LED電球

従来の電球からLED電球に変える時は、4つのポイントがあります。

1つめは口金のサイズ。よくE〇〇と書いてあります。数字の単位はミリメートルなのですが、Eは実はエジソンのEなんだそうです。サイズが合わなければLED電球は付けられません。

2つめは明るさです。従来の電球はワット数で考えていましたが、LEDの場合はそれより少ない消費電流で同じ明るさになります。ですから、LED電球は60W形という表記でわかりやすくしています。

3つめは、使用場所です。場所によってどんな光の「色」を選ぶかがポイントになります。光の色は「電球色(オレンジ系)」、「昼白色(白系)」、「昼光色(青系)」があります。柔らかい感じなら電球色、すっきりクリアな明るさなら昼光色、中間を選ぶなら昼白色です。これらを場所を考慮して選びます。

最後の4つめは、照明器具です。密閉型か、調光型か、断熱材を使っているかなどがチェックポイントです。対応しているLED電球を選ぶ必要があります。

以上、にわか勉強の成果でした。