2019J1 ヴィッセル神戸 VS 川崎フロンターレ

2019J1、第9節 ヴィッセル神戸 VS 川崎フロンターレの一戦を観て来ました。今日は、ビジターシートに近い位置のホーム自由席。コーナー付近の席にしました。

試合前のスタジアム
試合前のスタジアム
スタジアム外の芝生
スタジアム外の芝生

この日は、「楽しいスタジアム」というお題で写真をインスタに投稿するとガラガラくじに応募できるので、席を確保した後スタジアムの外をうろうろして面白い被写体を探しました。この日は十連休2日目のデーゲームなので、家族連れが多くランチタイムなので、スタジアム外の芝生で食事をしている人も多かったので、そんな風景を投稿してみました。ただ、ガラガラくじははずれ、ハーフタイム抽選会もはずれでした。

川崎はACLとの併行でJ1リーグでの順位は中位ですが、去年の覇者ですし、ACLでの試合でも速くて正確なパスワークでいいサッカーをしています。監督交代やピッチ外のゴタゴタなどで、リーグ戦3連敗中の神戸にとっては非常に手強い相手です。

選手の入場
選手の入場

試合が始まってみると、イニエスタとビジャが復帰した神戸のパスワークが良く、序盤は互角でした。しかし、川崎はボールを奪うと嫌なところに選手が入り込み、そこにボールが出てきます。そんな流れで前半14分に神戸のDFがファウルをしてしまい、そのFKを直接ゴールされて川崎に先制されてしまいました。

先制点を取った川崎は、ボールを支配する時間が増えました。前半36分、神戸のパスミスからのカウンターで、シュートを神戸GKが弾きますがそこを川崎のFWに詰められて2失点目。ちょっとこの失点で、神戸の選手の元気がなくなって前半が終わりました。

神戸FKのチャンス
神戸FKのチャンス
FKを蹴るのはイニエスタ
FKを蹴るのはイニエスタ

後半は、両チームとも選手交替を進め、神戸が主導権を握る時間も多く1点を返しましたが、残り試合時間は10分ほど。川崎もうまく逃げ切りに入り、そのまま1-2で神戸の敗戦となりました。これでリーグ戦は4連敗、公式戦5連敗となりました。

試合後の神戸の選手たち
試合後の神戸の選手たち

過去の栄光を誇る名選手を大金はたいて獲得しても、サッカーではチーム全体のレベルが上がらないと勝てないのを証明したことになりますが、私はポジティブにも考えられると思っています。

もし、数人の外国人選手で順位ががらりと変わるなら、日本と世界の選手の差が大きいわけですが、実際はそうなっていないので日本の選手のレベルは世界と比べて大きく劣っていないわけです。

ヴィッセル神戸に関しては、「バルセロナ化」という高い目標は変えなくてもよいと思うのですが、優秀な監督のもとでしっかりとチーム構成を作り、チーム力を継続的に上げることを考えて欲しいです。

今シーズンも、もうここまでの状態で優勝はまず無理ですから、リーグ杯や天皇杯で初タイトルを狙うとか、来年ACL出場権を狙うために今年は6位あたりを目指すのが現実的だと思います。

 

2019J1 ヴィッセル神戸 VS サンフレッチェ広島

この試合は観に行くつもりではなかったのですが、広島が前節首位になったこともあって、チケットを購入して行きました。この試合も安い席は売れてましたが、高いメインの指定席はごっそり空いてました。この日の入場者数は1万7000人台でした。

雨なので屋根が閉じてます
雨なので屋根が閉じてます。

神戸としては、首位をホームに迎え、勝点差を縮めたい一戦でした。しかし、ビジャは負傷欠場が濃厚、ポドルスキも出場が微妙な状況で難しい試合になることが予想されました。

サポーターの熱い応援。
サポーターの熱い応援。

試合が始まると神戸が幸先よく先制し、ミスから追いつかれるものの、追加点を奪って2-1で前半終了。ボールをつなぐサッカーの神戸ですが、広島も高い位置からチェックして追い込むため、DFやGKのミスが怖い状況でした。

神戸失点後のキックオフ。
神戸失点後のキックオフ。

後半の立ち上がりまでは神戸が良かったのですが、後半の中頃から一気に8分間で3点を失って2-4の逆転負け。神戸はリードされてからの反撃も、気迫が感じられず、試合後はサポーターからブーイングされていました。やはり、入場料を上げた以上面白い試合と勝利が欲しいのは当然です。今年はなんとか上位に食い込んでほしいです。

2-4で広島に敗戦。
2-4で広島に敗戦。

 

 

ヴィッセル神戸 VS ベガルタ仙台

昨日、サッカーJ1の第18節、ヴィッセル神戸VSベガルタ仙台の試合を観に行きました。
神戸がリーグ戦3試合無得点で3連敗していること、4ヶ月近くホームでリーグでの勝ちがなく順位を落として来たこと、そしてこの試合がリーグ戦の折り返しの最初の試合であることな
ど、状況的にどうしても勝利が欲しい一戦でした。

この日からホーム4試合で使われる「神戸開港150年記念ユニフォーム」や新加入のポドルスキとハーフナー・マイクのお披露目など、試合前から選手の発奮材料がありました。

特に二人のFWが入ることで競争が激しくなる攻撃陣は、力の入った試合となり、最初のうちは固かったようです。
しかし、徐々にチャンスを作り始め、前半の29分、31分と立て続けに神戸が得点し、スタジアムも「今日は行けるで!」という雰囲気になりました。

後半は仙台にボールを持たれる時間が多かったのですが、セットプレーから追加点を奪い、守りもかなり危なかったのですが無失点で乗り切ることができました。ホームでの久々の勝利で、試合後も会場は盛り上がっていました。

二人の強力な加入選手とともに、2017年のリーグ後半戦、順位を上げていってくれることを期待しています。