開脚

ずっと前から体が固くて、180度開脚できたらいいな、それで体が前にベターッと着いたらすごいなーと思っていました。

今年「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」(Eiko サンマーク出版)という本を読んで、そのストレッチにチャレンジしています。

本の表紙のように、自分もベターッと足を開いて、体を前に倒せるようになるのかと思いましたが、4週間では全然ダメでした。なので、ずっと4週間のサイクルを続けています。

少しずつ楽に開脚できるようになっているような気がしますが、まだまだ開脚の角度は90度をちょっと超えたくらい。当面の目標は、足を出来るだけ開いて上体を曲げて、床に両肘を着けることです。

苫米地式聴くだけで頭がよくなるCDブック

私は本好きです。

家に本がたくさんありすぎるので、ある時期から図書館を活用するようになりました。
まずタイトルと著者で面白そうだなと思ったら、インターネットで神戸市の図書館のサイトで蔵書検索し、貸出予約もします。そうすると、一番近い図書館で受け取れます。

読んでみて、買う必要があるかどうか判断するようにしているので、ムダな買い物が無くなりました。そんな中で最近、借りて読んで良かったので買ったのが「苫米地式聴くだけで頭がよくなるCDブック」です。

苫米地博士の本は好きでいろいろ読みましたが、やっぱり「聴くだけで頭がよくなる」と言われたら、信じたいしやってみたくなるじゃないですか。

実際にはただぼーっと聴いていてもあまり効果はなく、CDの音楽を聴きながら知的活動をするのが良いそうです。
CDの音楽はちょっと変わっているものが多いですが、頭(IQ)を良くしたりひらめきやすくなるような意識状態を作りやすくするものだそうです。
要は脳が働きやすい状態になり、それを覚えると脳を使って物事を一段高いレベルで考えるクセがつくという感じでしょうか?

97%は使われていないという脳ですから、少しでも上手に使って賢くなりたいと切実に思っています。
この本には、頭の良さの定義や、生まれつきや年齢は関係ないと書いてあるのにも勇気づけられました。(笑)