台風についてわかっていることいないこと

『台風についてわかっていることいないこと』(筆保弘徳他 ベレ出版 2018年)を読んでいます。内容はタイトルの通りです。

気象学の中で台風を専門に研究している学者さんたちが各章を書いていて、最先端の研究でわかっていることいないことが書かれています。当たり前ですが、台風の目の位置の海面や海中の状況やデータはほとんど取れないので、意外と間接的なやり方で大雑把な測定方法で天気予報などで伝えられているというのがわかります。

飛行機で台風の中に突入して、いろいろな観測データを取るのも比較的最近行われるようになったそうです。人工衛星は、制約が多かったり、出来ることが少なかったりみたいです。

今年は台風シーズンが終わったみたいなので、来年に備えて読んでみては?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

台風についてわかっていることいないこと [ 筆保 弘徳 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)

 

北海道 震度7

今朝、どうせまた台風21号のニュースからだろうと思って、朝7時のニュースを見たら、またまたえらいことになっていました。

9月6日未明に北海道南部で震度6強の地震があったということで、何時だったのかと聞いていると午前3時8分ごろだったそうです。ただ、震源地近くの最大震度の測定結果が入手できないということで、最大震度はさらに大きい可能性があるということでした。

そして、午後になって最大震度は7であったとの報道がされていました。震度7というと、やはり神戸市民の私は23年前の阪神淡路大震災を思い出してしまいます。

今年は、度重なる台風や豪雨災害、そして火山の噴火に地震と災害続きです。火山や地震活動を見ていると、明らかに活発化していると思います。こんな災害列島で、東京オリンピックをやるんでしょうかね?その前に消費税増税をやるんですかね?

 

台風被害

今回の台風20号は、高知県に上陸して四国を縦断し、姫路市に再上陸して兵庫県を縦断していったそうです。私の住んでいるところは神戸市中央区ですが、8月23日の夜22時くらいから大荒れになりました。たたきつけるような雨と急激に強くなる風で怖いくらいでした。

台風が通過して1日くらい経つといろいろ各地の台風被害がニュースで報道されます。神戸港のメリケン波止場では、屋形船が破壊されたそうです。岸壁にたたきつけられたんでしょうね。この件でこの船は違法停泊が発覚したそうです。多くの人が訪れる観光地でこんなこともあるんだなーと思いました。

また、神戸電鉄の線路脇の法面が崩れて運休になってました。幸い、洪水や大きな土砂崩れはなかったので良かったですが、今後台風が大型化したり、頻度が増えたりしたらと思うとちょっと心配です。私も、非常用リュックの中身を確認しておこうと思います。

台風とtoto

台風とtoto(サッカーくじ)は、どういう関係があると思いますか?

サッカーの試合は野球と違って少々の雨風でも行います。しかし、雷が鳴ったり、局所的な豪雨の場合は中止されます。
また、交通機関に支障が出て観客の移動が難しくなる場合も中止になります。

試合が中止になると、サッカーくじのBIGやtotoでは中止された試合は全て当たりとみなされます。
つまり、試合数が減るのと同じことです。1試合中止で少なくなると、3倍当たりやすくなります。2試合なら9倍です。
ただし、当選者数が増えるので、配当金はそれに反比例して減ります。でも、当たりやすいことは確実です。

今週末は台風18号が日本列島を通過しそうなので、私は普段よりもtotoやBIGを多めに買おうと思っています。
中止になる試合が多いとそのくじが無効になることがあり、その場合は購入代金が払い戻されます。

ハリケーン イルマ

日本では台風は数字で何号という表現をしますが、日本以外の国では人名のファーストネームで呼ぶんです。アメリカのハリケーンもそうですね。今、「イルマ」というカテゴリー4(最強から2番目)の大型ハリケーンがアメリカに近づいていて、約560万人に避難勧告が出ているそうです。これは、フロリダ州の人口の約4分の1だそうです。すごい規模ですよね。

ハリケーンや台風の巨大化は地球温暖化のせいだと言われていますが、アメリカのトランプ大統領はこれでも「地球温暖化はでっち上げ」と言い張るんでしょうか?