2018J1 ヴィッセル神戸 VS セレッソ大阪

サッカー、2018J1第4節、ヴィッセル神戸 VS セレッソ大阪の試合を観に行きました。この日は暖かくなりましたが、まだスタジアム周辺の公園の桜は咲いていませんでした。親子連れがたくさんボールを蹴っていました。

ノエビアスタジアム
ノエビアスタジアム

ヴィッセル神戸は水曜日のカップ戦で今シーズンの初勝利をアウェイで上げましたが、リーグ戦はまだ0勝2分1敗。セレッソは昨年度の天皇杯で優勝し、昨季のリーグ戦も3位でACLに出場していますが、ヴィッセル同様J1リーグで未勝利。アウェイでも勝ちたいはず。

試合前
試合前

ヴィッセルは前のカップ戦で2点目をとった大槻が先発。前線から積極的に守備をして、ボールを奪っていました。ヴィッセルがボールを持つ時間は長いのですが、セレッソの攻めも鋭くスリリングな試合になりました。

セレッソのキックオフ
セレッソのキックオフ

神戸の先制点は前半34分、相手のクリアが小さくなったところをMF藤田がうまく合わせて蹴り込みました。

 

後半はセレッソも攻めに出てきましたが、神戸も落ち着いて激しい守備で何度もシュートをブロック。試合終盤の後半38分に一気に反撃して、ポドルスキがボールを中に持ち込んで得意の左足でシュート。いいコースに飛んで、2点目となり勝利を決定づけました。

今季ホーム初勝利
今季ホーム初勝利

結局2-0、無失点で勝利。これで、去年からずっと持ち越していたJ1通算200勝を達成しました。ここから連勝して、今年は優勝争いをしてほしいものです。