2019J1 ヴィッセル神戸 VS サンフレッチェ広島

この試合は観に行くつもりではなかったのですが、広島が前節首位になったこともあって、チケットを購入して行きました。この試合も安い席は売れてましたが、高いメインの指定席はごっそり空いてました。この日の入場者数は1万7000人台でした。

雨なので屋根が閉じてます
雨なので屋根が閉じてます。

神戸としては、首位をホームに迎え、勝点差を縮めたい一戦でした。しかし、ビジャは負傷欠場が濃厚、ポドルスキも出場が微妙な状況で難しい試合になることが予想されました。

サポーターの熱い応援。
サポーターの熱い応援。

試合が始まると神戸が幸先よく先制し、ミスから追いつかれるものの、追加点を奪って2-1で前半終了。ボールをつなぐサッカーの神戸ですが、広島も高い位置からチェックして追い込むため、DFやGKのミスが怖い状況でした。

神戸失点後のキックオフ。
神戸失点後のキックオフ。

後半の立ち上がりまでは神戸が良かったのですが、後半の中頃から一気に8分間で3点を失って2-4の逆転負け。神戸はリードされてからの反撃も、気迫が感じられず、試合後はサポーターからブーイングされていました。やはり、入場料を上げた以上面白い試合と勝利が欲しいのは当然です。今年はなんとか上位に食い込んでほしいです。

2-4で広島に敗戦。
2-4で広島に敗戦。

 

 

ヴィッセル神戸 VS ベガルタ仙台

昨日、サッカーJ1の第18節、ヴィッセル神戸VSベガルタ仙台の試合を観に行きました。
神戸がリーグ戦3試合無得点で3連敗していること、4ヶ月近くホームでリーグでの勝ちがなく順位を落として来たこと、そしてこの試合がリーグ戦の折り返しの最初の試合であることな
ど、状況的にどうしても勝利が欲しい一戦でした。

この日からホーム4試合で使われる「神戸開港150年記念ユニフォーム」や新加入のポドルスキとハーフナー・マイクのお披露目など、試合前から選手の発奮材料がありました。

特に二人のFWが入ることで競争が激しくなる攻撃陣は、力の入った試合となり、最初のうちは固かったようです。
しかし、徐々にチャンスを作り始め、前半の29分、31分と立て続けに神戸が得点し、スタジアムも「今日は行けるで!」という雰囲気になりました。

後半は仙台にボールを持たれる時間が多かったのですが、セットプレーから追加点を奪い、守りもかなり危なかったのですが無失点で乗り切ることができました。ホームでの久々の勝利で、試合後も会場は盛り上がっていました。

二人の強力な加入選手とともに、2017年のリーグ後半戦、順位を上げていってくれることを期待しています。