火星大接近

7月31日に、火星が地球に15年ぶりに大接近するそうです。肉眼でも赤い星だとわかるそうです。明るさも暗い時の約80倍になり、小さな望遠鏡でも火星表面の模様がわかるそうです。以前、土星の環や木星の縞模様は望遠鏡で見せてもらって、結構興奮しました。テレビや本で見ていたことは本当だったんだという感じでした。

31日が大接近のピークということなので、その前後もかなり大きく見えるはず。私も天体望遠鏡を引っ張り出して観測してみます。夏休みの小学生や中学生も自由研究のネタにいいかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Vixen/ビクセン スペースアイ700 RED(レッド)+KENKOスマートフ…
価格:18164円(税込、送料無料) (2018/7/23時点)