猛残暑

今まで最高気温が35℃を超える日は珍しく、「猛暑日」という言葉もあまり使われなかったように思います。ところが、今年は日本のどこかが猛暑日になっていて、猛暑という言葉を聞かない日が無いほどです。

そして今年は、お盆を過ぎても猛暑日が続き、「猛残暑」ということまでテレビなどで言われ始めています。いくら台風一過の暑さとは言っても、この猛残暑の状態は異常だと思います。

体が暑さに慣れたと思っていても、今までほど暑くならないだろうとナメていると、熱中症にかかる危険があります。さすがに9月のお彼岸までには暑さも収まると思いますが、あと一か月くらい猛残暑に対する注意が必要なようです。

扇風機

母が「使ってない扇風機があるからあげる」と言われてもらってきました。それを組み立てて、動かしてみて「ん?」と思いました。モーターの入っている本体の部分にシールが貼ってあって、こんなことが書いてあったんです。

「![設計上の標準使用期間]3年 設計上の標準使用期間を超えて使用されますと、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあります。」

つまり、「3年以上使うと、火が出たりケガしても知らんぞ。」ということですよね。そのすぐ上には製造年2011年とあります。もう7年目やん。

扇風機の注意書き
扇風機の注意書き、ワロタ!

ということで、この扇風機はこの夏の猛暑で仕事をしてもらったら捨てることにしました。もう一台も20年目なので、今年で勇退してもらうことにして、来年は扇風機を新調します。