サッカー 日本代表 VS ボリビア代表

試合前の散水
試合前の散水

3月26日、ノエビアスタジアム神戸で行われたサッカーキリンチャレンジカップ2019、日本代表 VS ボリビア代表の試合を観戦してきました。久しぶりの国際試合で、君が代を歌いました。選手入場前には、会場の照明を落とし、皆でスマホのライトを灯してきれいでした。

スマホでいい雰囲気
スマホでいい雰囲気

22日のコロンビアはFIFAランクが12位の格上でしたが、今日のボリビアは60位。日本は27位なので、順位的には日本が格上です。しかし、ボリビアは日本に来る前に韓国と試合を行い、終了間際まで0-0で、終盤に1点を失って惜敗したということで、南米の国らしく守備が固く、個人技もしっかりしていますので楽観はできません。

試合前の選手整列
試合前の選手整列

日本は森保監督が公言していたように、先発メンバーを全員入れ替えていました。キャプテンは地元出身の香川真司と粋な計らいです。前半から日本がボールを支配し、サイドから崩しますが、ボリビアはなかなかシュートを許しません。また、この日は鎌田がワントップでしたが、なかなかターゲットとしての仕事はさせてもらえず、シュートやアシストができません。

日本のコーナーキック
日本のコーナーキック

日本は、香川、乾をはじめ、技術的に巧い選手が多いので、どうしてもボールを持ちすぎて取られてしまうシーンが多かったと思います。後半、中島、南野、堂安、柴崎、佐々木、鈴木武蔵を投入し、こちらのメンバーの方がパスの展開が良くなりました。左から相手ペナルティエリアに侵入した中島が決めた決勝点のほか、鈴木にも1、2度惜しいボールが入りました。

結果は1-0で日本の勝利でしたが、もう少し攻撃の崩しをやり切る、シュートまで持ち込むだけのコンビネーションと精度がまだまだだと感じました。安西、畠中、三浦、西の始めて一緒にやるディフェンスラインは、無難にプレーできていましたが、ボリビアの攻撃が割と淡泊だったので、どれくらい試されたかはわかりません。

場内を回る日本代表の選手たち
場内を回る日本代表の選手たち

今はメンバー選考だ試している段階だと思いますが、6月のコパアメリカ(南米選手権)にはしっかり準備をして、南米の強豪を互角に戦えるようにしてほしいです。

 

サッカー 日本代表 VS コロンビア代表

今日行われたサッカーの日本代表VSコロンビア代表の試合、テレビで見ました。先発メンバーや前半の勢いで、かなり期待したのですが・・・・。結果は0-1で日本代表が負け、コロンビアが昨年のロシア・ワールドカップのリベンジを果たしました。

FIFAの世界ランキングで日本が27位になっていたのに少々驚きましたが、コロンビアはさすがに12位とかなり上になっているので、順当と言えば順当な結果です。南米のチームは攻めの個人技のイメージがありますが、それにバランスを取るように守備の個人技も優れているので、なかなか破れるものではありません。

キリンチャレンジカップの2連戦、先にFIFAランク60位のボリビアとやってからコロンビアという日程だったら、ボリビアを練習相手としてコロンビア相手にもっといい試合が出来ただろうなーと思いました。

来週火曜に神戸で行われるボリビアとの試合では、おそらく今日出場時間が少なかった選手が多く出ることになると思いますが、関西出身の選手が多様されると思うので、良いプレーそして得点をたくさん見たいと思っています。

 

日本代表 VS ウルグアイ代表

サッカーのキリンチャレンジカップ 日本代表 VS ウルグアイ代表の試合が、埼玉スタジアムで行われました。私はテレビで生中継を見ました。

日本が先制した時は、「これでウルグアイが本気になって逆転されるだろうなー。」と思いました。しかし、日本に2点目が入ると、「これはウルグアイでも簡単に日本には勝てないな。」と思いました。前半にウルグアイも1点取って2-1でハーフタイム。

後半立ち上がりからウルグアイが猛攻をしかけ、2-2に追いつかれた時は完全にウルグアイのペースでしたが、その後日本がリズムを取り戻し、堂安のA代表初ゴール、南野のこの試合2得点目で4-2としました。ウルグアイもしぶとく4-3と1点差にしますが、試合はそのまま終了。

ウルグアイはエースストライカーのスアレスを欠き、アジア遠征で韓国にも負けた後だったので、あまりパフォーマンスが良くはありませんでしたが、試合後にウルグアイの選手たちが相当怒って審判にクレームをつけていたので、本気でやっていたようです。

世界ランク5位でロシアW杯ベスト8のメンバーがほぼ揃って出場したウルグアイに勝てたのは、すごいことだと思います。来年1月のアジアカップに向けて、さらに連携が高まってチームが完成していくと結構いいチームができそうですね。楽しみです。

日本代表メンバー発表

10月12日と16日に行われる強化試合のサッカー日本代表メンバー発表が行われました。今回の対戦相手は、パナマとウルグアイという今年のW杯出場国、特にウルグアイはベスト8に進んだ強豪国です。

前回は若手のテストの色合いが強かった日本代表ですが、今回は強豪相手ということもあってやはりロシアW杯に出場していた選手を7名召集しています。攻撃の要だった香川と乾はケガなのか入っていません。

23人を見ると、32歳が一番上で30歳以上は6人、25歳以下は10人で世代交代も意識されているようです。守備は吉田や長友がリーダー役になると思うのですが、中盤や攻撃の中心となる選手が少ないような気がします。

「半端ない」の大迫、柴崎、原口などのW杯メンバーに加え、浅野、中島、堂安などヨーロッパで活躍する選手がチームを引っ張る活躍してくれるのを楽しみにしています。

 

 

E-1選手権 日本VS北朝鮮

東アジア4カ国(日本、中国、韓国、北朝鮮)が出場するサッカーのE-1選手権。女子と男子がそれぞれ総当たり戦で優勝を争います。来年のロシアワールドカップに出場が決まっている男子の日本VS北朝鮮の試合をテレビで見ました。

今回は海外でプレーする選手は招集されておらず、全員がシーズンが終わったばかりのJリーグでプレーする選手で構成されている日本代表。これまで日本代表で出場機会の少なかった選手や初出場の選手も多く、北朝鮮相手に苦戦しました。

ボールは日本が持っているのですが、決定機は北朝鮮の方が多く、日本代表初出場のGK中村航輔のファインセーブが無ければ2、3点取られてもおかしくない状況でした。後半、日本は選手を交替させて攻め続けますが点が入らずにアディショナルタイムに突入。

北朝鮮に攻め込まれてヒヤリとした後、一気に前線につなぎ、左の川又から中へ高い球を折り返し、今野がヘッドで落としたところに井手口。井手口のミドルシュートは相手GKの正面に飛びそうでしたが、相手DFに当たってコースが変わりゴールに吸い込まれました。E-1選手権の緒戦はこれで1-0の勝利。

W杯出場を決めたオーストラリア戦でも2点目のミドルシュートを決めた井手口は、かなりW杯メンバーに近づいたんではないでしょうか?あと2試合、ほかの選手もアピールしてW杯メンバー入りを目指してがんばってほしいです。もちろん、あと2試合も勝って優勝して景気づけもしてほしいですね。