、ビジャ、F・トーレス、ドイツのポドルスキ)が出場する試合ですし、期待の大きい神戸のホーム開幕戦ということもあって、2万5千人を超えるファンが詰めかけました。

開幕戦でファイヤーの演出。
開幕戦でファイヤーの演出。

ヴィッセル神戸は、事前にホームページで「全席完売」と告知していましたが、実際にはメインスタンド中段にはかなり空き席がありました。たぶん2万円前後の席です。

神戸のCK、鳥栖ゴール前。
神戸のCK、鳥栖ゴール前。

ま、そんなことはいいとして、試合の内容はやはり神戸がボールを支配して攻め続けました。ビジャがシュートをバーに当てるなど、惜しいチャンスもありましたが点が入らず、開幕戦(0-1の敗戦)が頭をよぎりました。

神戸のCK、ポドルスキからイニエスタへ。
神戸のCK、ポドルスキからイニエスタへ。

しかし後半、相手のミスを逃さなかったビジャがJリーグ初ゴールで先制。守備でもこの週に新加入、来日したばかりダンクレーがいきなりフル出場して、無難どころか好プレーで相手のF・トーレスや金崎に仕事をさせませんでした。とりあえず今季初勝利をあげたので、ひと安心でした。

スタンドに挨拶する神戸の選手。
スタンドに挨拶する神戸の選手。

 

開幕戦 パブリックビューイング

2月22日金曜日、この日「金J」として1試合だけ先行して、2019シーズンのJ1の試合が行われました。セレッソ大阪対ヴィッセル神戸のナイトゲームです。私はアウェイゲームには行かないのですが、さすがに今年のヴィッセルはどうか気になってなんとか見たいと思いました。

パブリックビューイングを行うという発表が数日前にあったのですが、ちょっと寒いので、スポーツバーなどで見ることを考えました。でも、試合を観る時は酒は飲まないようにしていますし、混み合っているのに居座るのもどうかと思い、結局ノエビアスタジアムのパブリックビューイングに行くことにしました。

スタジアムに行ってみると、中のビジョンを使うのではなく、外に停めた大型ディスプレイを積んだトラックでした。ところが、試合の対戦カードを表示していたディスプレイが急に一部表示しなくなり、スタッフがあたふたと対応していましたが、結局試合時間直前になってこのディスプレイが故障で使えないという発表でした。

使えなくなった大型ディスプレイ
使えなくなった大型ディスプレイ

それで、集まった人はスタジアム内のレストラン(今はイニエスタ・バル)に移動して、そこでDAZNの中継を見ることになりました。レストランの壁の数か所で投影され、それを囲んでのパブリックビューイングとなりました。部屋の中なので、暖かくてかえって良かったです。しかし、DAZNの中継しょっちゅう停止しました。こんなんだったら加入したくないなー。

壁に投影してパブリックビューイング
壁に投影してパブリックビューイング

そして、試合内容が良くなかった。神戸はボールポゼッション(ボール保持率)で上回るものの、得点できず逆に相手のコーナーキックから失点。最後まで追いつけず、0-1で開幕戦を落としました。ヴィッセル神戸の「バルサ(=FCバルセロナ)化」が言われていますが、負け方がバルサ化した感じです。

開幕戦は3人とも不発
開幕戦は3人とも不発

つまり、ボールは持っているのに得点できず、相手のセットプレーやカウンターでやられてしまうということです。バルサもセットプレーの守備が課題とずっと言われていますが、この日のヴィッセルもコーナーキックから失点しました。本家バルサはこうした負けが続きませんが、ヴィッセルの場合はどうでしょうか?来週の第2節、ホーム開幕戦の鳥栖戦はスタジアムで観戦します。

ホームでは活躍してほしいな
ホームでは活躍してほしいな

 

 

ヴィッセル神戸 ファンサービス

11月27日火曜日、ヴィッセル神戸の公開練習を見にノエビアスタジアムに行きました。最前列になんとかもぐり込み、練習が終わるのを待ちました。

この日は練習後に、選手たちがヴィッセル神戸のJリーグ通算1000ゴールの記念撮影をしていました。スタンドのサポーター、ファンをバックにするからと言われましたが、スタンドの最前列から移動すると場所を取られそうな気がしたので、私の近くの人は誰も行きませんでした。

記念撮影が終わると、この日が年内最後のファンサービスということもあって、前回よりも多くの選手がサインに応じてくれました。中でもやはりイニエスタとポドルスキの人気はすごくて、両選手がそばに来たときは後ろから押されて大変でした。それでもなんとか2大スター選手と新加入選手10人くらいのサインをもらうことができました。

ポドルスキのサイン
ポドルスキのサイン
イニエスタのサイン
イニエスタのサイン、わかるかな?

この日はこの後さらに、イニエスタ選手が楽天カードのデザインに採用されたということで、プレス向けのセレモニーを見学できました。ゲストはなんと、歌手の小柳ルミ子!普段は「メッシ、命」なんて言っているくせに、「イニエスタは崇拝してます」だって。

イニエスタと小柳ルミ子
イニエスタと小柳ルミ子

まあ、今日はサインをたくさんもらえたので、ラッキーな日でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LIFE アンドレス・イニエスタ自伝 [ アンドレス・イニエスタ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/1/8時点)

ヴィッセル神戸 公開練習見学

スーパースターのイニエスタが来てから、ヴィッセル神戸のトップチームの練習は基本的に非公開になってしまいました。去年のポドルスキの時は、ファンだけでなく海外のメディアなども増えていましたが、その時よりももっと増えたんでしょうね。

練習前のランニング
練習前のランニング

現在、選手にサインしてもらったり、一緒に写真を撮ってもらう機会は、月に一回程度のノエスタでの公開練習の時しかありません。11月27日、私も無料開放されたスタンドの最前列になんとかもぐり込みました。

選手たちはすぐ目の前。
選手たちはすぐ目の前。

公開練習は選手の休み明けに行われることが多く、そんなに激しい練習ではなく、時間も1時間半程度です。この日もランニングから始まり、瞬発系のサーキットトレーニングの後、狭いコートのゲーム、フルコートでのゲームを短い時間おこなっていました。

練習中のポルディ。
練習中のポルディ。

サッカーが大好きな私にとっては、ほんの5メートルほど先に選手がいて、ボールを蹴っているのを見たり聞いたりすることがとても幸せでした。昔のように一緒にやりたいくらいですが、スピードも技術も全然違いますもんね。

遠いけどイニエスタ。
ちょっと遠いけどイニエスタ(黄色のビブス)。

この日は、先日ヴィッセル神戸としてJリーグ1000ゴール(J1,J2通算)を達成した記念に、練習後にスタンドのファンをバックに選手たちは記念撮影を行い、練習は終わり。いよいよファンサービスです。この続きはまた後日。